nDiki : Mac

Mac - マック

Macintosh の略称。

関連情報

2018年3月4日 (日)

Day One Premium をキャプチャツールとして使うことにした

image:/nDiki/2018/03/04/DayOne-2017-device-hero.jpg

2年前に使うのをやめた Day One を再び使うことにしました。以前は日記アプリとして使っていたのですが、今回は日々の出来事や思い浮かんだことをいったんキャプチャしておくためのツールとして使います。

キャプチャーツールとしての Day One

思い浮かんだことをキャプチャするのに

などなど試してきました。しかし

  • さっと書けること (PC・スマートフォンで)
  • さっと追記・編集できること (PC・スマートフォンで)
  • 数行書けること
  • キャプチャした日付が記録されること
  • キャプチャした1日分のノートを時系列順に日時/時刻付きでテキストデータとして簡単に書き出せること
  • 最終的に書き留める先(TwitternDiki・(プライベートの)デイリーノートmixi日記など)別に振り分けられるとさらに◯

というのを満たすものがなかなかなくて悶々としていた訳です。

という点がネックだったのと、日記は特定のアプリ/サービスにロックインされたくないというのとで Day One からは離れていったのですが、 Android アプリが去年リリースされたこともあってキャプチャーツールとして使うにはいいんじゃないかと再評価してみました。

久しぶりの Day One、操作性はバッチリ。Mac 版の Day One でエントリを複数選択してから [Open in] - [Plain Text] としてテキストエディタを指定すると、エントリ(日時あり)が並んだテキストファイルを開くことができて書き出しも簡単だということがわかりました。これで1日分の内容を Ulysses で楽にまとめることができます。

リマインダでキャプチャを促すこともできるので、書きそびれてあとで振り返れなくなることも少し減らすことができそうです。

しいて言えばあとは

  • 直接削除ではないごみ箱行き削除
  • エントリの編集履歴(1カ月程度)
  • エントリのマージ機能

があれば安心・便利ですが、無くてもほぼ大丈夫かな。

Android 版で Mac 版と同期するには Day One Premium が必要なので年額2,800円で購入することにしました。

これで日記書きが捗りそうです。

(画像dayoneapp.com/press/ の Press Kit より)

[ サブスクリプションサービス ]

スポンサード リンク
[ 3月4日全て ]

2018年3月5日 (月)

昨日 Day One Premium にしたのでいろいろ使ってみる

昨日 Day One Premium にしたので本日もりもり使ってます。 Mac では最近ずっと Ulysses をメインのノートツールにしていましたが、ここも Day One でやってみてます。

以下感想その他。

  • (Mac) Ulysses と違って都度編集モードにする必要があるのが慣れるまで手間 (編集モードトグルの command + E を速攻覚えた)。
  • (Mac) エントリを選択していない時の右側のペインの背景色がちょっとどぎつい。
  • (Mac) フォントサイズは 12pts ぐらいでもよさそう。
  • (Mac) [システム環境設定] - [機能拡張] で Day One を有効にしておく。
[ 3月5日全て ]

2018年3月6日 (火)

Mac アプリケーション PopClip をトライアル

Mac 上でテキストを選択すると AndroidiOS のようにメニューがポップアップしていろいろなアクションを実行させられる PopClip が便利そうなのでトライアルを入れてみました。

Day One・Alfred・UlyssesBuffer 用のエクステンションを追加しました。150回アクション実行まで試用できるので、使い勝手見極めてみます。

[ 3月6日全て ]

2018年3月7日 (水)

Day One のアクティビティフィード

iPhone 版の Day One にはアクティビティフィードという機能があり、ロケーション履歴認証しておいたソーシャルメディアの投稿を一覧表示できます。一日をふりかえって日記のネタを思い出すのに便利。 Android 版や Mac 版にも欲しい機能です。

Swarm でのチェックインが役に立つ日がきたので、もうちょっとこまめにチェックインしようかなと。

[ 3月7日全て ]

2018年3月8日 (木)

Day One の end-to-end encryption 待ち

Day OneiOS 版と Mac 版は end-to-end encryption 機能が入っているのですが Android 版でまだサポートされていないので有効にできません。早くこないかな。

有効にできるようになったら暗号化するジャーナルと暗号化しないジャーナルを作り分けて IFTTT などサーバーサイドの連携機能を試してみたいところです。

今日のさえずり: 自分のとこでも社内 Twitter オフ会やってみたいな

2018年03月08日

[ 3月8日全て ]

2018年3月9日 (金)

テーマカスタマイズが可能になったプレゼンテーションツール Deckset 2

image:/nDiki/2018/03/09/Deckset.png

Markdown でプレゼンテーションスライドを書ける Mac アプリケーション Deckset が 2 になって遂にテーマのカスタマイズができるようになりました。

早速試してみたところテーマをカスタマイズできる範囲は狭め。でも日本語フォントを指定できるだけでもだいぶスライドがいい印象になりました。もともと入っているテーマは「フォントが違えば」「色がもうちょっと違えば」「ここ中央寄せでなくて左寄せだったら」と、あとちょっと変えられればなと思っていたので、微妙にいじれるだけでも結構嬉しいです。

今後 Deckset 1 が保守されなくなることも考えて Deckset 2 を購入することにしました(有料アップデート)。今回から Mac App Store からの購入ではなくなって公式サイトからの購入です。 $29 で PayPal 経由で 3,199円。コンピュータ2台まで。

今まで Titillium テーマが一番気に入っていたので、これをちょっとカスタマイズして日本語に合ったテーマに調整してみます。

今日のさえずり: Google KeepメモDay One に移して Google Keep を空にした

2018年03月09日

[ 3月9日全て ]

2018年3月10日 (土)

PopClip for MacDay OneRemember The Milk にさっと追加できるようにした

image:/nDiki/2018/03/10/PopClip.png

Mac 上でテキストを選択すると AndroidiOS のようにメニューがポップアップしていろいろなアクションを実行させられる PopClip を今週試用してみたところまずまず便利だったので購入しました。

エクステンションを追加して Day OneRemember The Milk・Alfred・Buffer へ送れるように設定。特に Day OneRemember The Milk についてはそのアプリケーションの画面を開くことなく処理が完結できるので超捗ります。

ちなみに Remember The Milk にタスク追加するエクステンションは見当たらなかったので rumember (記事)を呼び出すエクステンションをさくっと作ってみました。

  1. ru.popclipext フォルダを作る。
  2. ru.popclipext/Config.plist を作る。
  3. ru.popclipext/ru.sh を作る。
  4. ru.rtm.png を作る。(省略可)
  5. Finder で ru.popclipext を開き PopClip にインストールする。

シェルスクリプト実行時に環境変数 HOME が設定されていなかったのでとりあえず決め打ちで指定しちゃっています。

Config.plist

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
 <plist version="1.0">
 <dict>
         <key>Extension Identifier</key>
         <string>org.naney.popclip.extension.ru</string>
         <key>Extension Name</key>
         <string>ru</string>
         <key>Actions</key>
         <array>
                 <dict>
                         <key>Title</key>
                         <string>ru</string>
                         <key>Image File</key> ← 省略可
                         <string>rtm.png</string> ← 省略可
                         <key>Shell Script File</key>
                         <string>ru.sh</string>
                 </dict>
         </array>
 </dict>
 </plist>

ru.sh

 #!/bin/sh

 if [ -x /Users/naney/local/rumember ]; then
     HOME=/Users/naney GEM_HOME=/Users/naney/local/rumember /Users/naney/local/rumember/bin/ru "$POPCLIP_TEXT"
 fi

今日のさえずり: 久しぶり。学びにきた。

2018年03月10日

[ 3月10日全て ]

2018年3月12日 (月)

Ulysses から nDiki 記事ファイルのある外部フォルダを削除する

Ulysses for Mac でのファイル操作(シート作成・移動など)が遅いので nDiki 記事ファイルが11,500ぐらいあるフォルダ(階層)を外部フォルダから外してみたところ、すっと速くなりました。残っているのは4,000ファイル弱。

公開している nDiki テキストと非公開な日記ノートUlysses でまとめて一つのアプリケーションで検索・編集できるのが便利だったのですが、いったん外したままにしておくことにしました。 nDiki の方は以前のように Emacs で。

Ulysses の強みの一つは unified なライブラリ機能だと思っているので、今後のパフォーマンス改善に期待したいところです。

今日のさえずり: エイプリルフール仕込み担当の皆様おはようございます

2018年03月12日

[ 3月12日全て ]

2018年3月26日 (月)

PlayMemories Home を入れて DSC-RX0α6300 から MacWi-Fi 転送

新しく買った DSC-RX0 ですが、防水のためにメモリーカード/端子カバーに防水パッキンがあり開け閉めがかためなこと、メモリカードがmicroSDカード(/microSDHCカード/microSDXCカード)と小さいものであることから、都度都度外して PC にするような面倒なことはしたくないなと思っています。

PlayMemories Home を Mac に入れることで Wi-Fi 転送ができるので昨日設定しておきました。

使うのは以下のポートということでうまく転送できない場合はセキュリティソフトで通信を許可するよう設定変更が必要かもしれません。

  • UDP ポート: 1900
  • TCP ポート: 2869

いったん設定が終われば [MENUボタン] - [ネットワーク] - [パソコン保存] で同じネットワークに接続している Mac に転送できます。便利。同様に α6300 も設定しておきました。

PowerShot G9 X Mark II も同様に Wi-Fi で転送したいのですが、CameraWindow DC for Mac OS X があいかわらず OS X El Capitan 10.11 / macOS 10.12 Sierra で Wi-Fi 接続不可なんですよね。

[ 3月26日全て ]

2018年4月3日 (火)

今日のさえずり: 渋谷川って洗えるんだ

2018年04月03日

[ 4月3日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.095129s / load averages: 1.57, 1.04, 0.74
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker