nDiki : 薬

2016年3月14日 (月)

レントゲン写真で尿路結石があと一歩ということを確認

花粉症として飲んでいるアレグラが切れてきたので病院へ行ってきました。あわせて尿路結石の経過も診てもらいました。

花粉症

花粉症は今のところ夜に鼻が詰まって寝にくいなどもなく、比較的軽い印象です。無くなるアレグラを処方してもらっておしまい。

尿路結石

前回の診察のあと早退するレベルの症状が出たことを報告。11月以来レントゲンを撮ってみていないので撮ってみることにしました。

尿路結石は白く写っていてまだ体内にあることを確認。前回のレントゲン写真とくらべて、また結構降りてきていて膀胱の直前まできていました。ここが一番狭いところなのであと一息とのこと。

出るかどうか3カ月は様子をみましょうということなりました。結石が動いているので多分腎臓は大丈夫でしょうとのことです。この結石の大きさなら出る時に違和感があるので自覚できるはずと言われました。排出された場合はもう診察にこなくて良いかと聞いたら不要とのことでした。

動かないようであれば(他の病院で)結石を引っ張って取る場合もあるとのことでしたが、順調に動いてはいるのでちょっと楽観しています。

スポンサード リンク
[ 3月14日全て ]

2016年4月22日 (金)

2カ月ぶりに尿路結石の激痛

お昼に打ち合わせをした後ぐらいから左の腰が急に痛み始めました。さすがにもう一発で尿路結石の痛みだとわかりました。2月12日以来です。

13:00 からシャッフルランチがあったのですが、症状の行方が読めないのでパス。座っていてもどうにもならないのでちょっと会社のまわりを歩きまわってみましたが、痛みは増すばかり。夕方のミーティングまで、あるいは 15:00 のコアタイム終了まで頑張れればと思いましたが、この痛みだとほぼまともに何かを考えたりできないので素直に早退することにしました。

帰宅してボルタレンサポを投入。が効くといつも通り痛みがおさまりましたが、今回はが切れてきた頃に腰に若干違和感が残っていました。

あとちょっとなのでそろそろ出て欲しい! しっかり水分とらねば。

[ 4月22日全て ]

2016年7月9日 (土)

今日のさえずり: ドムドムってまだあるんですね。食べに行きたーい。

2016年07月09日

[ 7月9日全て ]

2016年9月27日 (火)

今日のさえずり: やはり name-yyyy-mm-dd.txt ではなくて yyyy-mm-dd-name.txt にした

2016年09月27日

[ 9月27日全て ]

2017年2月3日 (金)

豆まきのあとに花粉症をもらいにいってきた

rimage:/nDiki/2017/02/03/2017-02-04-084707-nDiki-900x1200.jpg

ぼちぼち花粉症の季節なので、朝に節分の豆まきをしたあと病院に行ってきました。去年は2月2日に行っているので今年も同時期です。

ここ数年通り以下のを処方してもらいました。

先生によると「アレグラは眠気が出ず良いだが、鼻水には効くけれど鼻詰まりにはあまり効かない」ということで、もし辛いようで次に言ってくださいとのことでした。

それから剤師さんの話によると処方箋では2〜3回となっているけれどパラノール点眼液は1日4回まで大丈夫だそう。それから点眼は1滴で十分で容器の穴もそのように作られており、それ以上だと目にとどまらず鼻に流れてしまって逆効果とのことでした。開封後は1カ月ぐらいしかもたないので、それ以上経って何か浮いたりしているようであればもう使わないようにとも言われました。

アレグラの飲み忘れ・飲んだか忘れがないように Android習慣化アプリ HabitHub (旧 Rewire) に「アレグラ(朝)」「アレグラ(夜)」を追加し、リマインドしたり服用記録を残したりできるようにしました。

気のせいか今日から目に痒みがきたような。

[ 2月3日全て ]

2017年3月10日 (金)

今日のさえずり: 知らない人の知らない息子さんの大学合格情報が流れてくる Facebook

2017年03月10日

[ 3月10日全て ]

2017年6月24日 (土)

今日のさえずり: チリクラブだったかはさておき、ウマ辛だった

2017年06月24日

[ 6月24日全て ]

2017年8月21日 (月)

夏休みなので花火

image:/nDiki/2017/08/21/2017-08-21-193023-nDiki-1200x800.jpg

3日取れる夏休みの1日目をとり今日は休みで3連休3日目。

天気も良さそうなので、毎年1度はやっておきたい花火を夜にすることにしました。近くのスーパーは既に花火コーナーが無くなっていたので、もう一つの大きいスーパーで購入。吹き出し花火・回転花火のばら売りが無かったので、財布と相談して今年は手持ち花火のみにしました。

量約 60g のをチョイス(パッケージの大きさや本数だけではなく量も重要なチェックポイント)。これぐらいで十分楽しめました。

今年もバケツロウソクを使ったのですが、これ使っていると炎が小さくなってすぐ消えるようになります。溶けたロウから芯が少ししか顔を出していないのが良くないようなので、倒してロウを流してみたところまた大きな炎になりました。知見。

ということで毎年継ぎ足しの次回用ポイントまとめ。

  • ドラゴン・回転花火は楽しいので手持ち花火以外に買っておく。
  • 多目的ライターは複数用意する(ライター待ちやガス切れ対策)。
  • バケツロウソクは炎が小さくなったら中の溶けたロウを捨てる。
  • できれば風防を用意する。セットに入っていなければ空き缶の底を抜くなどして作る。
  • 水バケツを用意する。100円ショップなどで金物の小さいのを買っておく。なければ2Lペットボトルを切って用意する。
  • 花火を留めているテープは事前に剥がしておく。
  • LED ランタン・LED フラッシュライトを持参する。
  • ムヒを持っていく。

今日のさえずり: スーパーから花火コーナーが消えていた。ここだったはずというところにはアリ対策グッズが。

2017年08月21日

  • 11:04 もうスーパーから花火コーナーが消えていた……。
  • 11:08 ここだったはずというところにはアリ対策グッズが。
  • 15:00 知ってから4年目遂に。 / Naney の日記: ちゃおサマーフェスティバル2017 http://bit.ly/2wel8Lh https://t.co/FsYDMLsCYr
  • 15:02 「ちゃおのお姉さん雑誌!! はじめての Sho-Comi スタート BOOK」という書名でなるほどと思った。
  • 19:15 本日の火量は約 60g です。
[ 8月21日全て ]

2017年8月29日 (火)

通院付き添いの夏休み2日目【日記】

昨晩の夜間救急外来では(出したいところだけれど)1日分のしか出せないということで、夜が明けてあらためて日中同じ病院へ。付き添いが必要なので会社に連絡をして今日は休むことにしました。3日ある夏休みの2日目扱いにて。

痛みも落ち着いてきたようでほっと一安心。

今日のさえずり: タスクを実行中に思い浮かぶ別のタスクや他の人から依頼されるタスクの扱いに困ったら

2017年08月29日

  • 07:21 起きる!
  • 11:33 局、ドリンクサービスあるの。
  • 11:35 アイスコーヒーと試飲の何か持ってきてくれた。
  • 17:22 数日前から Feedly のページを開くのに時間がかかるようになった。これなんだろ。
  • 17:29 タスクを実行中に思い浮かぶ別のタスクや他の人から依頼されるタスクの扱いに困ったら、 Doing リストを作るようにするのも一つの手。
[ 8月29日全て ]

2017年10月6日 (金)

人生初の胃カメラ検査

今年の健康診断では胃部X線検査(バリウム検査)を上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)に切り替えても追加料金が発生しないので人生初トライしてみました。

カメラと言えば東幹久が「芸能人は歯が命」がと言っていた頃に出演していたドラマの中で胃カメラでオエオエ言っているシーンが印象的でちょっと恐怖感があったため、申し込んでから当日までが長かったな。

今回は経口・経鼻を選べたので経鼻にしてみました。初体験につき経口と比較した話ではないのですが、検査中でも話が出来るというのは楽だったのかな(生検が痛いのかどうか質問したりできた)。鼻だと鼻血が滲んだりと余分な負担もあるのかもしれないですが、嘔吐反射が強い方だと思っているので口より楽なのかなと。

流れ

たしかこのような感じ。

  • 白い液体の(消泡剤)を飲む(美味しくない)。
  • 鼻の通りをよくする(血管収縮剤)を両方の鼻腔に噴霧(美味しくない)。
  • 通りの良い方の鼻を確認する。
  • ゼリー状の麻酔を鼻腔に流し込まれる(きもい)。
  • 準備としてダミーのチューブを差し込まれる。
  • 検査室へ。
  • 喉に麻酔のスプレー(まずい)。
  • 部屋が暗くなる。内視鏡の先の3色 LED のキラメキがお祭りの夜店で売られている光るグッズを想起させる。
  • 内視鏡を鼻から入れられる。
  • 検査中、背中をさすり続けられるのがちょっと恥ずかしい気持ち。
  • 嘔吐感はほぼ無し。唾液を飲むと激しくえずく(数度えずいた)と知り、きちんと出すようにしたら後は楽。
  • モニターを見ながらなされるがまま。
  • 声帯が見どころの一つ。それから十二指腸のヒダヒダも。
  • 途中隆起しているところがあったので生検判断となった。
  • 追加のケーブルみたいなのが用意されてチューブ内に差し込まれていく。
  • モニターにマジックハンドみたいなのが現れて、採取したいところをバチンと。ちょっと苦戦したあとみごと掴み取ったようで、血がじわーっと滲み出てきた。痛みは無し(やる前に痛いですかと聞いたら、痛みを感じる人はまずいないとのことだった)。
  • 終わったということですーっとチューブが抜かれていっておしまい。
  • 唾液出し用にビニール袋とティシューを持たされる。
  • 「初めての胃カメラどうでしたか?」「モニターが見られて面白かったです」

検査

食道と胃のあたりに腫瘤があったので生検となりました。胃カメラが進んでいく時には無かったのですが、奥から抜きながらチェックしていく際には現れていたとのこと。胃の粘膜かなぁなど何だかわからない様子でした。

また、胃の下の方が白くなり血管の色でまだらになっているとのことで、オプションでピロリ菌の検査(採取済みの血液から)を追加となりました。

このあたりは胃部X線検査では気がつかないところでしょうから胃カメラにした意味があったかなと。

バリウム検査の事後 vs. 胃カメラ検査の事後

バリウム検査はゲップ我慢と検査後の下剤が効いている間が大変なので、もしかしたら胃カメラ検査の方が楽かもと思いましたが実際のところどっちもどっちですね。

  • 喉の麻酔が切れるまで唾液を飲み込んではいけない(会社に戻るまでと会社に戻ってからの間ちょっと不便)
  • おならがしばらく出る。
  • 当日は鼻をかむと鼻血が混じる。
  • 翌日いっぱいまでは喉に違和感が残る。

とやはりそこそこ体に負担があったなと。毎年やるのちょっと躊躇しますね。

病理検査の結果は2週間後。問題ないといいなと。

[ 10月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.078858s / load averages: 0.56, 0.62, 0.60
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker