nDiki : Octave

GNU Octave

数値計算言語。

変数への代入

'=' を使う

 x = 5

代入で最後に ';' をつけると代入結果は表示されない。

変数の中身を表示

変数名

 x

変数一覧を表示

 who

変数のクリア

'clear' を使う

 clear x

行列

[, ] を使う。1行目から順に各要素を入力していき、行と行の間は ';' で区切る

 [1 2; 3 4]

行列の加算・減算

'+', '-'

  [1 2; 3 4] + [5 6; 7 8]

行列の積

'*'

 [1 2; 3 4] * [5 6; 7 8]

転置行列

行列の後ろに' をつける

 [1 2; 3 4]'

行列固有値を求める

eig を使う。

 eig([3 1 1; 1 2 0; 1 0 2])

固有値分解

eig を使う

 m = [1 2; 3 4]
 [v, lambda] = eig(m)
 m' * m
 v * lambda * v'

固有値は、lambda の対角成分に値の大きい順に並ぶ(絶対値順ではない)。

特異値分解 (singular value decomposition)

svd を使う

 [u, s, v] = svd([1 2; 3 4])
 u * s * v'

行列の各列ごとに2ノルム正規化

 function retval = normalize_column(M)
   [m, n] = size(M);
   for i = 1:n
      nr = norm(M(:, i));
      if (nr != 0)
        nv([1:m], i) = nr;
      else
        nv([1:m], i) = 1;
      endif
   endfor
   retval = M ./ nv;
 endfunction

 m = [1, 2; 3 4]
 a = normalizeColumn(m)

もっと良い方法があると思う。

別スクリプトを include する。

 source("script.m")

source は遅い。データ(行列)を読み込むだけなら load の方が良い。

sscanf

 [val, count] = sscanf(line, "%s")

では val は column vector にならずに、文字列が連結されてしまう。

関連情報

スポンサード リンク

2002年8月27日 (火)

Inline::Octave

Perl コードに直接 Octave のコードを埋め込むためのモジュール。 Octave を使った実験用プログラムを書くのによさそげ。

[ 8月27日全て ]

2004年6月14日 (月)

PDL疎行列

計算しようとしている行列が 2000 x 2000 次元を超えているので、PDLで素直に計算させるとしんどい。 PDLはネイティブに疎行列をサポートしていないので、独自に実装する必要があるので面倒だな(一応 CPANPDL::Sparse というのもあるにはある)。

外部で計算させようかとも思ったが、GNU Octave もネイティブサポートなし。

やはりPDL::PPを使って自前でPDL上に実装するしかないか?

[ 6月14日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.048116s / load averages: 0.23, 0.41, 0.44
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker