nDiki : ビジュアル・ブックマーク

2004年3月18日 (木)

ソニー サイバーショットU DSC-U40/B 購入

DSC-U40 CLIE PEG-TJ25を買う → ちょっとメモリースティック画像を入れて閲覧とかで遊ぶ -> メモリースティックデジカメがちょっと気になる -> 以前からちょっといいなと思っていたサイバーショットUシリーズが気になる -> 結局買う。

と、見事ソニーの戦略にはまってしまったらしい。

会社の帰りにヨドバシカメラ上野店に寄って購入。 しばらく前から価格チェックしていたのだが、底値からまた少し上昇してしまったようで少し残念。 あわせてカードリーダMCR-C7/U2も購入。 店員に「USB ケーブルも入ってますがよろしいですか?」と確認されたが、CLIEに差しているメモリースティックDiMAGE XSDメモリーカードの読み書きにも使いたいので別途欲しかったのである。

ちなみに「USB接続だと充電池消費して充電面倒だよな」と思っていたが説明書を見るとDSC-U40USB接続時バスパワーを使うらしいので、これはいらぬ心配であった。

それからメモリースティック Pro Duo 256MB も購入。 しかしユーザ領域は約220MBってどういうことよ。

DSC-U40ファーストインプレッション

  • ボディの作りはなかなかいい感じ
  • まさに「ビジュアル・ブックマーク」用に徹しているのには好感
    • レンズカバーオープンによる電源ON/OFFはやっぱり使いやすい
    • 起動速度は不満なし
    • 撮影間隔は長めのはずだが、今のところ気にならない
    • 再生機能は最低限、削除とかは面倒。メモ撮影用機であってそれらの作業はPC上で主に行うといった目的であれば特に問題ないかな。
    • フォーカスプリセットで0.2m/0.5m/1.0m/無限遠を設定できるが、電源を切るとオートに戻るのは残念。
    • DiMAGE Xが最短撮影距離25cmに対して、こちらは10cm。倍率は別として撮る時には楽。
  • フラッシュ設定は記憶され、電源OFF/ONした後も保持。
  • シーンセレクションは電源OFFでオートに戻る。
  • 屋内で数枚撮っただけなので画質は不明
  • 液晶は小さいので、AFが本当に合焦したのかはたいして確認できない。AE/AFロック表示を信じるより他なし。
  • ビープ音はOFF設定可能。OFFにしてもシャッター時に音が鳴るなと思ったら、こちらは電子音ではなくてシャッターの作動音だった。
  • 左手を握る形でフォールドすると写り込みやすい。やっぱりつまむ感じにするしかないのかな。
  • Windows では使わないので付属ソフトウェアの内容は不明
  • 付属の8MBメモリースティックいらない
  • 充電器も無しで安くしてくれると個人的には嬉しい

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月18日全て ]

2004年12月31日 (金)

私的10大ニュース2004 [ photo ]

今年の大事件、マイブームなど。

ソニー サイバーショットU DSC-U40

http://www.naney.org/img/2004/X/X2004-03-18-0001.jpg

3月に購入。当初想定していたPEG-TJ25との連携はほとんどせず。 普段使いとしてはかなり重宝。 基本的に Web 日記素材用なので200万画素で十分。 光学ズームも無しだがWebで使う分にはトリミングで対応できるので問題無し。

フラッシュがレンズ直上にあるため、横位置では不自然な影が出にくいのも良い。 ただしレンズに近いので赤目になりまくり。

唯一の欠点は、露出補正が全くできないというところ。 「ビジュアル・ブックマーク」とはいえ露出補正ができないのは辛い。

DiMAGE Xの方はめっきり使わなくなってしまった。

銀塩写真

大きなニューアイテムは無し。 結局モノクロ現像もやらなかったし。

来年は BESSA-R2A あたりが欲しいんだけれど、先立つものがあるかどうか。

[ 12月31日全て ]

2005年8月13日 (土)

サイバーショットU DSC-U40液晶が滲む

DSC-U40時計合わせをしておこうと電源を入れたら、液晶が変な感じ。 見れないわけではないが、青緑がかったりなんとなく滲んだ感じになったり。

メインの座はFinePix F10に奪われたとはいえ、荷物を減らしたい時にはビジュアル・ブックマーク機として重宝しているのでまだまだ使い続けたい。

今のところ撮影には影響ないようだが、後継機種も出てこないし早めに修理に出しておきたところだ。 それなりの出費になるんだろうけど。

[ 8月13日全て ]

2005年12月26日 (月)

サイバーショットをクイック修理サービスで即日修理

naney:78665549 以前から DSC-U40 の背面液晶の表示が滲むようになっていて、気になっていたので「ソニーサービスステーション秋葉原」に持ち込んで修理してもらうことにした。

11:25 受付

午前中は窓口も空いていて、待たずに受付。 カウンターで DSC-U40 をさしだすと、お姉さんがそれを持って裏へ。 技術者の方が出てきて、原因の可能性を説明。

  • (ボディ背面を押すと滲みに変化があるので)配線トラブルの可能性
  • 液晶自体の問題があれば部品交換

前者だけならば 7,000円(税別)。液晶交換が必要になると + 6,000円(税別)とのこと。

部品交換が必要なら見積もってもらうことにした。 クイック修理サービスとして今日中の修理を依頼。 PHS電話番号を伝えて、完了の際or見積もりの場合は電話をもらうことに。

コーヒータイムサービスとして、すぐ近くのカフェ コロラド 神田末広町店のコーヒーチケットをくれた。 電話がつながらなかったら、1時間半ぐらい後にくると伝えてセンターを出て食事へ。

13:55 受け取り

結局その後、モスで飯を食べたり千石電商電池を買ったり、はたまたヨドバシカメラへいったりとぐるぐる。 圏外だったのか電話がなかったので、13:40 にサービスステーションへ。

午後になると混雑しているな。呼ばれるまでに15分待ち。 ノート PC を持ち込んでいる人を多くみかけた。

肝心の DSC-U40 の方は、

フレキシブル基板補修致しました。

という処置内容。 税込みで 7,350円也。

本体価格がそんなに高いものではないだけに、部品交換にならなくてよかった。 これからもビジュアル・ブックマークに活躍してもらわねば。

あ、コーヒー飲みそびれた。

[ 12月26日全て ]

2006年10月12日 (木)

液晶不具合再発の DSC-U40 を久しぶりに持ち歩く

ミーティングで郊外まで行く日は、小さいバッグで出勤する。 最近は愛妻弁当もあるので、資料その他を加えるとバッグはパンパン。 こういう時は荷物を減らさねば。

ということで久しぶりに常備カメラDSC-U40 にしてみようかと思い、昨晩電池を充電しておいた。

背面液晶表示の滲みで修理してあるのだが、実はしばらくして症状が再発している(しかも修理後保証期間をすぎてからの再発というところが実にニクい)。

DSC-U402003年11月14日発売モデルでもう3年前の機種になるのだが、その後「ビジュアル・ブックマーク」機として跡を継げるモノがない。

このコンセプトで高感度機が出てくれれば文句ナシなんだけれどなぁ。

[ 10月12日全て ]

2016年12月16日 (金)

左手にもったスマートフォンで気軽に撮影できていなかった

手元にスマートフォンがあっていつでも写真を撮れるはずなのに、ちょっと億劫に感じてあまり撮っていないです。そして Cybershot U シリーズみたいなビジュアル・ブックマーク機が新しく出たらいいのになとちょくちょく思います。

でなぜ億劫なのかふりかえってみたところ「スマートフォンを左手に持っているから」なんじゃないかなと思えてきました。普段ストラップを手に巻きつつスマートフォンをホールドしているところに横位置で撮影時には右手に持ち替えることになるのですが、これが無意識のうちに面倒だったのかなと。

考えてみれば横位置でもスマートフォンを左手に持ったまま撮れるんですよね。レンズ位置が下に来るので右手が添えづらいですが慣れれば大丈夫かな。

ちなみにアップルの iPhone 7 サイトのプロモーション動画中の撮影シーンでは左右両方混在してました。Xperia のプロモーションでは右側のシャッターボタンが上になっている撮影シーンに統一されているようです(ぱっと探した範囲では逆は見つかりませんでした)。

[ 12月16日全て ]

2017年9月1日 (金)

今日のさえずり: ソニー DSC-RX0、ついにビジュアル・ブックマークサイバーショットUの再来では

2017年09月01日

[ 9月1日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.087111s / load averages: 0.49, 0.58, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker