nDiki : LD_LIBRARY_PATH

2004年2月8日 (日)

Berkeley DB 4.2.52 + DB_File 1.808 をホームにインストール

[ Perl ]

DiKicker の二次データの保存先を何にしようか思案中。 MLDBM::Sync が候補なのだが、MLDBM::Sync::SDBM_Fileだとデータが大きくなった時に速度が出ないようだ。

このサーバ(FreeBSD)のPerl(5.005_03)は、DB_FileGDBM_Fileも有効になかったので今までDBMパッケージの使用は避けてきたのだが、さすがに今回は使えないと辛いかも。

ということで Berkeley DB も含めて DB_File をホームにインストール

db-4.2.52

 tar zxvf db-4.2.52.tar.gz
 cd db-4.2.52/build_unix
 ../dist/configure --prefix=$HOME/local/db-4.2.52
 make
 make install
 rm -rf $HOME/local/db-4.2.52/docs

インストール自体は特に依存するものも無く簡単。 ただし、このサーバでは丁度 busy だった事もあってビルドに2時間!もかかってしまった。 本来は暇そうな時にやるべきなのだろうけど、今日中にうまくいくか検証しておきたかったので、待った。

DB_File-1.808

 tar zxvf DB_File-1.808.tar.gz
 cd DB_File-1.808
 export DB_FILE_LIB=$HOME/local/db-4.2.52/lib
 export DB_FILE_INCLUDE=$HOME/local/db-4.2.52/include
 perl Makefile.PL INSTALLDIRS=site \
                  LIB=$HOME/local/lib/perl \
                  INSTALLMAN1DIR=/tmp/man/man1 \
                  INSTALLMAN3DIR=/tmp/man/man3
 make OTHERLDFLAGS="-Wl,-rpath -Wl,$HOME/local/db-4.2.52/lib"
 make test
 make install

libdb を実行時に検索させるのに LD_LIBRARY_PATH環境変数とか指定したくなかったので、-rpath を指定してしまった。 Makefile中の OTHERLDFLAGS 変数がリンク時に空だったので、ここで設定。

しかし libdb-4.2 でかいな。 Perl からの呼び出し一発目は結構時間がかかる。

スポンサード リンク
[ 2月8日全て ]

2005年5月19日 (木)

DBD::Oracle 1.16 を Debian GNU/Linux sid に入れる

インストール方法は「Instant Client10g」を参考にした。

Oracle クライアントライブラリを取得

Oracle Technology Network License のもとで配布されている、Oracle Database 10g の instant client を利用する。 30日間試用可能。

  • instantclient-basic-linux32-10.1.0.3.zip
  • instantclient-sdk-linux32-10.1.0.3.zip
  • instantclient-sqlplus-linux32-10.1.0.3.zip

をダウンロード。

Oracle クライアントライブラリを展開

/usr/local/oracle の下に展開。シンボリックリンクをいくつか設定する。

 mkdir /usr/local/oracle
 cd /usr/local/oracle
 unzip /tmp/instantclient-basic-linux32-10.1.0.3.zip
 unzip /tmp/instantclient-sdk-linux32-10.1.0.3.zip
 unzip /tmp/instantclient-sqlplus-linux32-10.1.0.3.zip
 cd instantclient10_1
 ln -s . lib
 ln -s libclntsh.so.10.1 libclntsh.so
 ln -s libocci.so.10.1 libocci.so

ビルド環境を設定

環境変数を設定する

 export ORACLE_HOME=/usr/local/oracle/instantclient10_1
 export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME:$LD_LIBRARY_PATH

DBD::Oracle を deb パッケージ化

まずはソースアーカイブを展開。

 tar ztvf DBD-Oracle-1.16.tar.gz
 cd DBD-Oracle-1.16

次に Makefile.PL を編集

 5a6,7
 > push(@ARGV, '-l');
 >
 279c281
 <     my @h_dirs = find_headers();
 ---
 >     #my @h_dirs = find_headers();
 283c285
 <         push @h_dirs, 'network/public';
 ---
 >         #push @h_dirs, 'network/public';
 289c291,292
 <     my $inc = join " ", map { "-I$OH/$_" } @h_dirs;
 ---
 >     #my $inc = join " ", map { "-I$OH/$_" } @h_dirs;
 >     my $inc ="-I/usr/local/oracle/instantclient10_1/sdk/include";
 725c728
 < exit 0;
 ---
 > #exit 0;
 1606a1610
 > 1;

ヘッダファイルディレクトリ自動取得を止めて決め打ちにし、また Makefile.PL 実行時に -l を指定するようにする。 それから dh-make-perl がモジュール依存関係取得するため Makefile.PL を require した際に真を返さないでエラーになってしまうようなので、これも修正。

でパッケージ化。

 rm META.yml # あると dh-make-perl が deb パッケージ名をつけ間違える?
 dh-make-perl --build --notest

deb パッケージ

 libdbd-oracle-perl_1.16-1_i386.deb

ができあがるので、これを dpkg でインストール

実行時

とりあえず、手近のサーバに接続して、簡単な select が動くことを確認。

いまのところ DBD::Oracle を使用するPerlプログラム実行時にも LD_LIBRARY_PATH を同様に設定しておく必要あり。

Makefile.PL 書き換え時に、

 $opts{dynamic_lib}->{OTHERLDFLAGS} .=
   '-Wl,-rpath -Wl,/usr/local/oracle/instantclient10_1';

-rpath を指定してみたが、

 DBI connect('host=192.168.x.x;sid=dbsid','usr',...) failed: ERROR OCIEnvNlsCreate (check ORACLE_HOME and NLS settings etc.) at test.pl line 3
 ERROR OCIEnvNlsCreate (check ORACLE_HOME and NLS settings etc.) at test.pl line 5.

というエラーが出て駄目。

[ 5月19日全て ]

2013年8月1日 (木)

Migemo が無いとイラッとするので。

普段 Migemo 使っているので、それの入っていない開発環境だとちょっと不便だなということで、ソースから入れる。

C/Migemo をインストール

Migemo だと Ruby のパッケージも入れる必要があるので、ここは C/Migemo で。

 git clone https://github.com/koron/cmigemo.git
 cd cmigemo
 ./configure --prefix=$HOME/local/cmigemo
 make gcc
 mak gcc-dict
 make gcc-install

LD_LIBRARY_PATH=/home/naney/local/lib にしているので C/Migemo のライブラリへのシンボリックリンクをそこに作る。

 cd ~/local/lib
 ln -s $HOME/local/cmigemo/lib/libmigemo.so* .

Migemo

migemo.el だけ Migemo の tarball からもらう。Ruby のライブラリ入れてないため configure が通らないので、手で migemo.el.in から migemo.el に変換する(@pkgdatadir@ を置換)。

 wget http://0xcc.net/migemo/migemo-0.40.tar.gz
 tar zxvf migemo-0.40.tar.gz
 cd migemo-0.40
 sed -e 's!@pkgdatadir@!/home/naney/local/migemo/share/migemo!g' migemo.el.in > migemo.el
 cp -a migemo.el <自分の site-lisp なディレクトリ>

Emacs の設定

設定ファイル (~/.emacs.d/init.el とか)に設定を追加。

 (when (load "migemo" t)
   (setq migemo-use-pattern-alist t)
   (setq migemo-use-frequent-pattern-alist t)
   (setq migemo-command "/home/naney/local/cmigemo/bin/cmigemo")
   (setq migemo-options '("-q" "--emacs" "-i" "\a"))
   (setq migemo-dictionary "/home/naney/local/cmigemo/share/migemo/euc-jp/migemo-dict")
   (setq migemo-user-dictionary nil)
   (setq migemo-regex-dictionary nil))
[ 8月1日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.170543s / load averages: 0.26, 0.38, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker