nDiki : 写真

写真 - photograph / picture

2018年6月19日 (火)

今日のさえずり: スタンディングデスクで立ってノート PC 作業してみているけれど30分で下半身がもにょもにょしてきた

2018年06月19日

[ 6月19日全て ]

2018年6月22日 (金)

今日のさえずり: あー、ドンファンファン伯爵だ

2018年06月22日

[ 6月22日全て ]

2018年6月25日 (月)

たがみ【日記】

オフィス近くの「たがみ」でランチ。畳でゆっくり食べられて良い店でした。卓がやけに狭いのが特徴です。

一緒に行ったメンバが DSC-RX100 シリーズを狙ってました。早く買っちゃって撮った写真見せて欲しいです。 DSC-RX100 シリーズいいなー。

[ 6月25日全て ]

2018年6月26日 (火)

今日のさえずり: ポートフォリオプランニングが進捗会議っぽくなりつつある

2018年06月26日

[ 6月26日全て ]

2018年6月28日 (木)

今日のさえずり: 超ひもQに末永くの意を込めるセンスに脱帽

2018年06月28日

[ 6月28日全て ]

2018年6月29日 (金)

コンパクトカメラジーンズに下げるのに便利なバンナイズのジャバラ付きマルチケース

image:/nDiki/2018/06/29/2018-06-29-084331-nDiki-1200x800.jpg

コンパクトカメラ(DSC-RX0TC-1デジタルハリネズミPowerShot G9 X Mark II)を腰に下げておくためのケース用に先月注文した「「RX100、iQOS、タバコ、小型の音楽プレーヤー用ジャバラ付きマルチケース VD861-00」を昨日受け取ってきました。合わせて吊り下げ用に「ぬめベルト用いい感じのスイングアタッチメント VC201-BK」も買ってきました。

コンパクトカメラをいつも持ち歩きたい

撮りたい時に手元にカメラが無いというのはとっても残念。いつでもさっと出せるようにコンパクトカメラを身につけておきたものです。

サイズと使い勝手

写真PowerShot G9 X Mark II を入れたところ。この他 TC-1 やもちろん DSC-RX0 も余裕で入ります。 DSC-RX100 シリーズも入るサイズです。

開口部は狭すぎず、かといってガバっと開きすぎてカメラを落とす心配もないちょうどよい開き具合です。開け閉めはファスナータイプ。バンナイズで主流の面ファスナーと違い不意に開いてしまうこともないので安心です。

昨年買ったグレゴリー カメラケース(記事)とサイズ的にはだいたい同じ感じですが、ファスナーの開き方と縦吊りしやすいという点でこちらのマルチケースの方が使い勝手が良いです。

ベルトに下げる

吊り下げ用にはこれで3個目となる「ぬめベルト用いい感じのスイングアタッチメント VC201-BK」も買ってきて装着。2点吊りなのでぐるぐる回らず安定します。

すでに左腰には同じくバンナイズの「ちょっと大きなプチ301プラス/バックル」(記事)をスマートフォンを入れて下げているのですが、これと並べて下げてみることにしました。1日していましたが2つ下げても懸念していたほど邪魔じゃない感じです。

これで撮りたいと思った時にバッグからごそごそとカメラを取り出さなくてよくなってさっと撮りが捗るようになりましたよ。

今日のさえずり: 突然の梅雨明けで、ランドリーラックの上にある買ったばかりの部屋干しEXが居心地悪そうにしている

2018年06月29日

[ 6月29日全て ]

2018年6月30日 (土)

今日のさえずり: 人生ゲーム買っちゃった

2018年06月30日

  • 10:30 RT @mariccka: *colorful chair #sonyrx100m2 #コンデジばんざい #蔵出し写真 https://t.co/iIhQCuSNsD
  • 12:00 ニコ☆プチ 2018年8月号ふろくは「アナップ ガール ナツイロネイル3本セット」と「ちゃおxニコ☆プチ スペシャルコラボコミック」。これは JS 大喜びでは。 #SEL1670Z https://t.co/gAkrmPiWyv
  • 16:53 人生ゲーム買っちゃった。
  • 22:56 さっそく人生ゲームやってみた。なんか小学生の頃にやってたやつよりエキサイティングな感じがする! エベレスト登頂成功がないのはちょっと寂しい!
[ 6月30日全て ]

2018年7月1日 (日)

Lightroom CC mobile で編集した JPEG ファイルの整理手順

外出先でスマートフォンに写真(JPEG ファイル)を転送し Lightroom CC mobile で編集・書き出してソーシャルメディアに投稿したあと、手元にある現像された写真を管理する手順をちょっと考えてます。

家に帰って Lightroom Classic CC で同期したあと、 MacBook Pro で単純にファイルを移動したりしてたら現像設定が消えてあれあれとなったので、いったん以下の手順でやることにしました。

以下 Lightroom Classic CC での操作

  1. Lightroom CC mobile で編集した写真をローカルに同期する(自動)。
  2. Lightroom CC mobile で編集した写真に対して「メタデータをファイルに保存」を実行。 (現像設定を含むメタデータを JPEG ファイル内に書き込む)。
  3. 写真ファイルをいったん「Lightroom からのみ除去」。 (クラウドの同期を外す)
  4. 普段使っているオレオレルールリネームスクリプトで名前を変更。(ここはターミナルでの作業。)
  5. 「フォルダーを同期」で Lightroom Classic CC カタログへ写真を読み込み。
  6. ファイル名に Lr をつける。(デジカメから直接取り込んだ未現像のファイルと区別するためのオレオレルール)
  7. 保存したいフォルダーに移動する。

前はメタデータを JPEG ファイルに保存していなかったため、 Lightroom CC の同期から外した時点で現像設定が消えちゃっていました。 Lightroom Classic CC の方はカタログ設定で「JPEG、TIFF、PNG、および PSD ファイル内のメタデータに現像設定を含める」をオンにしてあったため、 Lightroom 同期した時点でローカルに作られた JPEG ファイルに現像設定が書き込まれていると誤解してました。

もっとスマートな方法があれば知りたい。

[ 7月1日全て ]

2018年7月7日 (土)

E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 購入

image:/nDiki/2018/07/07/2018-07-07-142309-nDiki-1200x800.jpg

α6300 (APS-C サイズ Eマウント)用に明るいレンズが欲しいなと検討した結果、お手頃価格で評判の良い E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 を買うことにしました。昨日注文・到着して本日開梱です。NEX-5N / α6300 をもっていてどうして今まで買ってなかったんだろうなというぐらい、安いのに評判の良いレンズです。

シグマ 30mm F1.4 DC DN と迷いましたが、より望遠よりの SEL50F18 の方がレンズの明るさを活かした写真が撮れるかなという判断です。また SEL50F18 はどのみちまたいつか欲しくなって買っちゃうんだろうなというのもありました。

「将来フルサイズに移行する可能性を考えると」で同じく純正の 35mm フルサイズ用の FE50mm F1.8 SEL50F18F も検討してみましたが APS-C サイズで使う限りは SEL50F18 の方がずっと良さそう(描写・最短撮影距離・AF・外装など)なので、SEL50F18F は却下となりました。

SEL50F182012年3月9日発売。 NEX 時代のストレートな筒型のデザインα6300 より NEX-5N の方がしっくりきそう。α6300 にももちろんマッチします。フードをつけると結構な長さになるので、50mm にしては存在感があります(例えば Nikon F3/T + Ai Nikkor 50mm F1.4S に比べて)。

これでというメインラインナップになりました。写真を撮るのがますます楽しくなりそうです。

[ 7月7日全て ]

2018年7月9日 (月)

75mm 相当の SEL50F18 に慣れるまでちょっとかかりそう

image:/nDiki/2018/07/09/2018-07-09-123231-nDiki-800x1200.jpg

先週購入した E 50mm F1.8 OSS SEL50F18 をα6300 に装着して昼休みなどにぶらぶら。焦点距離 75mm 相当(35mm 判換算)の画角1本というのには慣れておらず、撮ってみてもなにかしっくりしません。被写体探しも違った視点が必要になってきます。

だけれど帰って PC に取り込んで眺めてみると、普段広角で撮っている写真よりも余分なものが削がれた写真がそこにあって、なるほどと。

[ 7月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.131461s / load averages: 0.82, 0.73, 0.52
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker