nDiki : Remember The Milk

Remember The Milk

スポンサード リンク

2019年2月6日 (水)

結局 IAP で再度 Remember The Milk Pro 購読

Apple In-App Purchase (IAP) 払いにしている Remember The Milk Pro を本日更新。

RTM バックアップ」→「IAP でのサブスクリプション終了」→「Google Play でサブスクリプション開始」→「バックアップをインポートして Pro のみのデータを復元」というストーリーを考えていたのだけれど2つ勘違いだった。

そもそも Google Play でのサブスクリプションが提供されていなかった

Android アプリで Pro にすれば Google Play でサブスクリプションできるだろうと思ってたんだけれど、そもそもその決済方法は提供されていなかった……。

あらら。結局個人的にお得な IAP で再度購読することに。わかっていれば自動更新すればそれで終了だった。

Pro をやめてもデータは残っていた

Pro のみのデータや設定である

  • サブタスク
  • 高度な並べ替えと分類
  • 100のテーマから選択できます
  • タグの色をカスタマイズ
  • 完了したタスクの記録 無制限

について Pro で無くなった時点で失われるのなら、再度 Pro にした時点でバックアップから復旧しないといけないかなと思っていた。

実際のところ(今回は) Pro で無くなった時点で「機能が無効になる & サブタスクにアクセスできなくなる」となったのだけれど、Pro で再度購読(1時間以内)した時点で元通りに戻った。そうだったんだ。データが消えないかビクビクしていたけれど、面倒なくて良かった。

[ サブスクリプションサービス ]

スポンサード リンク
[ 2月6日全て ]

2019年4月4日 (木)

Remember The MilkiCalendar フィードは不具合あり

schedule タグをつけたタスクの中から、さらにいくつかの条件で絞り込んだスマートリストを Remember The Milk で作成し、その iCalendar フィードを Google カレンダー側で読み込むように以前設定した。

しかしそういえば Google カレンダーでその予定をみかけないとふと気がついたのでフィードの中を見てみたら、イベントとしてうまく書き出されていなかった。あらら。

iCalendar フィードが全部駄目という訳ではなくて、検索式によっては問題ないものもある。Remember The Milk のフォーラムをみたらどうも既知の不具合っぽい。あらら。

iCalendar フィードを使う場合には、いったん中身をチェックする必要あり。

[ 4月4日全て ]

2019年4月11日 (木)

iCal Import/Export CalDAV Pro で Google カレンダーと同期させる

Google カレンダーiCalendar (iCal) 形式のカレンダーを URL を指定して追加できるのだけれど、相変わらず更新間隔が長いので実用に耐えない。

iCalendar カレンダーを Google カレンダーで表示させるには、Google カレンダーに巡回させるのでは無く、外部から同期させた方が良い。そう思って iCalendar を同期させられるものが無いかと探したところ iCal Import/Export CalDAV という Android アプリを発見。

このアプリを使えば、ログイン済み Google アカウントGoogle カレンダーからカレンダーを選び、そこに指定した URLiCalendar カレンダーをインポートできるのだ。

インポート設定 (Import settings) で好きなタグ(文字列)を設定し、More settings の中の Search a given event before imprting in the local calendar and delete: で Event をオンにしておけば、次回以降のインポート時に iCalendar カレンダー側で存在しなくなったイベントGoogle カレンダー側から削除してくれるので、イベントが重複することもない。

Pro 版は定期実行が可能なので例えば1時間に1回自動的に同期させることができる。期待通りの動作だ。

さっそく先週の金曜日に Remember The Milk に3つのスマートリスト scheule(予定)・event(気になるイベント)・due(重要な締切)を作り、それぞれ1時間に1回 Google カレンダーに同期するように設定してみた。うーん、便利。

[ 4月11日全て ]

2019年5月26日 (日)

今日のさえずり: U.S.A. の歌詞に「タイムマシーン」って出てくるとずっと思っていた

2019年05月26日

[ 5月26日全て ]

2019年5月27日 (月)

個人 OKR をやってみる (1)

部門で OKR をやってみよう思う。

その前に自分の理解を深めておくために、個人 OKR を立てて実践してみることにした。あまり考え過ぎずに始めて、疑問にぶつかったり失敗したりしながらやり方を学ぼうと思う。

高速にイテレーションを回して失敗するために、あえて1週間サイクルで始めてみる。

やったこと

  • OKR を1つ立てた。KR は3つ。それぞれの KR にアクションを設定。
  • Remember The Milk に O - KR - アクションを登録(GTD としてすでに入れてあった重複のものを削除)。
  • 毎日 OKR をふりかえるルーチンワークを設定。

起きたこと・わかったこと

  • 自分の中で優先度が上がった。
  • 四半期 OKR は3〜5項目程度とのこと。1週間なのでまず今週は1つで。

トライすること

  • GoogleOKR スプレッドシート (OKR スコアカード) を使ってみる。
[ 5月27日全て ]

2019年7月29日 (月)

仕事に集中して生産性を高められるよう RTM のスマートリストを変更

気を散らせないで仕事に集中する力がちょっと下がっているかなとふりかえり

いつだったか Remember The Milk のスマートリストを整理して、個人のタスクと仕事のタスクの両方を一緒にチェックできるようにしたのが悪影響を及ぼしているかも。

再度分離してみる。

[ 7月29日全て ]

2019年10月16日 (水)

今日のさえずり: 「パークコート渋谷 ザ タワー」 ザの前後に空白を入れるのがこだわりみたい

2019年10月16日

[ 10月16日全て ]

2019年10月25日 (金)

will do リスト作りをやっぱり朝に

will do リスト(クローズドリスト)を前日に作成するフローにしていたのだけれど、夕方〜夜は時間やエネルギーが足りないようでやれないことの方が多かったのでやっぱり当日の朝にやることにした。

それから自分の場合「今日やるタスク (will do)」「今日中にする緊急のタスク」「今日できたらやるタスク」の両方が Remember The Milk(RTM) の1つのリストに表示された方が見通しがよくストレスが無いので、RTM 上の優先度設定の見直しとスマートリストの修正をした。

[ 10月25日全て ]

2019年10月29日 (火)

今日のさえずり: Gmailメールを表示しアドオンでタスク追加すると、タスクに設定されたリンク元から Gmail 上のメールを開けるようになる

2019年10月29日

[ 10月29日全て ]

2019年12月31日 (火)

2019年にお金を払ったサブスクリプションサービス

今年も棚卸しをかねて2019年にお金を払ったサブスクリプションサービスを書き出してみるよ。以下税込額。今年支払ったのは61,302円。10月から消費税が増税したので計算が面倒(月額サービスは発生月で計算することにする)。年末時点で継続しているもので月6,928円ほど。

昨年支払ったのが64,414円だったので3,112円減。支払いサイクルなどの関係もあったか去年より安く済んだんだな。ほー。来年は YouTube Premium ファミリー プランが12カ月フルになるのと Flickr Pro の更新があるのとで、過去最高になりそうではある。

今年新しく開始したサブスクリプションは Google OneYouTube Premium ファミリー プランとどちらも Google のサービス。両方満足している。

今年支払ったもの

さくらのレンタルサーバ プレミアム (継続)

レンタルサーバ。この nDiki の公開とメールボックスが主な用途。2009年に契約して安定稼働しているので乗り換えることもなくずっと利用継続中。

Remember The Milk Pro (タスク管理ツール) (継続)

年額4,800円(Apple In-App Purchase)。

一番使いやすいタスク管理ツール。2007年に使い始め、最初に Pro にしてみたのは2010年

Ulysses (テキストエディタ) (継続)

年額3,300円 (Apple In-App Purchase)。

テキストファイル編集管理全般に使っていたテキストエディタ (Mac アプリケーションiOS アプリ)。

Ulysses 18 for Mac からフォーマット無しのテキスト(プレーンテキスト)として表示・編集する機能が無くなったので11月からメインのライティングアプリを iA Writer に変えた

このままいくと来年の更新はやめるかもしれない。

mixiプレミアム (継続)

mixi のプレミアム会員サービス。mixi日記の表現力がアップするなどのプレミアムサービスを利用するのに登録中。登録しているといろいろな機能がちょっとずつ便利になる。

Amazonプライム (継続)

年額4,900円(クレジットカード払い)。

Amazon.co.jp のプレミアム会員サービス。今年3,900円から値上げされた。

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」で1年延長されたので来年は支払い無し。

Evernote プレミアム (継続)

年額5,200円(Google Play 支払い)。

ノートアプリのプレミアム会員サービス。利用頻度は低いけれど、スキャンした PDF ファイル置き場になっているのでやめられない。

Adobe Creative Cloudフォトプラン (継続)

Lightroom Classic CC は週のうち何日かは使っていて無くてはならない状態。

Google One (新)

年額2,500円(Google Play 支払い)。

Google アカウントのストレージ利用が Google フォトを中心に 15GB を超えたので年間プランで契約今年は Google One メンバーに Google Home Mini が配られたので実質無料。

YouTube Premium ファミリー プラン(新)
  • 月額1,780円(Google Play 支払い)。
  • 1年あたり: 5,340円(来年は21,360円予定)。

YouTube広告の質がだんだん悪くなって不快に感じるようになったのと、何かしら音楽の定額配信サービスを使いたいなと思って登録。利用しているサブスクリプションサービスの中ではめちゃ高い。広告が出なくなったのシンプルに快適だし、音楽配信も自分・で結構利用しているのでまあお値段相応の価値は感じている。

今年は支払いが無かったもの

支払いサイクルやポイント利用などで今年は支払いが無かったもの。支払っていたら1年あたり5,345円相当。

Flickr Pro

2年間44.95ドル、5,146円(PayPal 払い)。1年あたり2,573円。2018年に2年間分更新したので今年は支払いなし。

写真共有サービスのプレミアム会員サービス。ほとんど使用していないのだけれど nDiki の古い記事で表示に使っているところがあるので継続。nDiki で表示に使うのをやめたら Pro は止めるつもりでいる。

でも来年2月4日までに捨てられないかも。次回更新は1年で $49.99 と倍以上になっているので早く止めたい。

naney.org ドメイン (継続)

3年間4,860円(クレジットカード払い)。1年あたり1,620円。

さくらのレンタルサーバにした頃に VALUE-DOMAIN へ移管したあとずっと継続。

一昨年更新したので今年は支払いなし。

ラピッドSSL

3年間3,456円。1年あたり1,152円。

2017年に再発行があり無料で3年延長されたので2020年まで有効。

2019年に止めたもの・更新しなかったもの

Day One Premium

年額 2,800円(In-App Purchase)。今年は更新せず。

[ 12月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.075538s / load averages: 0.44, 0.49, 0.51
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker