nDiki : Squid

1999年1月20日 (水)

Squid-2.1.RELEASE-src.tar.gz へ更新

自機 Linux on PORTEGE 7010CT の SquidSquid 2.0/PATCH 2 から更新。

 $tar zxvf squid-2.1.RELEASE-src-tar.gz
 $cd squid-2.1.RELEASE
 $./configure --prefix=/usr/local/squid
 $make all
 #su
 #mv /usr/local/squid /usr/local/squid-old
 #make install
 #rm /usr/local/squid/etc/squid.conf
 #ln -s /etc/squid.conf /usr/local/squid/etc/squid.conf
 #cp /usr/local/squid/bin/RunCache /usr/local/squid/bin/RunCache.original
 #cp /usr/local/squid-old/bin/RunCache /usr/local/squid/bin
 #mkdir /usr/local/squid/cgi-bin
 #cp /usr/local/squid/bin/cachemgr.cgi /usr/local/squid/cgi-bin

squid.conf は /etc/squid.confにおくようにしている。 また RunCache で起動すると DNS のチェックを行うのだが、これだとネットワーク未接続時に DNS が接続できずエラーになってしまう。 ノート PC では、ネットワークに接続していないこともあるのでこれは困る。 ので、同スクリプト中の squid の呼び出しに -D オプションを追加している。 また logdir を /var/squid にし squid.outを同ディレクトリに出力するようにしている。

また既に前のインストール時に、

 #mkdir -p /var/squid/logs
 #chown -R nobody:nogroup /var/squid

などの設定が済んでいる。また Apache の設定として srm.conf に

 ScriptAlias /Squid/cgi-bin/ /usr/local/squid/cgi-bin/

を追加し、access.conf に

 <Location /Squid/cgi-bin/cachemgr.cgi>
   order deny,allow
   deny from all
   allow from localhost
 </Location>
スポンサード リンク
[ 1月20日全て ]

1999年1月21日 (木)

orion firewall 設定実験

ipfwadm を使って firewall の実験を行う。 10Base-T のケーブルが無かったので他の研究室の吉田君に貸していだたく。 最初はよくわからなかったが、分ってくるとそれほど難しいものでもない。 基本的には中継せず、必要な部分だけ穴をあけていくことにする。 詳細はもう少しまとまってきてから。 とりあえず Squid いれて HTTP を通りやすくしなくては。

[ 1月21日全て ]

1999年1月27日 (水)

orion に Squid 2.1 PATH2(squid-2.1.PATCH2-src.tar.gz) をインストール

デフォルトと違う部分は、squid.conf を /etc の下におくことと、cache を /var/squid の下におくこと。

 $tar zxvf squid-2.1.PATCH2-src.tar.gz
 $cd squid-2.1.PATCH2
 $./configure --prefix=/usr/local/squid
 $make all
 $su
 #make install
 #mv /usr/local/squid/etc/squid.conf /etc/squid.conf
 #ln -s /etc/squid.conf /usr/local/squid/etc/squid.conf
 #mkdir -p /var/squid/logs
 #chown -R nobody:nogroup /var/squid
 #emacs /etc/squid.conf
 #su nobody
 $/usr/local/squid/bin/squid -z
 $exit
 #/usr/local/squid/bin/RunCache

RunCache はデフォルトのままだと /usr/local/squid/squid.out というファイルを作ろうとするので nobody では起動できない。

squid.conf の変更点は

  • cache_dir のディレクトリを /var/squid/cache に。
  • cache_access_log を /var/squid/logs/access.log に。
  • cache_log を /var/squid/logs/cache.log に。
  • cache_store_log を /var/squid/logs/store.log に。
  • pid_filename を /var/squid/logs/squid.pid に。
  • acl konlablocal src 192.168.1.0/255.255.255.0 を追加。
  • http_access allow konlablocal を追加。
  • cache_peer_access allow konlablocal を追加。

あとはブート時の設定 /etc/rc.d/rc.inet2 に

 if [ -x /usr/local/squid/bin/RunCache ]; then
     /usr/local/squid/bin/RunCache &
     echo -n " squid"
 fi

を追加。

[ 1月27日全て ]

2008年2月21日 (木)

今日のさえずり - 4C-0.4 芯って予想以上に細い

2008年02月20日

2008年02月21日

  • 00:07 P3 を 2.37 から 2.50 に上げて久しぶりに起動。しばらく見ない間にさらに改良されている。
  • 00:10 @lynmock Linux ユーザとしては設定ファイルが ~/.P3_PeraPeraPrv に入ったのが嬉しいですね。
  • 10:12 4C-0.4 芯って予想以上に細い。滲みがないからハイテックCより細い字が書けるな。ただ髭が出る。
  • 12:10 久しぶりに SquidRed Hat Linux 8.0 BOX に Squid 2.6 をソースからインストール。すんなりはいった。
  • 12:32 アトレ大井町、今日は休館日か。
  • 17:19 先週の金曜日にかっちゃんが死んだので、明日のタッチは見逃せない (TOKYO MX)。
  • 19:45 SO905iCSiアプリモバイル Google マップダウンロードできるようになった。現在位置取得も OK。[mb]
  • 22:30 3日前にケータイ保障 お届けサービス申し込んだので、ドコモプレミアムクラブガイドブックが郵送されてきた。
[ 2月21日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.049181s / load averages: 0.50, 0.46, 0.42
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker