nDiki : 三脚

三脚 (tripod)

Naney 所有の三脚

ベルボン カルマーニュ540

1999年7月25日購入。

初の海外旅行にあたって、携帯性に優れた三脚が欲しくなり購入。 カーボン三脚の中で縮長が一番短かったのが選択の理由。

その分、足は4段で伸長も短い。

普段は一緒に購入した504番のケースにいれて持ち運んでる。

ベルボン ULTRA 353 mini

ベルボンのマクロ撮影用三脚。 → 購入レポート

ベルボンの古い三脚

中学生の時に、天体撮影のために購入してもらった三脚。 予算の中で安定してそうな奴を選びました。 当時は、どこのメーカーが有名かなどは全く知らなかった。

現在は主にスピードライト台として使用。

ベルボン 雲台 PH-250

1999年7月25日購入。

カルマーニュ540用に購入したマグネシウム雲台。 使用時/収納時、パン棒をはずしたりつけたりするのが、ちょっと面倒。

マンフロット 卓上三脚 209

2001年10月20日購入。ミニボールヘッド 342 と組みの商品で、新宿ヨドバシカメラで 5,800円(税別)。

主に TC-1で使用することを想定して購入。 購入した商品は ミニボールヘッド 342 と組みになっている商品。 他に数百円安い値段でコンパクトボールヘッド 210B と組みになっている商品もある。

また、TABLE TOP TRIPOD KIT (345) として、卓上三脚 209、ミニボールヘッド 210B、延長用ポール 259B (15.6cm から 25cm)、ケース 345 BAG のセットになった商品が出ていて、新宿マップカメラ3号店で 7000円弱で販売されていた。

ケース付きも捨て難かったが、ポールの使用頻度が低そうなのとヘッドが、210B だったのでやめておいた。

近くの100円ショップペットボトルサイズのウレタンクッションケースに入れている(その下の携帯電話サイズのものでは、収まらない)。

三脚

三脚は1段で開脚するのみ。きちんと開脚すると高さは 4.5cm(ヘッドを除いた高さ)。 基本的には全部開脚して使うものだと思うが、足の開閉には十分な重さがありコンパクトカメラならば、途中まで開いた状態でも十分ホールドできる。

高さ 4.5cm とかなり低く、足も大きく広がるので安定感は良い。 耐荷重は 2.00kg で、35mm一眼レフと軽い単焦点レンズでも十分支えられそう。 足が広がる分、他の卓上三脚よりも設置場所は広めに必要。

伸長13.00cm (が、足が開いていない状態で実際にはここまで高くはならない)
縮長4.50cm
耐荷重2.00kg
長さ13.00cm
重さ0.09kg

【ヘッド】

ミニボールヘッド 342 と似たような商品で、コンパクトヘッド 210B とうのもあり、どちらか迷ったが、しっかりした感じの 342 を選択。 Web で調べてみるとどちらも耐荷重は 2.00kg だった。342 の方が若干重く、高さは逆に低くなっている。

高さは 6.5cm。卓上三脚 209 とあわせて 11cm になる。 ヘッド自体の重量は 0.12kg。三脚側からはあと、1.88kg 載せられることになる。 実際 Nikon F100(785g) + Ai AF Nikkor 85mm F1.8D (380g) + 単3電池x 4 ,フィルタ,etc でのせてみましたが、それなりに安定している。 カメラとの接合部の面積が狭いので、力をかけるとその部分がぐらぐらする感じもあるが、緊急的な用途にはお役目を果すのではないかと思う。

ミニボールヘッド 342コンパクトボールヘッド 210B
耐荷重2.00kg2.00kg
高さ6.50cm7.00cm
重さ0.12kg0.09kg

もっとも、購入の目的はTC-1用だ。 TC-1三脚ネジ穴が非常に端に寄っているため、通常のコンパクトカメラ三脚では非常に不安定ですぐコケそうになる。 これぐらい安定した三脚ならば安心して使用できる。

三脚 + ヘッドで 210g と TC-1 (185g 電池別)以上の重さで、気軽に持ち歩いている TC-1 のお共にはなかなかの重量だが、役にたってくれるのではないかと思う。

KENさんのサイト「Impressions by KEN」の中の1ページ。 マンフロット 209 + 342 とスリック・プロミニの比較記事です。

フレキポッドD

よくあるフレキシブルチューブ脚のもの。 脚を曲げて自由にアングルを変えられると思いきや、以外とレンズを向けられる範囲が狭いのが何点。 安い・超小型という以外にはあまりメリットはない。

ベルボン クイックシュー QRA-635

ワンタッチでカメラ三脚に取り付けられて便利。 カメラ側の滑り止めのゴムがとれやすいのがやや難。 が、使い心地はなかなか良い。

【New FM2 の絞りが回らない?】

撮影で三脚をシェアしていた友人の New FM2 の絞りが回らない。 新品購入のまだ半年のカメラレンズ交換の直後から絞りが開放から絞れない。 おかしいなあと、レンズを戻しても駄目。 どうやら、マウントの露出計連動レバーがまわらなくなっている様子。

なんだろう、故障かなぁと諦めて撤収かと思っていたところクイックシューに目が。 カメラの背側にくるべき、シューのゴムパッドの滑り止め用の突起がマウント側にきているではないか。 もしやとこれを外したら、なにごともなかったように絞りがまわるようになった。

というで原因はシューのゴムパッドの付け間違い。 ゴムパッドの突起がマウント外周の露出計連動レバーのついたリングを押さえつけていたのだ。 ゴムパッドを裏返しにして突起ナシにもしておけるので、使った事があまりない人に貸す時はそうしておく方がいいかも。

UN クイックロック UN-8171

2001年11月3日購入。新宿ヨドバシカメラで 1960円(税別)。

小型のクイックシュー。マンフロット 卓上三脚 209とコンパクトカメラを組み合わせ時に使用を想定して購入。 この三脚、もともとTC-1で使うことを考えて購入したもの。 TC-1三脚ネジ穴がかなり端に寄っているため、雲台に取りつけやすいとは言えない。 コンパクトカメラ + コンパクト三脚ということでスピーディーに設置したいので、クイックシューを使おうかなと思った次第。

金属製の UN-8171 はその質感も三脚209と似ていてデザイン的にも良くマッチしています。カメラプレート部はミニボールヘッド342のそれよりさらに小さく、本当にコンパクトカメラ用。より安定性を求める時は使わない方がよいかもしれないが、この組み合わせにはコンパクトさを重視しているので丁度良い感じ。

【競合製品】

競合製品としてはエツミのコンパクトクイックシュー E-293 がある。 こちらの方が若干雲台径が大きくより安定度は高いかもしれない。 ただし、固定用のレバーが2本出ておりUNのものよりは多少携帯性は悪くなるかと思う。

ちなみにエツミのものはこのクイックシュー付のボールヘッド(101Q)があり、最初からこの雲台という手もあるかもしれない。もっとも私の場合は、購入した卓上三脚209ではJミニボールヘッド342がセットでこれを活用したいので別途必要な時にクイックシューを使うことにしてる。 クイックシューが不要な時は外せるし。

スポンサード リンク

2016年4月22日 (金)

今日のさえずり: 今日は石が動いているっぽい

  • 10:40 三脚は今日のうちに持参しました。
  • 11:55 今日は石が動いているっぽい。
  • 13:14 シャッフルランチ行きたかったですが断念しました。
  • 14:21 帰宅。
  • 14:31 ボルタレンサポ。
[ 4月22日全て ]

2017年7月7日 (金)

天気が良かったので織姫星と夏彦星を見た

今年の東京は天気の良い七夕。東京の狭い空を見上げながら家路につきましたが月が明るいこともあってどれがどれだかわからず。もしかしてと思って帰り着いてから非常階段より東の空を眺めたら夏の大三角を見つけることができました。やった。

七夕で織姫星と夏彦星を見られたなんて初めてかもと思った大喜びでしたが、あとで日記を見返したら4年前にも同じ場所から見ていました。あれ?

試しに PowerShot G9 X Mark II の星空撮影モード撮ってみたところ星空と向かいのマンションが両方ちゃんと写ってました。三脚出すのもなと思って手すりに当てて撮ったのちょっとブレちゃってますけど。来年見る時は位置関係はその写真でも参考にすることにします(覚えていたら)。

[ 7月7日全て ]

2017年7月25日 (火)

今日のさえずり: あまり気にしてこなかったけれど同じ焦点距離だと SEL1855 より SELP1650 の方が暗いのか

2017年07月25日

  • 11:16 マンフロット 卓上三脚 209 の脚のコルクが取れたままだったのを思い出して、家にあった椅子用のフェルトを切って貼ってみた。もとのコルクのよりふわっとしてるけど問題ないかな。
  • 14:07 明日に備えてモバイルSuicaに6,000円チャージして10,021円にしておいた。
  • 16:46 明日の荷造りほぼできた。
  • 19:46 最近取り回しやすい E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650 ばかり使っていたけれど E 18-55mm F3.5-5.6 OSS SEL1855 を使っていた時の方がふわっといい感じの写真が多いな。
  • 19:46 あまり気にしてこなかったけれど同じ焦点距離だと SEL1855 より SELP1650 の方が暗いのか。
  • 19:56 SEL1670Z 欲しい。
  • 23:23 港区箱根ニコニコ高原学園のサイトをみたらなんか綺麗な施設になってる。1994年に全面改築されたのか。
[ 7月25日全て ]

2018年1月31日 (水)

今回はしっかり見られた皆既月食

rimage:/nDiki/2018/01/31/2018-01-31-220824-nDiki-1200x800.jpg

2014年の時は曇っていてフレアスタックによる赤い空を見上げるだけでした。今回も朝の時点での夜の天気予報は曇りで厳しいかなと思いつつ退勤したのですが、空には綺麗な明るいお月様が。これは見えるぞ!

ということで家に帰って窓から夜空を見上げて、欠けていく月をチェック。皆既月食になった時間にはもうかなり高いところまで月が上っていて床に這いつくばらないと月が見えなくなっていたので、非常階段から鑑賞することに。頭上高くに見えた月は、小さくて暗く赤銅色でした。

記念に Web 日記に貼るぐらいのは階段の手すりに固定するぐらいで撮れるんじゃないかなと思ったのですがこれが結構厳しく、ごそごそと三脚を出してきました。α6300 + 高倍率ズームの望遠端(200mm) で撮ったあと月の部分を切り出し。

楽しい天体ショーでした。

[ 1月31日全て ]

2018年4月21日 (土)

テーブルフォトにベルボンのマクロ撮影用三脚 ULTRA 353 mini を

image:/nDiki/2018/04/21/2018-04-21-140916-nDiki-800x1200.jpg

今使っている三脚1999年に買ったベルボンのカーボン三脚のカルマーニュ540。当時縮長が一番短かったカーボン三脚です。小型とはいえ出しっぱなしにしておけるほどではなく使わない時はラックの上に収納してあるため、最近は記念撮影の時ぐらいしか出番がありません。

その辺に置いておいて小物を取る時にさっと使えるマクロ撮影用三脚が欲しいなと思い、ベルボンの ULTRA 353 mini (ウルトラ353ミニ)を買ってみました。 ULTRA mini シリーズの3モデルの中で一番小さいモデルです。

推奨積載質量は 1500g なのでミラーレス一眼の α6300 (約404g) と標準ズーム SEL1670Z (約308g) でも全然平気(質量は仕様より。α6300 はバッテリーとメモリースティックPROデュオを含んだ時)。

購入する前は雲台(QHD-33)の面が狭いんじゃないかと思ってましたが α6300 だと十分な感じです。コンパクトな PowerShot G9 X Mark II を載せても大きすぎずいい感じ。

きちんと三脚を使い構図を落ち着いて決め ISO 感度を上げすぎないようにすることで、今までより綺麗に撮れるようになるといいなと。

image-half:/nDiki/2018/04/21/2018-04-21-141146-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2018/04/21/2018-04-21-141627-nDiki-800x1200.jpg

[ 製品レポート ]

[ 4月21日全て ]

2018年5月7日 (月)

今日のさえずり: 腰リールは使ったことがないけれどボールペンRHODIA No10 は今でも腰にさげてる

2018年05月07日

[ 5月7日全て ]

2018年12月1日 (土)

買って良かったもの 2018

12月になったので今年(と昨年12月)良かったものをふりかえり。良かったものをふりかえるのは至福のひととき。

生活・行動を変えたという点では

ポイント高いかな。

カメラレンズ・カメラアクセサリ

ソニー サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

今年のベストバイ。(スマートフォンではない)デジタルカメラをいつも身につけておけるようになった。ビジュアル・ブックマーク機再来と思って買ったんだけれど、とても綺麗に撮れるのでさっと撮るのでもメモ的に撮るというよりはきっちり撮るという態度で使ってる。

ライフスタイルを変えたアイテム。

デジタルハリネズミ (デジタルてんとうむし)

image:/nDiki/2018/05/03/2018-05-03-133737-nDiki-1200x800.jpg

発売当時は高くて手が出せなかったデジタルハリネズミ新品が半額で売られていたので即買い。VistaQuest VQ1005 以来のトイデジ。気軽にパシャパシャ。

富士フイルム チェキ instax mini 70

image:/nDiki/2017/12/23/2017-12-23-121022-nDiki-800x1200.jpg

初代チェキ手放したけれど、やはりまた使いたくなって購入。使う頻度は高くないけれど、やはりその場でプリントされるの楽しい。

富士フイルム 写ルンです プレミアムキットII

image:/nDiki/2018/07/22/2018-07-22-140844-nDiki-1200x800.jpg

結局ハードカバーはかさばるのでほとんど付けることなかったけれど、写ルンですをまた使うきっかけを与えてくれた。

ソニー E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

image:/nDiki/2018/07/07/2018-07-07-142309-nDiki-1200x800.jpg

今年買ったレンズはこの1本。APS-C E マウントレンズの中で評判の良いレンズで価格もリーズナブル。慣れていないこともあって撮っている時は違和感があるしうまく撮れている気がしないんだけれど、帰って PC でみるとおっと思う写りで嬉しい。

バンナイズ RX100、iQOS、タバコ、小型の音楽プレーヤー用ジャバラ付きマルチケース VD861-00

image:/nDiki/2018/06/29/2018-06-29-084331-nDiki-1200x800.jpg

DSC-RX0 を常に身につけておくのに使っているケース。外出する時はほぼ付けている。DSC-RX0 だけでなく PowerShot G9 X Mark II も入る。来年欲しいと思っている RICOH GR III もサイズ的には入るはず。

バンナイズ ふわふわケース VC465

image:/nDiki/2018/03/30/2018-03-31-082627-nDiki-1200x800.jpg

DSC-RX0バッグにさっと入れておくのに。デジタルハリネズミを入れるのにも使っている。

ベルボン ULTRA 353 mini

image:/nDiki/2018/04/21/2018-04-21-140916-nDiki-800x1200.jpg

家の中で三脚を出したりしまったりするのが面倒だったんだけれど、これを買ったことで気軽に三脚を使えるようになった。α6300 + SEL1670Z なら十分支えてくれる。

ガジェット

Google Home Mini

image:/nDiki/2018/06/23/2018-06-23-100908-nDiki-1200x800.jpg

一通り遊んだあとは天気予報を聞くぐらいにしばらくなっていたんだけれど、Google アシスタントからのコントロールに対応しているコンパクトステレオシステム SC-HC2000 を買ってから、また重宝して使うようになった。

ゲーム

任天堂 ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

image:/nDiki/2018/08/04/2018-08-04-113447-nDiki-1200x800.jpg

「パネルでポン」にめちゃくちゃハマってる。

バッグ

グレゴリー クイックポケットM

image:/nDiki/2018/01/14/2018-01-15-081404-nDiki-800x1200.jpg

ウェストパックの斜め掛けよりさらに軽快なので、荷物の少ない時にはこちらを。

グレゴリー テールランナー

image:/nDiki/2018/10/08/2018-10-08-122925-nDiki-1200x800.jpg

8年使ったテールランナーのコーティングが劣化してきたので新調した。前のやつも結局まだ現役で使っている。テールランナーのフィット感最高。

紀ノ国屋 カラーエコロジーショルダーバッグ

image:/nDiki/2018/05/26/2018-05-26-121949-nDiki-800x1200.jpg

それまで使っていたショッピングバッグが肩からずれ落ちやすくで不便だった。紀ノ国屋のにして解消。

もとまちユニオン 布バッグショルダー

image:/nDiki/2018/09/12/2018-09-13-073620-nDiki-1200x800.jpg

最初は MacBook Pro 持ち運び用に買ったんだけれど、今はショッピングバッグとして使っている。ショルダーストラップがしっかりしている。

もとまちユニオン オリジナル布バッグ

image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-130711-nDiki-1200x800.jpg

バッグショルダーの代わりに MacBook Pro 持ち運び用に使ってる。

家電・収納

タイガー 電気ケトル「わく子」

image:/nDiki/2018/01/08/2018-01-14-080608-nDiki-800x1200.jpg

それまで使っていたティファールの電気ケトルと違い

  • 蒸気がほとんど出ないのでキッチンキャビネットの上で沸かしても問題ない。
  • 注ぎ口から湯が垂れないのでコーヒーをドリップしやすい。

ということでめちゃくちゃ便利になった。

パナソニック デジタルコードレス電話機 VE-GDS02DL

image:/nDiki/2018/11/04/2018-11-03-093732-nDiki-800x1200.jpg

場所をとっていたファクスから買い替えた。超省スペース。

パナソニック コンパクトステレオシステム SC-HC2000

image:/nDiki/2018/11/11/2018-11-08-075129-nDiki-1200x800.jpg

オンキヨーのコンポから買い替え。省スペース。

Google Home Mini に「OK Google ステレオで○○を再生して」と話しかけたら SC-HC2000 から Spotify で音楽を再生できるようにしたら聞ける音楽がいっぱい増えた。

文房具

DELFONICS レジェンド ボールペン ツイスト

image:/nDiki/2018/02/02/2018-02-03-112108-nDiki-1200x800.jpg

気が付かない間にペン先が出てしまうことがないミニボールペン。持ち歩きに便利。

その他小物

高橋書店 No.E152 エコカレンダー卓上 [B6サイズ]

image:/nDiki/2017/12/06/2017-12-06-081157-nDiki-1200x800.jpg

前月・翌月のミニカレンダーがついているので、月末月初も困らない。2019年のも購入した。

[ 製品レポート ]

[ 12月1日全て ]

2019年12月26日 (木)

レビュー】Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP

image:/nDiki/2019/12/26/2019-12-26-124435-nDiki-1200x800.jpg

夜景撮影に定評がある Pixel 4 を固定するのに、マンフロットの MCLAMP を買ってみた。合わせてゴリラポッド 325 も購入

三脚に固定するためのネジ穴が下部だけでなくクランプの裏側にもあり、固定の自由度が高そうなのでこの製品を選んでみた。バネではなくネジで締めるタイプがいいと最初は思っていたのだけれど、コンパクトなものはあまりなさそうなのでバネ式で。

使ってみた印象は「バネの力が強すぎ……」。ちょっと広げるだけでも結構力がいる。幅8.35cmまでのスマートフォンに対応に対して幅約 78mm の TPU ケースを装着している Pixel 4 を挟もうとしたらもう大変。しっかり固定されるという点ではいいのだけれど気軽に使えるレベルではなかった。 iPhone SE (ハードケース付き)で試してみたら、これぐらいのキツさならまあ使えるかなという感じ。

image:/nDiki/2019/12/26/2019-12-26-124705-nDiki-1200x800.jpg

Pixel 4 には向かないかな。この MCLAMP を開封して試して駄目だったので、夜に別のものを買いに行った。ゴリラポッドを出している JOBY の「グリップタイトONEマウント」がほどよいバネの強さだったのでそちらを使うことにする。

[ 製品レポート ]

[ 12月26日全て ]

2019年12月27日 (金)

レビュー】グリップタイトONEマイクロスタンド

image:/nDiki/2019/12/27/2019-12-28-105117-nDiki-1200x800.jpg

夜景撮影に定評がある Pixel 4 を固定するのに「グリップタイトONEマイクロスタンド」を買ってみた。スマートフォンを固定するための「グリップタイトONEマウント」とマイクスタンドのセットである。

グリップタイトONEマウント

スマートフォンを挟むグリップタイトONEマウントは単体でも販売されている。

コンパクトに折り畳めるので持ち運びに便利。開いている穴はキーホルダーにすること想定しているものだ(取扱説明書の図より)。

バネ式でほどよいバネの強さ。 Pixel 4 は Active Edge 機能があり下半分を握る(スクイーズする)ことで操作ができるようになっている。マウントで挟んだ時に反応してしまうのは許容するとして、あまり強く挟み続けるのは故障につながりそうであまり良くないのではと思っているので、これぐらいのバネの強さならという感じだ。

ちなみに先に買ってみた Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP のバネが強すぎたのでこれを買い直したのである。

マイクロスタンド

セットになっている超ミニ三脚は、脚を回転して開くだけのものだが造りはいい感じ。「グリップタイトONEマイクロスタンド」として耐荷重 325g ということはスタンド自体も 325g 以上の耐荷重があるはずということで、約257g(バッテリー、SDメモリーカード含む)の RICOH GR III も OK だ。

三脚ネジ部は上下左右に角度を調整できるようになっており、36度まで上を向けることができる。ちょっとした撮影に十分役立ちそうだ。

スマートフォンをマウントではさみ、閉じた三脚を背面側にまわし突っ張り棒にしてスマートフォンスタンドにする使い方も取扱説明書では説明されている。

今回はゴリラポッド 325 を買った直後でマウントだけ買い足すと「マウント + ゴリラポッド 325 のセットで買えば安上がりだったのに……」となって悔しい思いをしそうなので、マイクスタンドとのセットを買うことにしたのだけれど、結果マイクロスタンドも便利そうなので結果オーライかなと。

image:/nDiki/2019/12/27/2019-12-28-105836-nDiki-1200x800.jpg

[ 製品レポート ]

[ 12月27日全て ]

2020年8月29日 (土)

レビュー】アップになりすぎる Mac 内蔵カメラに代えて Web カメラ C922n を

image:/nDiki/2020/08/29/2020-08-29-125807-nDiki-1200x800.jpg

3月末からほとんどのミーティングビデオ会議になりはや5カ月。6年前に買った Plantoronics の Bluetooth ヘッドセットや、6月に買った 完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty Air 2 をマイクとして活用している。一方カメラMacBook Pro 内蔵の 720p FaceTime HDカメラを使っているが

  • レンズがディスプレイ上部にあり位置・方向固定のため、カメラが若干見上げる向きになってしまう。
  • 画角が狭く自分の顔が必要以上にアップになってしまう。
  • ホワイトバランスや明るさが調整できない。

という点で不満だ。見やすいようにディスプレイの位置や向きを変えると、自分のおさまりが悪くなる。アップを避けようと MacBook Pro を遠ざけると、見にくくなるしタイピングもしにくくなる。むむむ。

リモートワーク導入が進む中、ビデオ会議の回数が大きく減ることも当面無いだろうから Web カメラを購入することにした。内蔵カメラにコンバージョンレンズを装着・iPhoneカメラ利用・デジタルカメラ利用なども選択肢にあるが Web カメラがベストソリューションかなと。

ロジクール C980 ではなく C922n で

性能的にはロジクールの StreamCam C980 が良いが値段が高く USB Type-C コネクタのみというのがネック。1万円以下で買えて USB Type-A ポートの Mac でも使える C922n Pro Stream Webcam にした。一昨日の夜に通販在庫が無くなってからの翌朝復活で物欲が刺激されて注文。昨日到着である。

ロジクール C922n Pro Stream Webcam ファーストインプレッション

C922n は USB ビデオデバイスクラス 1.1 (UVC 1.1)対応の Web カメラなので、箱から出して MacBook Pro にプスッと挿すだけで OK。

モノ

モノとしての質感はまずまず。随所に滑り止めのゴムがきちんとついている。三脚ネジ穴もしっかりと金属だ。レンズ部を含めた前面の透明プラスチックは手脂が落ちにくいのでちょっと注意した方が良さそう。マウス屋にしてはケーブルがちょっと安っぽい印象。

本体横長・後ろに伸びたスタンド部分という形状でバッグに入れるには予想よりかさばるかな。

三脚

よくあるタイプの廉価なミニ三脚だが C922n とのバランスは悪くない。伸長18.5cm でゴリラポッド 325よりは高くなるが卓上で目線の位置までカメラを上げられるほどではない。別途マイクスタンド型の Web カメラスタンドが欲しいところだ。

2020年9月2日追記:

オフィスで3日ほど使ってみた。会議テーブルに座り、対面側のテーブルの端に離しておいてみたところ、この付属三脚の高さでもまずまずいい感じだった。スタンドは別途買わなくて大丈夫だった。

写り

最初の印象は「固い」だった。オートフォーカスだし解像度が高いしで内蔵カメラよりカリッと写るので最初とまどった。そこまで自分の顔がはっきりと写らなくてもと思っちゃうぐらい。

内蔵カメラより画角が広めで水平視野は 70.42° だ。 35mm判で 25mm〜26mm ぐらいのレンズと水平画角が同じぐらい。よくあるディスプレイの上にひっかけて使う場合でも、アップ感を和らげられそう。

後ろが白い壁だとそちらに引っ張られて顔がちょっと暗くなる。平均測光なのかな?

Logicool Capture

ビデオ録画 & ストリーミングソフトウェアとして Logicool Capture をインストールしてみた。

仮想カメラとして動作し、カメラ映像とアプリケーションの映像を組み合わせたりテキストをオーバーレイさせたりできる。

またこのソフトウェアで C922n のフォーカスやホワイトバランスを手動で設定したり、明るさ・コントラスト・彩度・シャープネスを調整したりできた。これらの設定はカメラ出力に反映され Logicool Capture しても維持される。ホワイトバランスと明るさを変更できるだけでもありがたい。

といったところがファーストインプレッション。なかなかいい。来週のビデオ会議で実戦投入だ。

[ 製品レポート ] [ COVID-19 ] [ 在宅勤務 ]

[ 8月29日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.052708s / load averages: 0.26, 0.18, 0.16
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker