nDiki : Tomcat

2001年12月5日 (水)

[ Java ] 22:30 Cocoon2 はどうかな?

最近、本サイトの生成フレームワークを一新すべく模索中(現在は XML + 自作 Perl スクリプト)。 今の最有力候補は XML + Ant + Xalan。 他にいろいろ見ていたら、Cocoon 2 はどうかなと。 XML から XSLT 他を用いて HTML とか WML とかを生成する server application なんだけど、ローカルで立ちあげて Wget とかでローカルに静的なファイルとして落とせば、それをサーバに置けるんじゃないかなぁ。 すぐ思いつく問題は、

  • 「make 的(必要なファイルのみの)更新」(毎回すべて更新されるとサーバへのアップロードで困る)、
  • SSI がちょい面倒?」(Coccoon 2 では処理しないでそのまま出力させる)、

「コンテントネゴシエーションまわり」(en, と ja を別々のファイル名できちんととりだせるか)

等々。ドキュメントだけ静的にアーカイブしたものとかあるから、静的なファイルに落とせるんだろうなとは思いつつ。 とりあえず、インストール。 まず先に Tomcat

 cd /usr/local
 tar zxvf jakarta-tomcat-4.0.1.tar.gz

次 Cocoon 2

 cd /usr/local
 tar zxvf cocoon-2.0-bin.tar.gz
 cp /usr/local/cocoon-2.0/cocoon.war /usr/local/jakarta-tomcat-4.0.1/webapps/

Tomcat がデフォルトで 8080 ポートをつかうのだが WWWOFFLE が既に使っている。 Tomcat の方をずらすより、WWWOFFLE の変更の方が勝手がわかるのでそちらをずらす。 で

 /usr/local/jakarta-tomcat-4.0.1/bin/startup.sh

で起動。http://localhost:8080/cocoon/ に Galeon でアクセス。 一発目は非常に遅い。他のページも一度目は閲覧は遅いがキャッシュが効くので次からはそれほどでもない。

とりあえず、ドキュメントを読んでいろいろ調査。

スポンサード リンク
[ 12月5日全て ]

2002年1月22日 (火)

13:45 Tomcat 3.3 in sid

tomcat パッケージは wwwoffle パッケージと Conflicts: になっている。 ポートがかちあうだけのようなので、wwwoffle の wwwoffle-port = 8081 を別のポートに逃がす。 以前 Tomcat 4 を入れた時に http-port=8080 は逃がしたのだが、こっちは逃がしてなかった。 Debian の tomcat 3.3(-2) パッケージはご丁寧に junkbuster とのかちあいを避けるために デフォルトの 8080 ではなく 8081 を使うようになっているため、こっちと衝突したというわけ。

 apt-get install --download-only tomcat
 dpkg --install --force-conflicts /var/cache/apt/archives/tomcat_3.3-2_all.deb

で強制インストール

[ 1月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.064849s / load averages: 0.46, 0.46, 0.41
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker