nDiki : JIS

JIS - 日本工業規格

スポンサード リンク

2004年4月16日 (金)

TeXSubversion

仕事のドキュメント書き。 「ドキュメント管理用 Subversionリポジトリ作成」にのっとってやってみる(結局前回考えて以降、時間がとれなくて Subversion に投入していなかった)。

今期、プロジェクトでこの方式を採用しようと思っているのだが Windows ユーザと協同作業しようとすると charset の問題があるな。 とりあえずいわゆるJISにしておけば pTeX としては問題ないと思うが、他の作業環境はどうなのだろう。

[ 4月16日全て ]

2004年5月18日 (火)

Subversion - auto-props

Windows 上での TeX 書きユーザと仲良くするために。

 svn propset svn:eol-style native report.tex

charset はいわゆる JIS で。

auto-props

~/.subversion/config で

 [miscellany]
 enable-auto-propcs =yes
 [auto-props]
 *.tex = svn:eol-style=native

デフォルトで作成される config ではセクション名もコメントアウトされている事に注意。 個人の設定ではなくて、リポジトリとして設定することはできないのかな。

[ 5月18日全て ]

2005年4月15日 (金)

pLaTeX + hyperref + dvipdfmxPDFにしおりを

プリアンブルに

 \usepackage[dvipdfm,bookmarks=true,%
 bookmarksnumbered=true,bookmarkstype=toc]{hyperref}
 %日本語EUC系環境の時
 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}
 %シフト JIS 系環境の時
 %\AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}

を追加。

ソースファイルがいわゆるJISコードで記述されていても、指定するのは上記のどちらか。 LinuxWindows の両方でビルドできるようにするには、pdf:tounicode を切り換える必要あり。 pLaTeX の世界だけで条件分岐させる方法がわからないので、素直に Makefile で \AtBeginDvi 命令を1行書いたファイルを出力して \input するという運用で行くことにする。

追記

pTeX の内部コードが異なる環境(例えば WindowsLinux)の両方で、文字化けしないでしおりをつける方法 → pTeX の内部コードを判別して hyperref の設定を切り換え

[ 4月15日全て ]

2005年4月26日 (火)

pTeX の内部コードを判別して hyperref の設定を切り換え

pTeX にある \euc プリミティブを使えば Windows でも、Linux でも同じソースファイル(JIS)で PDF にしおりを設定できた。

 \ifnum 42146=\euc"A4A2 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode EUC-UCS2}}\else
 \AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}\fi

pLaTeX + hyperref + dvipdfmx で PDFにしおりを

[ 4月26日全て ]

2006年3月23日 (木)

Rekisa で TortoiseSVN から日本語ファイルの差分表示

自分の開発チームでは、 Subversion を用いて pLaTeX2e ドキュメントを共同執筆というスタイルが随分多くなってきた (自分が推進しているわけだが)。

チームメンバのほとんどは Windows 上で TortoiseSVN を使っているのだが、内蔵の差分ビューアを使っていると charset を自動判別してくれないので、いわゆる JIS コードで書いている TeX のソースファイルの扱いがちょっと不便である。

そういえば以前はこの問題の声が聞かれたけれど、最近誰も言わなくなったな。 解決したのか、差分とか見なくなったのか。

数行書き換えて、一つの変更点としてコミットメントログを残せる単位でガシガシコミットしてしまう私と一緒に作業している人は、いつもコミット負けしているはずなのだが。

ということで TortoiseSVN で外部差分ビューアとして使えるツールを調べておこう。 まずは差分表示アプリケーション Rekisa。

日本語のファイルの charset を自動判別してくれるし、表示が美しい。 差分を見るには良さそうである。

マージ作業もあわせてするとすると編集機能が必要だが、Rekisa 自身では直接編集できないようだ(外部エディタを呼び出すことはできる)。

マージまですると WinMerge が本命? こちらはまだ試していないので後日。

[ 3月23日全て ]

2006年9月27日 (水)

RHODIA Hacks - No19 は左3.5マス開けて使う

RHODIA は No11 についで、No19 を愛用している。

No19 は 210mm x 318mm だが、切り取るとちょうど A4 になる (No18 は切りとる前が A4)。 このため保存しておくのに便利だ。

No19 は左側はたいてい不完全な(5mm ない)マス目で、その隣からがきちんとしたマス目になる。 この半マスと完全な3マスを余白として、その次のマス(4番目の完全なマス)から使うようにしている。 こうすると2穴で閉じる時に書き込みに穴が開かなくて良い。

ちなみに JIS S 6041 事務用あなあけ器 では 「2けつ固定式事務用あなあけ器」として

抜きあなピッチ寸法80±0.5mm(穴の中心間の距離)
抜きあな径6±0.5mm(穴の直径)
奥行12±1.0mm(紙の端から抜きあなの中心まで)

と規定している。

[ 9月27日全て ]

2011年3月8日 (火)

今日のさえずり: きた! ガッツ!

2011年03月08日

[ 3月8日全て ]

2014年1月16日 (木)

今日のさえずり: ふと自分の設定確認したらいつのまにかリッチテキストメールになっていたので、深さ1,000m の穴に入りたい

2014年01月16日

  • 06:50 NHK でバイブ付マウス紹介してる。
  • 07:46 昨日もらったやつ。 http://flic.kr/p/jeTPkk
  • 09:29 @maru_kei ビープのかわりにブルッとフィードバックしてくれるといいかもね。
  • 14:50Go言語でag(The Silver Searcher)ライクな高速検索ツールをつくった。EUC-JP/Shift-JIS検索できマス。 - Thinking-megane” http://bit.ly/1aLgQcA
  • 17:21 iPod touch 5th に Skype 入れてビデオ通話でカメラ画像を PC 側に送ってみた。思ったより高圧縮で動きがあるとけっこうボワボワするね。
  • 19:46 リッチテキストメールになっていると指摘して、ふと自分の設定確認したらいつのまにかリッチテキストメールになっていたので、深さ1,000m の穴に入りたい。
  • 21:44 今日の新聞で火炎瓶処罰法違反罪の存在を知った。
[ 1月16日全て ]

2014年10月7日 (火)

スマートフォン用にメチャ薄 Bluetooth キーボードを買った

naney:15466552741

寝静まった夜に日記を書くときぐらいはノート PC の音と熱から解放されたくて、スマートフォンだけで書けるように Bluetooth キーボードを買うことにした。まあ実はスマートフォン + Bluetooth キーボードの組み合わせはずいぶん前からやってはみたいと思っていたのだけれど、 ThinkPad(英語キーボード) + Emacs での普段の入力とギャップが大きすぎて残念な結果になる可能性も高いのではと思って躊躇していたんだよね。

ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」あたりはずっとチェックしていたんだけれど、なかなか50%引にならなくて見送っていた(実はこの間50%引になっていたのを後で知った)。

Bluetooth キーボードは以下の条件でチョイス。

  • 英語配列であること。2 のところに @ マークが印字されていること。
  • Android デバイスで英語配列で使えること。iOS デバイスでも(英語配列で)使えること。
  • ある程度打ちやすいサイズであること。
  • それほど持ち歩かないので折り畳みである必要はない。
  • きちんと打てるキー構造なこと。
  • 打鍵音があまり大きくないこと。
  • Windows キーは無くていい。
  • AndroidEmacs を使う気はさすがに無いので、 Ctrl キーの位置はあまり気にしない。
  • 5,000円以下だと嬉しい。

国内で売っていて Android 用を歌っているものはいわゆる JIS 配列が多いので英語配列のものは結構少ない。で結局バッファローの BSKBB24BK にしてみた。

届いた箱を開けてキーボードの薄さはびっくり。厚いところでも iPod touch 5th ぐらいの厚さしかない。こんなんで打った感じ大丈夫なのかなと心配になったけれど、まあ打ってみると打鍵の感じは別に悪くなかった。ただ高さが無いのでもしかしたら長く打つと手首への負担が大きいかもしれない。

キー配列についてはちょっと右の小指が - キーを打つ時に探してしまう感じがある。このあたりは慣れれば大丈夫かもしれない。あと Esc キーが無い点について Android デバイスで使うのに致命的かどうかがちょっと未知数。文章を打つだけなら案外無くても大丈夫なのかな? このあたりはちょっと使ってみないとわからない。

Xperia GXiPod touch 5th それぞれでペアリングして入力できるところまでは確認。細かいキー割り当てや IME やアプリとの相性の確認は明日以降探ってみる。


[ 製品レポート ]

[ 10月7日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.069303s / load averages: 0.53, 0.38, 0.36
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker