nDiki : 2004年10月下旬

2004年10月21日 (木)

bundle を作成して Perl モジュールをまとめてインストール

依存モジュールが多くなってきて、開発しているPerl モジュールの実行環境構築が面倒になってきた。

ActivePerl では PPM パッケージ化 + PPM リポジトリで芋蔓式インストールが可能である。 素のPerlだとCPANモジュールでネットワークインストールする事になる。 ここで一個づつインストールしていくのがかったるい。 ということでCPANにあるモジュールのように Bundle::* を作る事にした。

調べてみると簡単。

  • bundle はただのPerl モジュールである。
  • Bundle:: 名前空間に置く。
  • =head1 CONTENTS Podセクションを置き、各行に1つづつ依存モジュールを列挙する。

フォーマットは以下。

 Module_Name [Version_String] [- optional text]

これだけ。Pod に書かせるあたり、とりあえずから始まった感じである。

CPAN上に置あるものはきちんと tarball 化してあるが、ローカルで使う分にはこの bundle Perl モジュールを @INC のどこかに置いておけばよい。

Bundle::MyModule を作ったとすると perl -MCPAN -e shell から 'install Bundle::MyModule' でOK。

CPAN と @INC 上の '.'

カレントディレクトリの下に Bundle/MyModule.pm を置いて

 perl -I . -MCPAN -e shell

として Bundle::MyModule をインストールしようとしたのだがうまくいかない。CPANシェル上の ! コマンドで @INC を出力してみると . が含まれていない。何故? PERL5LIBに設定しても同様。 試行錯誤したところ絶対パスで指定すればOKであった。

CPAN.pm 1.76_01 を読んでみた。

 no lib "."; # we need to run chdir all over and we would get at wrong
             # libraries there

これだ。

スポンサード リンク
[ 10月21日全て ]

2004年10月22日 (金)

祝辞

話し方入門

依頼された。得意じゃないけれど男が廃るわけにもいかないので受けた。 話し方入門をもう一度読んでおくか。

ハーゲンダッツ カスタードプディング

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-22-0001.jpg 去年バカ売れで入手困難、数回しか食べられなかったカスタードプディングを発見。 さっそく賞味。ウマ。

9月6日から発売開始していたのか。ずっと気がついていなかった。季節限定なんだけれどいつぐらいまであるのだろうか。

トム・デマルコ / ティモシー・リスター 熊とワルツを

rimage:ISBN:4822281868 来週の移動中の読み物として買っておく。

1泊2日の出張確定

かなり以前から確認の連絡の返事待ちだった来週の出張が確定。 今日になってアジェンダが送られてきた。発表の枠があるならもうちょっと早く送ってもらわんと困るよ。

行きの新幹線を確保。あわせて、高速バス大磯号チケットもとっておく。 1号車1番A席。 事前に取る必要もなかったようだ。

NEW MEGALOPOLIS 用ファイル

NEW MEGALOPOLIS は意外に横幅が狭い。 A4用のドキュメントファイルもキツキツである。 ということでスリムなものを探していたのだが、無印良品でよさそげなのを発見。

ポリプロピレン製のA4用ボックスファイルで、23 x 32 x 1.5cm。税込み158円。

[ 10月22日全て ]

2004年10月23日 (土)

カシオ トラベルクロック PQ-60-1JF

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-23-0001.jpg

出張で朝起きられるか心配なのでトラベルクロックを買ってみた。

温度計付き・デジタル・ライト付きで、軽量・コンパクトな奴を。 それから、できればデザインが良くて金属ボディ。

で店頭にあった PQ-60 を選択。 同じ価格帯で電波時計もあるのだが、もっと大きくなってしまうしプラスチッキーなのでやめた。

使い勝手

  • ケース付き。
  • 時刻設定時、分をセットするたびに00秒になる仕様。ぴったし合わせるには1分前にし時報とともに1分進めるようにする必要有り。
  • ボタンはかなり深め。誤操作しないかわりに、アラーム変更時は不便。
  • 表示はこのクラスでは大き目でみやすい。コロンの点滅が微妙に拍がずれるのかちょっと不快に感じることがある。

総じては今のところ満足。


[ 製品レポート ]

[ 10月23日全て ]

2004年10月24日 (日)

1階と2階の家賃の差

昼下り、買物に行こうと家を出たら階下の部屋から若夫婦と女性の営業の人が出てきた。 7月から空室なっている部屋を見学にきたのか。

そういえば下の部屋の家賃は幾らなんだろう? ということで、駅前の不動産屋を通った際に張り紙をチェック。 あった。

うちより5,000円安。 やっぱり1階と2階の差は大きい。 治安とか騒音とか日照とか。 まあもし今1階と2階が両方空室だったとしても、自分なら5,000円高くてもやっぱり2階を選ぶだろうし。

にしてももう少し安くなって欲しい。

[ Debian ] 久しぶりにPHSでの接続設定

出張用に 633S + DC-6S で通信できるようにしておく。

そういえばこのThinkPad X31、買ってから10ヶ月経つが ppp の設定はおろか PC カードも1度も挿したことがなかったっけか。

以前のノート PCの設定を引き継いで Linux kernelビルドしてあったので、PC カード関連は有効になっており、幸いそのまま認識。 pppconfig からの設定も問題無く、 pon / plog / poff 成功。

東京アクセスポイント・神戸アクセスポイント・mopera の設定を済ませておく。 明日の場所は神戸アクセスポイントの隣接区域らしいのでこちらの方がお得のはず(一般回線へは接続するだけで通話料以外に10円加算されてしまうので、1分までは mopera (15円)の方が得)。

[ 10月24日全て ]

2004年10月25日 (月)

ウェスティンホテル淡路

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0004.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0003.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0005.jpg

淡路島 国営明石海峡公園 淡路夢舞台にあるホテルが今日の宿泊場所。淡路夢舞台国際会議場に隣接し、渡り廊下で行き来することができる。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0007.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0008.jpg

部屋は最上階の10Fの1003号室。ビジネスで利用するにはちょっともったいないぐらい綺麗。 パジャマの入っている引き出しなどに気がつくように少し開けてあったりするなど、細かい気遣いが行き届いていており、居心地が良い。

アメニティグッズも充実している。爪やすりまで用意されていた。シェービングクリームもあって助かった。

寝転がってノート PC を使うときに手頃な位置にコンセントがあればベストだったが、それは無理な注文か。

窓の外はちょっとしたベランダ付きで外に出られる。実際に部屋に入った18:00過ぎには日も落ちてしまって暗くてよくわからなかったのが残念。 翌日も雨だった。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-26-0001.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-26-0002.jpg

インターネット接続環境についてであるが、部屋からはモデムによるダイヤルアップができるのみ。

2Fのロビー、ラウンジには無線 LAN アクセスポイントが設置されて IEEE 802.11b で接続可能になっている。 またモエ・ギャラリーでは有線LAN接続もOKらしい。

今回はそこまで必要としていなかったので利用せず。

NTTドコモPHSは建物内・周辺では全く駄目。 アンテナ自体が無いようだ。

2004年10月28日追記

夏にラスベガスのウェスティンに泊ったのですが、heavenly bedと呼ばれるベッドがとても快適でした。(tkh)

ウェスティンホテル淡路も全室ヘブンリーベッドだったようです。 もっと満喫すれば良かったなぁ。 ベッド自体よりも、クッション・枕・抱き枕と3種も用意されていたのが驚きでした。

キックオフミーティング1日目

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0002.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0006.jpg

淡路夢舞台国際会議場4F 405会議室にて。

幹事研究室がプリンタ2台を持参してきていた。重そう。 インターネット接続環境については、無線 LAN アクセスポイントと発表者用に1本程度有線LANが用意された。

しかし情報関係者ということでほとんど全員ノート PC を持参。 アクセスポイントがあっという間にパンクしていた。

プロジェクト代表者および、サブテーマ統括者からの概要説明等。

という事でほとんど会議室にいた。

明日少し発表する時間が割り当ててあったのだが、ほとんど準備をしていなかったので、26:30 までゴニョゴニョと。

第2章 リスク管理はおとなのプロジェクト管理

チーム・リーダー 「この件については明日会議を開きますが、事態は悪化しそうです」

プロジェクト・マネージャー 「では会議をやめよう」

(熊とワルツを p.15)

新幹線の中で読む。

いつもながらトム・デマルコの著書は明快。 普段プロジェクトではっきりとしないけれど何となく心にひっかかっているものが、しっかりと書かれている。 素晴しい。

淡路島出張 (往路)

新幹線新神戸まで出て、そこから高速バス大磯号淡路夢舞台前まで。

08:21-11:04 のぞみ7号

品川駅から。 品川新幹線乗り場の利用ははじめて。小綺麗だがこじんまり。

いやそういえば新幹線自体久しぶり。 2002年3月に小田原へ行くのに利用した時以来か。 小田原より先となると…あらもしかしたら高校卒業旅行から乗ってないや。

途中で1つ前の列、通路を挟んだ反対側に先生かもしれないと思われる人を発見。 後姿だけしか見えないしそっとしておく。

11:20 大磯号

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-25-0001.jpg 新神戸で下車。新幹線の改札を出て1フロア下へ降りたところに高速バス乗り場。 自分の指定席には既に誰かがいたので、面倒なので奥へ。

先生もいらしていた。やはり同じ新幹線だったようだ。 その後も何人か関係者らしき人が乗車。

出発してからまず三ノ宮駅に寄り、その後高速道路へあがり明石海峡大橋を通過。

12:30前に淡路夢舞台に到着。

[ 10月25日全て ]

2004年10月26日 (火)

Give me chopsticks - 淡路島出張 (復路)

淡路夢舞台 -> 品川往路の逆順で同じコース。 ミーティング終了後10数分待ちで乗れた高速バス大磯号(乗車時に先払い)で新神戸へ。 ここでも5分後ぐらいに出発するのぞみが取れたのでそのままホームへ。

4号車(16両編成)の前あたりの弁当屋で、駅弁を買い数分後に到着した新幹線に乗車。

さてお昼も食べずに戻ってきたので、最後ぐらいゆっくりと駅弁でも楽しみますか。 写真も撮ってと。お茶も一口飲んでと。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-26-0004.jpg

あれ? は? ハシは? はしは!

弁当にもついてないし、ビニール袋にも無いよ。やられたー。 鉛筆で食うか? …ボールペン1本しかないし。

しょぼーん。

淋しく紐で縛り直してビニール袋へ入れ網棚へ。

車内販売がまわってきた時にを貰うというのも考えたのだが、隣の人に「写真とかまで撮ったのに何で食べなかったんだろう。(しばらくして)ふふふ、が無くて困っていたのね」なんで思われるのもシャクで。 それに社内販売が来たのは乗車して1時間ぐらいたってからで、食べるともう夕食に響いてしまうような時間。

かなーり情けない気分になりつつ、東京へ戻ってきたのであった。

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-26-0005.jpg

ウチで晩ご飯にしました。 味はまあまあ。 車内で食べなかったので、満足度80%減。

キックオフミーティング2日目

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-26-0003.jpg

今日は朝から雨。 オーシャンビューを満喫できず残念。

バイキング形式の朝食を終えてから荷物をまとめて会議室へ。

wiki でプレゼン

進行が押せ押せだったので、自分の発表時はあまり時間もなかったのでさらりと。 というか準備もたいしてできていなかったというのもあるが。

ここまで全員 PowerPoint を用いたプレゼンテーションだったのに対し、自分はフォントを大き目にした Mozilla + Wiki (WiKicker) で発表。 さすがにその場でページを書き換えるような時間はなかったけれど、皆にはどのように見えたのだろう。 ちょっとプレゼンテンションツールとしては使えるんじゃないかなぁという感蝕。

まとめ

ソフトウェア開発というテーマのプロジェクトであるが研究者の集まりということで、全然話が収束した感じはなし。 それぞれ自分がやりたいことを主張して終わったという感じ。

1回目ということで顔合わせをかねた研究発表会に終始したという感じか。

感想

Blog に注目している研究者が非常に多かったのには驚き。 Blog 群から何か有意な情報が抽出できるのではといった希望を持つ人が多いようだ。 しかしまだ漠然としたレベルがほとんどで、実際に何かBlogまわりで研究成果を出している訳ではないというのも面白い。

また Blog といってもそれぞれ捉え方が違っていて日記サイトを指していたり、個人ニュースサイトを指していたりとバラバラであった。

帰宅して各研究者の大学のページを探してみたが作成していなかったり、あってもほとんど情報が無かったりしてがっかり。 Blog も今のところ見つけたのは一人のみ。

うーんがっかり。

Webページの作成にしても Blog をやってみるにしても、(その人たちにとっては)そんなに敷居が高くないはずなのでもっと実際に自分でやってみればいいのになぁと思う。 やってみて分かる事も多いはずだし。

それとももしかしたら私がさっと辿りつけなかっただけで、もっとプライベートにいろいろやっているのかな。

開発スタッフ怪我をして入院

家に返ってたまったメールをチェック。 開発スタッフが顔に数針縫う怪我で入院との連絡。 スケジュールの調整願いが入っていた。

怪我大丈夫かなぁ。縫うぐらいだから結構大変なのかも。心配。 はやく回復して欲しい。

不謹慎かもしれないが、同時にまさに今読んでいる「熊とワルツを」の内容が頭に浮かぶ。 最近たてた短期間プロジェクトに配置した開発に重要なスタッフなので、まさにリスク移行が発生。 今後はきちんとリスク管理を考えていかねば。

[ 10月26日全て ]

2004年10月27日 (水)

無駄・無駄・無駄

23:00ぐらい(?)に風呂に湯をためはじめて、頃合までちょっとウトウトしようと布団に横になる。

ハッ。

起きたら29:20。

じょろじょろじょろじょろ。

ハッ。

出しっぱなし。

湯量ブザーを設定してあった給湯器は途中で安全装置が働いて止まっていた。蛇口は開いたままなので冷水が流れ続けていた。

あー。風呂が一杯になる時間から考えると、もしかしたら1ヶ月分の風呂にはるぐらいの水が無駄になってしまったかもしれぬ。

請求が怖い。

還暦

rimage:http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-27-0001.jpg

誕生日。いちおう還暦という節目なのでアレンジメントでも買って会社の帰りに実家に寄ってきた。 まぁ特に変わった事もなく普通の話など。

皆で今度ちょっと美味しいものでも食べに行きたい。

VeriSign コードサイニング証明書の更新

ソフトウェアの再署名に関するいろいろな調整作業。

定期券の更新みたいに有効期限満了日から1年更新されるのではなく、更新を申請して発行された時から1年のようだ。 ちょっと損している気分。

[ 10月27日全て ]

2004年10月28日 (木)

レゴブロック 秋の大バーゲン

明日・明後日と浅草橋であるらしい。 昼休みに行ってみよう。

[ 10月28日全て ]

2004年10月29日 (金)

Template ToolkitUTF-8 なファイルを INCLUDE すると文字化け

"UTF8" flag に起因する既知の問題のようだ。

Perl 5.8.4 において Template Toolkit 2.14 だと化けるが、2.13 以前 (2.13 と 2.10 で確認)だと大丈夫。

Template::Providerを継承して UTF8 フラグまわりの処理をする自前の Provider を作ってそれを使うという手もあるようだが、今回は 2.13 を使う事で対処。

レゴブロック 秋の大バーゲン

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-29-0001.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-29-0002.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-29-0003.jpg

昼休みLEGO のバーゲンに行ってみた。 浅草橋の東京三菱銀行の横の道を進んでT字路を左に行ったところにある東商センターの3F。 会社からはJR浅草橋駅を挟んで対角の位置にあるので、ちょっと歩く。道中すでにブツがいっぱいつまったレゴのビニール袋を持った人とすれ違う。

東商センターにつくと1Fには佐川急便がきていて地方配送の対応をしている。 3Fにあがって会場へ。 そんなに広くはないんだけれど、LEGO の商品が無造作に段ボールごと置かれていたり、テーブルの上に山積みになっていたり。 ファンは空き段ボール箱に欲しいものを放り込んでためこんでいる。凄い。 もはや誰かが確保したものだか、陳列しているのかわからん。

ハリー・ポッターもんが大量にあったな。あまり人気が無いのか? スター・ウォーズものも結構あり。

結局以下の2つを購入。

レゴ デザイナーセット カーデザイナー (大) 4100 レゴ スパイボティックス テクノジョー T55 3809

  • レゴ デザイナーセット カーデザイナー (大) 4100 3,360円 -> 2,365円
  • レゴ スパイボティックス テクノジョー T55 3809 10,500円 -> 1,000円

スパイボティックスの方はかなりのディスカウント。PCと連携して遊べるらしい。 マインドストームとは別物。


歯医者

しばらく前からたまに右上の歯がちょっと痛くなることがあった。 前回歯医者へ行ってから1年以上たつし、また診てもらいに。

山手歯科クリニック

今まで通っていたところは小学生の時から行っていたところなのだが、先生もちょっと年をとってきた感じだしちょっと不安なところがでてきた。 診療時間・場所的にも今の生活だとちょっと不便。

ということで今回は今まで通っていた歯医者ではなく、近所の歯医者にかえてみることにした。 ちょっと前から既にが通い始めたクリニックで、近代的でなかなか良さそうということなので自分もここにしてみた。

電話で事前に予約した 19:00 に受付。 調査票にいろいろと記入してから待つこと約30分。 7:30ぐらいから診察開始。 終わったのは 8:00。

  1. 全体レントゲン撮影。
  2. デジカメによる口腔内撮影。
  3. 診察。虫歯がたくさん発見された。
    • 親知らず(第三大臼歯)は4本とも抜いた方がいいとの事。
    • 抜かないでも良いのかと質問すると「抜いた方がすっきりしますよ(そんなに気にならないのですっきりしなくても良いのだが)」「磨きにくいし」「下の親知らずは半分しか出ていないが、もう今からだと完全に出てくることはない」「健康な歯まで虫歯にならないように抜いた方がいいですよ(殺し文句)」。抜くことに。
  4. ここで先生が女の先生に交代して治療開始。
  5. 右上奥から3本目(第一大臼歯)、その手前の第二小臼歯との間の虫歯をけずる。
  6. 残念ながら第二小臼歯の方も小さな虫歯が。そちらもけずる。フロスをしていれば避けられたかもしれないとの事。
  7. 第一大臼歯は金属の下にも虫歯発見。けずる。
  8. 冷たいものがしみるかもしれないが、しばらくすると治るはず。温かいものがしみたり、何もしていないのにズキズキするようなら電話するように。

神経は1本も抜いていないし比較的いい状態らしい。今後フロス等を併用していけば虫歯にならないようにできるかもしれないとのこと。 フロスがひっかかるという話をしたら、今度どの歯の間か教えてとの事。

  1. 麻酔は1時間から1時間半で切れる
  2. すぐに食事をしてもいいが感覚が無く強く噛みすぎてしまいがちなので注意。
  3. 「痛み止めをもってますか?」「いえ」「バファリンとかは?」「普段ほとんどを飲まないので」「では出しておきますね」
    1. ポンタール 250mg x 3
  4. 調査票の項目、クリニックをどのように知ったのかで「家族がきている」をチェックしておいたところ、600円値引き。
  5. 始めてということで歯ブラシのプレゼント

治療個所についてもレントゲンをみながら質問できるし、施設も近代的だし(ちょっと無駄に金をかけすぎのようにも見えるが)なかなかいいんじゃないかな。

次回、来週の火曜日。

[ 10月29日全て ]

2004年10月30日 (土)

すうぷ&SOUP 大井町

夕食はかなりはやめ(17:00)にアトレ大井町で。

最近オープンしたすうぷ&SOUPに入ってみた。 「カフェ&ケーキ モーツアルト」と同系列。

スープが売りだと思っていたのだが、出てきたコーンスープはぬるすぎ。 かえてもらう。 オムライスのドリアは味が薄口すぎ。 ロールキャベツのスープは味は悪くはないが、ナイフをつけてくれないので食べにくい。 全体的にいまいち。 そのくせ、開いた皿を下げにくるのは早い。

André Rieu Japan Tour 2004

https://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-30-0001.jpg https://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-30-0002.jpg https://www.naney.org/img/2004/U/U2004-10-30-0003.jpg

アンドレ・リュウのコンサートの日。 なんだかんだで4年連続聴きにいっている。 今年も東京国際フォーラム ホールA。

今回は端よりではあったが5列目の席。 前には席が無い席番のため、ある意味最前列。 さすがにこれだけ近いとアンドレや演奏者の表情までよく見える。

司会者のアキラ氏はほぼ目の前。彼が表情でこれだけ演技していたのだあと初めて気がついた。 その他出演者もほとんど左側の袖から出入りするので、顔が良く見えて満足。

ただし逆に舞台横にあるスピーカーが近いため、ともすると生の音ではなくスピーカーの方から音が聞こえてしまい音楽鑑賞という意味ではちょっと残念。

去年と同様、企画物は声楽が中心。

  1. 春の声
  2. 禁じられた遊び
  3. 入り江のワルツ
  4. ポルカ「テープは切られた」
  5. 朝の新聞
  6. ツィンバロンの響きを聴けば
  7. ザ・ローズ
  8. 軽騎兵
  9. 二人でお茶を
  10. さようなら、私のかわいい近衛仕官
  11. 山こそわが故郷
  12. サロメ / 剣の舞
  13. 唇は黙し(喜歌劇「メリー・ウィドウ」より)
  14. 虹の彼方に
  15. 美しく青きドナウ
  16. 「カルミナ・ブラーナ」〜おお、運命の女神よ
  17. ラデツキー行進曲

演奏者が楽しそうに楽器を奏でているのを見ると何かこみあげてくるものがある。 ザ・ローズは涙が出た。

定番の「美しく青きドナウ」からのダンスタイムは、今回は最初から前に出てくる人がかなりいておどろき。 といっても例年のようにペアで社交ダンスを踊るのではなく、輪になってリズムをとるといったスタイルに流れた。

でその後は前の方は総立ち(いや座っている人もそれなりにいたけど)。 盛り上がってきて立ち上がるというのもあるけど、前の人が立つと自分も立たないと見えないってう理由も大きそう。

途中永六輔氏が連れの人とひっそり席を立って会場を後にしていた。スキヤキを聞いていければ良かったのになぁ。

1時間近くにおよぶアンコールでは定番の「荒城の月」(瀧廉太郎)に加え、「さくら」(森山直太朗)、「上を向いて歩こう」(本九)などを演奏。 興奮の中コンサートが終了。

帰りの電車で同じコンサート帰りの人を見つける手がかりになるという、これまた定番のメリーチョコを貰って帰宅。

裏で「人体の不思議展」をやっていたのも去年と同じ。


10:30 床屋

アドバンストヘアーナカタニ。 今回も「いつもと同じ感じで?」とたずねられる。 目に髪がかかるのがいやなので、前髪を短めにしてもらうよう頼んでおく。

「白髪が増えてきましたね」「そうなんですよね。老けてみえますよね。」「染めたりしたことはないんですか」「一度も無いですね」「一度染めちゃうとずっと続けなければなりませんしね」

気になっている事を指摘されたが、別にアドバイスとかはなく。 落ち込ませるだけのトークか。

[ 10月30日全て ]

2004年10月31日 (日)

熊とワルツを読了

rimage:ISBN:4822281868 歯医者の待合い室で読了。

ゆとりの法則」でもリスク図がでてくるのだが、ここではなぜその曲線になるのかという点には触れられていなかった。

熊とワルツを」ではきちんとそれについても説明されている。 過去のリスクに関するデータにもとづくモンテカルロ法。 なるほど。 そういえばモンテカルロ法なんてあったけなぁ。 自分では適用した事がなかったから存在自体忘れていた。

ということで本に登場するリスク図は主にこの業界のデータから導かれた確率分布だと。 そういうことか。 まぁあくまでざっくりとしたラインではあるが、無いよりは何倍も良い。

しかし実際に自分のプロジェクトで使ってみようとすると、なかなか手強そうだ。 手順まで丁寧に説明されているので、やれそうなものなのだがやはり不確定なものというのはとらえがたい。

まずは少しずつ、自分のかかわっているプロジェクトのリスク・リスト作りからはじめるべきか。 しかし例によって時間が。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

フロスを使ってみた

今までプラスチックの柄がついたヤツは使った事があったのだが、指に巻いて使うタイプのものは初めて。

しかしどうも使い方が良くわからぬ。 鏡を見ながらやると左右上下が混乱するし。 一度きちんと正しい使い方を学ぶ必要あり。

[ 10月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.053228s / load averages: 1.19, 0.84, 0.71
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker