nDiki : Time::Local

2003年12月23日 (火)

Time::Local::gmtime の範囲チェック

Perl 5.8.x だと、Time::Local::gmtime できちんと範囲チェックが動作している(範囲外だと croak される)のだが、Perl 5.005_03 では必ずしもそうではないようだ。 WiKickerデバッグ中に発見。

でソースを読んでみると、古い Time::Local では cheat サブルーチンで

  • 範囲チェック
  • 指定した年月の開始 gmtime を計算し、%cheat にキャッシュ

している。同一年月での2度目以降 timegm 呼び出しでは %cheat キャッシュを使用して cheat サブルーチンを呼びにいかないので、範囲チェックが実行されないという塩梅。 つまり 2003年1月1日… で一度 timegm を呼び出すと2003年1月に関しては以降 cheat サブルーチンは呼ばれないため、次に 2003年1月33日…で読んでもエラーにしてくれないというわけ(最初に2003年1月33日…で呼んだ場合はちゃんとエラーになるので逆に厄介)。

Perl 5.8.0 以降に標準ではいっている Time::Local ではきちんと毎回チェックする。 うるう年・大の月/小の月も考慮してチェックされる(v5.8.0 より前のでは 31 より大きいかのチェックのみ)。

であり、CPAN では 5.005_03 でも動作する Time::Local パッケージ (1.05~)が公開されている。

Time::Local 1.04 以降を PREREQ_PM にしてもいいのだが、5.005_03 な利用者にとってはインストールするのも面倒か。 最低限のエラーチェックを自前で用意して、互換になるようにした方がいいかな。

スポンサード リンク
[ 12月23日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.153499s / load averages: 0.65, 0.58, 0.64
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker