nDiki

2004年12月3日 (金)

歯の治療7回目 - 右下金属詰め

19:00 -19:20 歯医者

金属詰め。第二小臼歯も金属がかぶる事になる。奥歯がキラリと光る。無念。

前回もそうだったが、金属をつめた後は、激しいフロス攻撃。 歯のすきまから、ガツンと歯茎まで落とされる。 あんなに強くやって本当にいいのか? 今回詰めたところは歯間が狭くなっているので、フロスが通りにくい。 むりくりフロスを上げて抜こうとして力がかかる。恐しい(結局途中であきらめ て、すーっと引き抜かれた)。

歯と歯茎の間もピックですげグリグリやられた。歯石とり? 力を入れてすべったピックが歯茎にブスブスささっているんですが(という感覚。実際にはどうなっているのかは不明)。

シタッパの人がやってくれているようなのだが、かなり不安。

で、ようやく右側上下の治療が完了。

最後に院長登場。今回は次回以降の説明のみ。 説明といっても「今日で右側が終わって次回から左にはいります」という内容だけ。

正月はおいしく料理を食べたいので、中途半端な状態で年末年始に突入したくない。 左側は年明けでもいいんじゃないかなぁと勝手に思ったり。

院長に「正月をまたがないようにしたいんですが」と言ったら「年内には全ては終わりませんから。キリのいいようになるようにします」と。 ほとんど無視? それとも言わずとも良きにはからってくれるのか? 不安。 次回、来週は予約がとれずに再来週になるし。

今回の治療で嫌な仮り詰めもなくなり、ちょっといい感じに。 今日いじったところは、冷たいものがしみるようになったがしばらくすれば落ちつくのだろう。

待合室では、白いクリスマスツリーが患者を癒やしていた(かどうかは知らない)。


[ 右下の歯 ]

スポンサード リンク
[ 12月3日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.107382s / load averages: 0.39, 0.33, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker