nDiki : BIOS

2003年12月10日 (水)

[ Debian ] resume 時に /etc/apm/event.d/* が呼ばれない

ThinkPad X31であるがサスペンド/レジュームするとUSBが使えなくなるが、hotplug再起動すると復帰する。 なので、/etc/apm/event.d/hotplug として

 #!/bin/sh
 echo "$1 --" >> /tmp/suspend.txt
 case "$1" in
 suspend)
   /etc/init.d/hotplug stop
   echo "suspend" >> /tmp/suspend.txt
   ;;

 resume)
   /etc/init.d/hotplug start
   echo "resume" >> /tmp/suspend.txt
   ;;
 esac

というファイルを用意。これでどうだ、と思ったら×。 なぜか suspend 時は実行されるが、resume 時は実行されない。 BIOSからapmdに通知がこないのだろうか?

スポンサード リンク
[ 12月10日全て ]

2003年12月19日 (金)

[ Linux ] CONFIG_NOHIGHMEM=y

先日 ThinkPad X31 のメモリを1GBに増設した。 その時「BIOSでは1GB認識しているんだけれど、Linux から見ると900MB強にしか見えないなぁ。なんでだろ」と思ったのだが、その時は「まぁそれすら全然使い切れてないしまいっか」と思ってそのまま忘れてしまった。

         total:    used:    free:  shared: buffers:  cached:
 Mem:  926650368 888676352 37974016        0 158248960 349442048
 Swap: 1006346240 20103168 986243072
 MemTotal:       904932 kB
 MemFree:         37084 kB
 MemShared:           0 kB
 Buffers:        154540 kB
 Cached:         330468 kB
 SwapCached:      10784 kB
 Active:         541288 kB
 Inactive:       280992 kB
 HighTotal:           0 kB
 HighFree:            0 kB
 LowTotal:       904932 kB
 LowFree:         37084 kB
 SwapTotal:      982760 kB
 SwapFree:       963128 kB

そうしたら今日ふと CONFIG_NOHIGHMEM の話題が目についた。 あっ、もしや。

やっぱり。CONFIG_NOHIGHMEM=y になっていた。 設定を修正してカーネルを再構築。

         total:    used:    free:  shared: buffers:  cached:
 Mem:  1057718272 224317440 833400832        0 10526720 93605888
 Swap: 1006346240        0 1006346240
 MemTotal:      1032928 kB
 MemFree:        813868 kB
 MemShared:           0 kB
 Buffers:         10280 kB
 Cached:          91412 kB
 SwapCached:          0 kB
 Active:          42376 kB
 Inactive:       151884 kB
 HighTotal:      130432 kB
 HighFree:         2036 kB
 LowTotal:       902496 kB
 LowFree:        811832 kB
 SwapTotal:      982760 kB
 SwapFree:       982760 kB

メデタシ、メデタシ。

MADWIFI

さすがにこのパラメータを変えると影響が大きいのか。 MADWIFI が動かなくなった。 手元にソースが残っていてよかった(有線ひっぱり出してきて接続・ソースを取得という面倒をしなくて済んだ)。 リコンパイルして問題なく復帰。

[ 12月19日全て ]

2004年1月6日 (火)

[ Debian ] ソフトウェアRAID1起動チェック

昨日の続き。

 grub
 grub> device (hd0) /dev/hda
 grub> root (hd0,0)
 grub> install /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 0x8000 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst
 grub> quit

再起動。OK。

両方のHDDから起動できる事を確認

BIOSHDDの起動順序を変更して、どちらでもブートできる事を確認。 hdc側BIOS優先で起動した際は、grub のメニューで root (hd1,0) としてから起動。

mdadm での監視

 apt-get install mdadm

インストール時にモニタをONにしてメールアドレスを指定しておく。

[ 1月6日全て ]

2004年3月10日 (水)

CLIEThinkPad X31赤外線通信

CLIEPEG-TJ25ThinkPad X31 (Debian GNU/Linux, kernel 2.4.25)の間で、赤外線通信による HotSync の設定を行う。 前回 Linux kernelビルドした時に、IrDA 関連は有効にしてある。 今回はSIRを使用。

  1. ThinkPadBIOS で IrDA を有効に (最初 irdadump でまったくメッセージが出なかったのだが、BIOS で IrDA が disabled になっていた)
  2. apt-get install irda-utils
    • serial, /dev/ttyS1 を指定しておく。
    • irattach: Stopping device /dev/ttyS1
    • irattach: ioctl(SIOCGIFFLAGS): No such device
    • irattach: exiting ...
    • と出るので、何かうまくいっていないっぽい
  3. modprobe irda irtty ircomm ircomm-tty
  4. chmod o+rw /dev/ircomm0 (自分を dialout グループに含ませる方がよろしいが、実験の間はこれで)
  5. irdadump で、ダンプ。CLIEThinkPad X31赤外線ポートに向けると、やりとりが行われていることを確認。
  6. J-Pilotで、/dev/ircomm0 を指定して HotSync (/dev/ttyS1 では駄目)

CLIE のData Import を使って、CLIE上のメモリースティックをPC側でマウントするのは赤外線経由でできるのかな?

[ 3月10日全て ]

2004年5月9日 (日)

ThinkPad X31のファンを止めたい

ThinkPad X31は前に使っていた DynaBook に比べて静かで良いのだが、それでもファンが回ると結構うるさい。

夜とかはCPUの処理速度を落としてもいいのでファンを止めておきたいところ。

tpctl を入れてみたがエラー

 #tpctl --ib
 tpctl: SMAPI BIOS error 0x86 ("function is not supported") -- exiting.

BIOS が対応していない? それとも何か設定が足りないのかな。 tpctlマニュアルみてもファンを止める方法は書いてなかった。

DynaBookBIOS には省電力設定で quiet がたしかあったのだが、ThinkPad にはそういうのもみあたらず。

ちなみに Linux kernelACPI を有効にしてみたら、フタを閉じてもサスペンドしなくなったので無効にもどしておいた。

[ 5月9日全て ]

2005年5月6日 (金)

Norton AntiVirus 2005 インストールとあわせてドライバ総アップデート

naney:13099984 4月に更新サービスの切れた、ThinkPad X31Norton AntiVirus 2003 (プリインストール版)を、今回は延長キーを購入せずに Norton AntiVirus 2005 にアップグレードすることにした。

この間川崎へ出た時に買ってきた箱版のCD-ROMからインストール

インストール後、完全スキャンをかけると acpController.dll (C:\IBMTOOLS 以下と、C:\Program Files\Support.com 以下の AcpControl.cab 内) でセキュリティリスク SecurityRisk.eGatherer が検出された。

Access Support/Access IBM に関する既知のセキュリティ問題らしい。

せっかくの機会なので、ThinkPad ソフトウェア自動アップデートを使ってドライバを総アップデートかけてみる。 ふむふむ。メーカーによるこの手の仕組みにしてはよくできている感じ。 ライセンス関連は、レノボのものにいくつか更新されていた。 今後のサポート体制はどうなっていくのだろうね。

これですっかり最新のBIOSソフトウェアが入ったわけだが、結局上記問題の修正はこのアップデートではかからなかった。

結局別途ダウンロードした Access Support fix pack 2 を適用して Norton AntiVirus に検出されないようにした。

[ 5月6日全て ]

2005年6月23日 (木)

まりえが見守る第13回産業用バーチャル リアリティ展第2日目

naney:21092055 今日も微妙に霧雨が降ったり止んだりといった感じの中、IVR。 今日は朝一から会場入り(09:30ちょっと前)。自宅からだとブースまで約50分(自分用メモ)。

シフト

やはり1サイクル2時間はキツいな。 来客対応で入れ替わりがズレだりすると長びく場合もあるし。 時間的には去年の1時間半が単位の方が集中的にも肉体的にも良いと思われる。

ただ今年はそのかわり休憩も連続2時間まとめてとれるというシフトなので、昼食後に一休みしてから他のブースを見てまわる余裕があるというメリットもある。一長一短。

今日の昼食はビッグメロンパンと一緒にワゴン販売していた「東京駅限定駅弁」。 全然東京駅限定ではない。

機械要素技術展

こちらは産業用バーチャル リアリティ展や、設計・製造ソリューション展と違って地場産業的なブースも数多い。地域系の団体の枠で出展している企業も多い。

出展者バッジホルダーの紐

今年は出展者バッジホルダーの紐が青になり、入場者と区別しやすくなった。 バッジを裏返して巡回しても出展者だと判別可能。 もっとも出展者スタッフであれば招待券を使って、別途一般入場しなおすのも簡単ではあるが。

出展者バッジだと「相手にされる度」が下がるが、それはそれで巡回しやすくて悪くない面もある。

バーコード

そういえば今年はブース来場者のバッチをバーコードリーダで読んでいる企業をみかけていないな。今年は展示会主催者がそのサービス提供をやめた?

まりえ

ブースでの立ち位置で前を見ると、その向こうに人物展示映像装置が展示されている。 かなり不思議な雰囲気を醸しだしていて気になってしょうがない。 おおくの人が興味を示して立ち止まっていっている。

我々の間で会話するために「まりえ」と名付けたソイツに、休憩明けにあってきた。 正式名称は Chatty。

Chatty (チャティ) は、人物の顔と表情や口の動きを、その凹凸までも本物そっくりに映像表示し、実際にその人が話かけてくるようにリアルな人物像を実現した展示装置です。-- パンフレットより。有限会社 石川光学造形研究

デモ機不調

朝ブートした時に「時計が設定されていない」といった旨のBIOSエラーが出たデモ機(BIOS設定画面で、日時を設定しブート。電池切れ?)が、休憩明けにはノート PC に差し替えられていた。やっぱり駄目?

今日の気温

昨日温度計を置いたところの照明の影響であるが、蛍光灯による照明だったのでほとんど影響なかったようだ。

今日のブースでの温度:

10:0024.5℃
12:3026.5℃
14:0027.0℃
17:0026.5℃
18:0026.0℃

比較的安定。昨日閉場近くなって温度が上がってきたので、「17:00にはエアコンが止められてしまう?」なんて思ったりもしたが、そんなことはなかった。

追記

同僚によれば今年もバーコードを利用している企業があったらしい (2005年6月28日追記)。

[ 6月23日全て ]

2006年12月9日 (土)

ThinkPad X31 + DebianGoogle Earth が見られるようになった

今年の8月に ATI fglrx ドライバを試してみたのだが、その際はうまく放っておいた X.Org X server の DRI / GLcore 対応をしてみた。

最初は fglrx をいじっていたけれど、fglrx Kernel モジュールをロードするとサスペンドできなくなってしまって NG。 いろいろ調べたところ、普通に radeon ドライバでもいけそうだということでその線で設定してみた。

環境:

lspci:

 01:00.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc Radeon Mobility M6 LY

HOWTO: 3D Acceleration in ATI Mobility Radeon M6 LY (and possibly others) を参考に、最終的に以下の /etc/X11/xorg.conf でいけた:

 Section "Module"
         Load    "bitmap"
         Load    "dbe"
         Load    "ddc"
         Load    "dri"
         Load    "extmod"
         Load    "freetype"
         Load    "glx"
         Load    "int10"
         Load    "record"
         Load    "type1"
         Load    "v4l"
         Load    "vbe"

         Load    "GLcore"
 EndSection

 Section "Device"
         Identifier      "ATI Technologies Inc Radeon Mobility M6 LY"
         Driver          "radeon"
 #       Driver          "ati"
         BusID           "PCI:1:0:0"

         Option          "BusType" "PCI"
         Option          "AGPMode" "4"
         Option          "AGPSize" "32" # default: 8
         Option          "AGPFastWrite" "false" # More stable this way.
         Option          "SWcursor" "true" # More stable this way.
         Option          "EnablePageFlip" "true" # Faster.
         Option          "EnableDepthMoves" "false" # More stable this way.
         Option          "RenderAccel" "false" # More stable this way
         Option          "AccelMethod" "XAA" # or XAA, EXA, XAA more stable
         Option          "DDCMode"
         Option          "SubPixelOrder" "NONE"
         Option          "ColorTiling" "false" # More stable this way.
         Option          "DynamicClocks" "true"
         Option          "bioshotkeys"   "True"
         Option          "XAANoOffscreenPixmaps" "true" # More stable this way.
         VideoRam 16384
 EndSection

 Section "DRI"
         Mode    0666
 EndSection

glxinfo で

 direct rendering: Yes

となっていることを確認。

設定途中 GLcore をロードするように設定すると、glxinfo の実行で必ずフリーズしてしまい困っていたのだが、これについては VideoRam 16384 を設定することで動くようになった。

ThinkPad X31 2672-PHJ仕様を見るとビデオメモリについて「16MB ※ ビデオRAMとして使用されるメイン・メモリーの容量は、BIOS等で設定変更することはできません。」とあるので、この辺りが関係しているのかもしれない。

これで以前試した時は表示がおかしかった Google Earth が (動作的にはまだ重いけれど)動くようになった。

glxgears -printfps は

 1311 frames in 5.0 seconds = 262.094 FPS
 1303 frames in 5.0 seconds = 260.458 FPS
 1289 frames in 5.0 seconds = 257.793 FPS
 1315 frames in 5.0 seconds = 263.000 FPS
 1317 frames in 5.0 seconds = 263.344 FPS

といったところ。 xorg.conf の設定が Web サイトを参考に安全側にふってあるので、いじればもう少し速くなるかもしれない。

[ 12月9日全て ]

2009年8月31日 (月)

ThinkPad X31 HDD 限界

家に帰ったらから ThinkPad (2672-BJ9)が起動しないとの報告。先日シャットダウン時に Windows Update 更新をかけたらしいのだが、今日電源を入れたらセーフモード選択画面になって起動しないとの事。 先日も HDD が不調だった(記事)ので Windows Update で引導を渡されたか。

試してみると ThinkPad ロゴ画面で止まるので、BIOS セットアップ画面に入って抜けてみる。 すると「Windows が正しく起動しませんでした」画面まで進んだ。通常起動したらブルースクリーンになってまた同じ画面まで。今度はセーフモードで試してみるも駄目。 で電源を入れ直したら今度は「A disk read error occurred」「Press Ctrl+Alt+Del to restart」。

その後電源を何度も入れなおし、何度目かでかなりの時間がたったのち Windows XP が起動。

この起動を大切に、pdumpfs で home と Document and Settings をバックアップ。 なんとか最後までコピーできたようだ。

さすがに HDD もう駄目だな。 ただ交換するには HPA のバックアップをしなくてはならず、それまで HDD がもつかどうかも心配。 時間と手間を考えて修理に出してしまうか、新機種買うか。

悩ましい。

今日のさえずり - 限定 PORTER オリジナルトートバッグのせいで興奮

naney:3868277243

2009年08月29日

2009年08月30日

2009年08月31日

  • 06:44 なんだこの寒さは。何着よう。 [mb]
  • 09:36 昼出たくないのでヴィ・ド・フランスで昼飯確保する。 L:秋葉原 [mb]
  • 11:34 また ThinkPad X31 が Caps Lock ランプ点滅させてハングった。
  • 11:34 再起動して startx したら ksmserver が起動できないっていって X 上がらないし。
  • 11:45 aptitude でアップデートかけて復活。
  • 12:09 OAuth、access token 取得してしまえばあとはライブラリ使わなくても楽勝だと思っていたのだが、そうではないのだなあ。 *P3
  • 12:39 2009年8月28日の歩行: 5702歩、4.47km、46分、5.76km/h、消費 210.5kcal、脂肪燃焼 30.1g、3.0エクササイズ。 *P3
  • 12:40 2009年8月29日の歩行: 4141歩、3.12km、41分、4.50km/h、消費 153.9kcal、脂肪燃焼 22.0g、2.0エクササイズ。 *P3
  • 12:41 2009年8月30日の歩行: 2693歩、2.11km、21分、5.82km/h、消費 101.0kcal、脂肪燃焼 14.4g、1.5エクササイズ。 *P3
  • 13:00 数日前にかなり横長のモバイルガジェットが夢に出てきたんだよな。NetWalker の高さ・キーボードの奥行きを半分にしたぐらいの折り畳み型で、キーボードは QWERTY の半分のキー(多分左右の手で切り替え)。あれ欲しい。 *P3
  • 23:13 また家の Windows XP ThinkPad X31 が起動しなくなっている。 *P3
  • 23:21 BIOS セットアップ画面に入って抜けたら「Windows が正しく起動しませんでした」画面まで進んだ。通常起動したらブルースクリーンになってまた同じ画面まで。次セーフモード。 *P3
  • 23:26 あー、セーフモードでも起動しないや。 *P3
  • 23:28 もう一度電源入れなおし。今度は「A disk read error occurred」「Press Ctrl+Alt+Del to restart」。 *P3
  • 23:56 えらい時間がかかったが何とか Windows XP が起動した。バックアップとるまで HDD もつか。 *P3
  • 24:14 ふう。とりあえず pdumpfs できた。 *P3
[ 8月31日全て ]

2013年1月6日 (日)

今日のさえずり: プルーン全然鉄分多くなかった

2013年01月06日

  • 09:16 布団乾燥機かけたのにひゃっこいと思ったら、送風になってた。やりなおし。
  • 11:47 みんな日記ってどれぐらい時間かけて書いているのかな。純粋にどれぐらい費やしているかという興味と、インタフェース的にどういうのがあっているのかなという興味と。
  • 13:44 テキストエディタ派向けに mixidiaryfs とか。
  • 16:34 おふっ、2台目の ThinkPad X31 もブートしなくなった。
  • 16:48 お、BIOS 設定画面でゴニョゴニョしてたらブートした。
  • 21:38 カゴメのプルーン100を飲んでから Web で調べたら、プルーン全然鉄分多くなかった。
  • 22:16 鉄鍋がいいのか。
  • 22:39 ちょっと早いけど Flickr Pro 2年延長。10年で $236.91
  • 22:45 ついでに Remember The Milk の Pro アカウントも2年延長。
  • 24:17 今使っているソニッケアー(エリート)より、最近のシリーズの方がブラシが安いんだなぁ。本体も廉価版はかなり安いし買い換えた方が得だな。 http://t.co/inHHXCwZ
  • 24:21 今使っているソニッケアーもだいぶ使ってブラシの付け外しも若干緩い感じになってきたし、買い換えるか。ずっと充電器に乗せている割にバッテリがへたらなかったのはえらい。
[ 1月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.065476s / load averages: 0.34, 0.48, 0.48
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker