nDiki

2005年10月28日 (金)

ソフトウェアかんばん

naney:57031780

先週金曜日に参加した総会関連のプロジェクトについて KPT 法を用いた評価セッションを実施。

プログラマ間でのコラボレーションが一つの課題になった。 決して悪い状態ではなく比較的いい感じであるのだが、より良くしていこうというわけである。

またこのプロジェクトはリリースを前にまだ開発要素が目白押しということもあり、その辺りの見通しもより明確にして共有したい。

ということで、今回はあらたにソフトウェアかんばんを使ってみることにした。

よく紹介されている方法はタスクカードを「TODO」「DOING」「DONE」というカテゴリ分けされた壁に貼って見える化する方法である。

今回はこれをちょっとアレンジして実践してみることにした。

まずはこれでスタート。

実装しなければならないストーリーがたくさんあることを直観的に、他のスタッフにも理解してもらえる。社長も「まだこんなにやることがあるのか」とプロジェクトの状況を理解してくれたようである。

今後であるが、以下の点をまだ行っていないので順次実行していきたい。

  • イテレーションの設定
  • タスクの見積もり
  • ストーリーの見積もり
  • 全体の見積もり
  • 定期的チェックタイムの設定
  • 貼りやすいプッシュピンの入手

[ ソフトウェアプロジェクトマネジメント ]

スポンサード リンク
[ 10月28日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.144118s / load averages: 0.45, 0.44, 0.44
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker