nDiki

2008年9月16日 (火)

Debian GNU/LinuxDropbox

オンラインストレージサービスの Dropbox が一般公開された。 WindowsMac OS X だけでなく Linux でも使えるというのでインストールしてみた。

Windowsインストール

こちらは特筆することなし。ソフトウェアをダウンロードしてインストール。 プリファレンスで Dropbox ディレクトリを c:\home\naney\var\Dropbox に変更したぐらい。

Debian GNU/Linux sidインストール

Ubuntsu 用のバイナリはあるのだが、ソースも公開されているので今回はビルドしてインストールしてみる。 以下の手順で Debian パッケージ化してインストール

 sudo apt-get install libnautilus-extension-dev libnotify-dev
 tar jxvf nautilus-dropbox-0.4.1.tar.bz2
 cd nautilus-dropbox-0.4.1
 dh_make --createorig
 fakeroot dpkg-buildpackage
 sudo dpkg --install ../nautilus-dropbox_0.4.1-1_i386.deb

以上で Nautilus 拡張がインストールされる。Nautilus が起動しているなら killall nautilus で一旦止めてから、Nautilus を起動しなおす。 ターミナルから Nautilus を起動すると

 downloading dropbox from http://www.getdropbox.com/download?plat=lnx.x86
 downloading dropbox from http://dl-web.getdropbox.com/u/17/dropbox-lnx.x86-0.6.382.tar.gz
 dropboxd: どのプロセスもkillされませんでした

と出力される。

クローズドソースの dropboxd が ~/.dropbox-dist 以下に自動的にダウンロードされて実行される。

個人的な設定としてプリファレンスで Dropbox ディレクトリを ~/Dropbox から ~/var/Dropbox に変更しておいた。

あとは普通に Dropbox ディレクトリ上にファイルをコピーしたり修正したりすると、自動的にサーバ側と同期される。 最初 Nautilus というのをみたとき「Nautilus 上での処理しか反映されないのかなあ」と思ったのだが、別にそんなことはないようだ。

パーミッション・日本語ファイル名は未確認。

Dropbox インプレッション

ちょっとだけだが使ってみて、多くの人が絶賛する理由がなんとなく感じられた。 クールだ。 オフラインでの同期・高速な同期・リビジョン管理は便利そうである。

一方、PC 上の1ユーザで、Dropbox 複数アカウントの切り換えはちょっと面倒そう。 自前で退避させるしかないのかな。

また同期する PC によっては Subversion で特定のサブディレクトリのみチェックアウトできるように、一部のサブディレクトリのみ同期対象とできるといいなと思うのだがそういう機能はみあたらない。

完全に自分が占有している PC が複数台あって、セキュリティなどにあまり気をつかわなくてよく全部同期をかけても問題ない場合が、いちばんマッチしている利用パターンだな。

スポンサード リンク
[ 9月16日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.246437s / load averages: 0.39, 0.37, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker