nDiki : WiKicker

WiKicker

スポンサード リンク

2007年3月1日 (木)

WiKickerソフトウェアかんばん

情報カードベースでソフトウェアかんばん(ストーリーカード + タスクカード)を作っている開発プロジェクトがあるのだが作ったっきりあまり活用されていないので、今回は試験的に WiKicker による Wiki 上でかんばんを作ることにした。

まだ荒削りだけれども、まずはとにかく以下のルールで始めてみる。

ルール

カードの作り方

基本的には 1カード毎に WikiPage を作るようにする。 ページ名はストーリーカードを表す SC と 状態 (TODO / DOING / DONE) を含む名前にする。

  • SC/TODO/<ストーリー名>
  • SC/DOING/<ストーリー名>
  • SC/DONE/<ストーリー名>

タスク名も同様に作る。

  • TC/TODO/<ストーリー名>
  • TC/DOING/<ストーリー名>
  • TC/DONE/<ストーリー名>

カードの内容は XP で扱っている内容で。 新規作成が楽なようにテンプレートページを作っておき、これをコピーして作れるようにしておく。

状態変更

TODO -> DOING -> DONE という状態変化にあわせて、WikiPage 名を変更してページを移動させる。

 例:
 TC/TODO/名前をつけて保存メニューを追加
   |
   V
 TC/DOING/名前をつけて保存メニューを追加
   |
   V
 TC/DONE/名前をつけて保存メニューを追加
一覧ページの作成

SC/TODO、SC/DOING、SC/DONE、TC/TODO、TC/DOING、TC/DONE ページを作りそれぞれに、子階層の一覧を表示させる (WiKicker の [[index:child]] を使用)。

参照

タスクカードからは「SC/<ストーリー名>」という名前で、ストーリーカードへリンクさせる。

WiKicker では「SC/<ストーリー名>」というページない場合、「SC/*/<ストーリー名>」というページを探してリンクしてくれる。この機能のおかげで、状態にあわせてページ名を変更してもリンクはそのままで追従してくれる。

担当者

担当者が割り当てられて実行中のタスクカードには [[DOING:担当者名]] という文字列を記述しておく。

「DOING:担当者名」で検索することで、各担当者が何を実行中なのかリストアップすることができる。また DOING: を「DOING:担当者名」を検索する Wiki 自身への InterWiki として定義しておくことで、この記述自体を検索結果へのリンクとすることができる。

スポンサード リンク

WiKicker / DiKickerAutomaticLink 長を可変にした

「が」や「は」など頻出する文字の WikiPage を作ってしまった場合、それらに対して自動リンクが働いてしまうと大変なことになるので、WiKicker では2文字以上のみ対象とするようにしていた。

しかし nDiki を書いていて、1文字のキーワードも自動リンクしたいという風に思えてきていた。 誰でも書ける Wiki の場合には危険で制約が必要だけれど、全てのキーワードが著者のコントロール化にある DiKicker では1文字のキーワードに対して自動リンクが働いても問題ないだろう。

ということで自動リンクが働く最低文字列長をプロパティで設定できるようにした。 2004年ぐらいからほとんど手をつけていなかった、AutomaticLink 処理モジュールを久しぶりにメンテナンス。 もともと2文字以上を前提でコーディングしてあったので、trie 部分などが1文字できちんと動くか確認した上で、文字列長チェックを可変に修正。 WiKickerDiKicker 両方で設定で変えられるようにした。

またあわせて、英単語の部分文字列に対して自動リンクしないようにする処理も改善。 今までは `downloaded' に対して `loaded' はマッチしないようにしていたものの、'download' はマッチしてしまっていた。 このあたりを改善。


[ 3月1日全て ]

2007年3月7日 (水)

自動リンク機能改善による悪影響

www.naney.org がどうもまた最近重い。

load average が 30 前後まで上がっている。 しばらくするとだんだん落ちついてくるのだが、3 以下になったところでまた 30 前後までまた一気に上がるというのを繰り返している。 load average で振る舞いを変えるのは WiKicker / DiKicker の特徴なので、これはうちが原因かも。

調べてみると SpeedyCGI のフロントエンドのプロセスが順番待ちで大量に起動している。

どうやら先日追加した自動リンクの機能改善にかかわるコード修正による、若干の処理速度の低下がまずいようだ。

速度が上がるようにちょっと修正してみたけれどまだ駄目なようなので、しかたなく単語の連接チェック部分を一時コメントアウトして対応。

今後、自動リンクまわりの更なる高速化がする必要がありそう。


[ 3月7日全て ]

2007年4月3日 (火)

WiKickerJSON でのページ出力機能を追加

最近は DiKicker ばかりに手を入れていたが、久しぶりに WiKicker の改良も行っている。 しばらく前から実装を始めていた JSON 形式での出力機能が今日完成。

今までは WikiPage について

  • HTML 形式による出力
  • Wiki 文法で書かれている生テキスト形式による出力

という2つの出力形式を持っていたので、JSON が加わることで3つめとなる。

サーバ側で WikiPage の構文解析まではやる

クライアントサイドの JavaScript でページの内容に合わせて様々な処理をできるように、サーバ側で構文解析まではしてあげるというのが主な目的。

JavaScript でまたパーサを書いてメンテしていくのも大変なので、その部分はサーバでやってしまおうかと。 構文解析した結果の解析木を JSON 形式で返して、JavaScript 側であとはお好きにという形。

CPAN にある JSON モジュールを使用

サーバ側の Perl プログラムには、構文解析をして解析木を作れるようになっている。 この解析木から Visitor パターンで JSON 形式を生成していく。

依存モジュールを増やすことを避けるべく、最初は自前で JSON 形式に変換していこうと思ったのだがやっぱり面倒だった。 ということで CPAN にあるモジュールをチョイス。

JSON 関連では JSONJSON::Syck、JSON::PC などがあるが今回はインストールのしやすさを考えて pure Perl モジュールとして実装されている JSON を採用することにした。

Visitor クラスで解析木を無名ハッシュ/無名配列のツリーに変換して、JSON モジュールに流しこめば OK。

 use JSON;
 my $json = JSON->new(pretty => 1);
 my $js = $json->objToJson($tree);

WiKickerフレームワークにはフォーマット別に出力を切り換える機構があるので、これに JSON を追加して application/json で送るようにして完成。

ちなみに残念ながら JSON 1.07 は Perl 5.005_03 では make test が fail するので、NaneyOrgWiki では使えない。


[ 4月3日全て ]

2007年5月30日 (水)

WiKicker 0.420 リリース - 変更いろいろ

去年の12月3日以来、約半年ぶりのリリース。 リリースしそびれて、随分変更を累積してしまった。 以下主な変更点。

バージョン番号形式を変更

前回の 0.41 に対して、今回は 0.420 とした。 浮動小数点数的には、増分 0.01 で今まで通り。

今後 version.pm が普及した時のことと、developer release を出す時のことを考えて小数点以下3桁ずつのスタイルに移行することにした (関連記事)。

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

2007年1月に実装。 編集ページや履歴ページが検索エンジンに登録されないようにするための機能。

<a rel="nofollow">

2007年1月に実装。 リンク spam 対応。

AutomaticLink 長を可変にした

2007年3月に実装。 特に DiKicker で1文字キーワードによる自動リンクを有効にするために追加した。

'/' の前を省略した自動リンクを有効にするか無効にするかを設定できるように

前述の機能で1文字での自動リンクを有効にしたら、不便な面が出た。

WiKicker / DiKicker では '/' を階層の区切り文字としても扱うことができるようになっていて、サフィックス部分だけでも自動リンクするようになっている。 自動リンクを1文字にしたら「OS/2」というキーワードに対して '2' でも自動リンクが働き、望まないリンクが張られるようになってしまった。 DiKicker では階層的キーワードは無くてもあまり困らないので、'/' の前を省略した自動リンクを無効にできるようにした。

JSON 形式データ出力

2007年4月に実装

(DiKicker) はてなブックマーク数表示機能を追加

2007年1月に実装

(DiKicker) はてなブックマークエントリーページへのボタン表示機能を追加

2007年1月に実装

(DiKicker) grep 検索機能を追加

2007年2月に実装。自分としては重宝している。

(DiKicker) キーワード記事の下部への文字列挿入機能

Google AdSense 挿入用。

(DiKicker) サーバの負荷が高くなったら 503 を返して沈静化を待つようにした

2007年4月に実装 load average をチェックして負荷が高い時は、503 を返すようにした。

内部コードの結構な書き換え

ソースコードを結構いじった。 deprecated なメソッドの削除も実施したので、0.41 以前から派生しているソフトウェアは多くの場合修正が必要。


[ 5月30日全て ]

2007年8月23日 (木)

無制限 HTML タグ付けブロックを使って nDikiGoogle Maps を貼る

Google Maps が ID を取得しないでも簡単に自分のサイトに貼れるようになった。 Google Maps で表示される HTML コードをページに埋め込めば、好きな場所の地図を貼ることができる。 これは嬉しい。

早速 nDiki でも貼りたい。

しかし WiKicker という WikiEngine をベースとした DiKicker を使っている nDiki では、現在のところ直接 HTML コードを使えるようにしていないのである。

HTML タグ付けを許すのは嫌」というスタンスできたのだが、他のサービスを貼るという魅力にはやはり勝てないな。 HTML 直書きを許すのは大局的にはデータ活用性などで好ましくない部分もあるが、各種サービスを活用できないで利用価値が下がるのは本末転倒なので、わかった上で使うということで。

ということで nDikiHTML タグ付けブロック機能を有効に設定。

ちなみに現行では HTML::Scrubber ベースで、使えるタグ・属性に制限をつけるフィルタしか用意してなかった。これだと Google Maps のコードがそのまま貼れない。 ということで「DiKicker」および「書く人が限定されているような Wiki」での利用を想定した無制限にスルーするフィルタモジュールを新規追加。

これで Google Maps を貼れるようにした。

では早速。


拡大地図を表示

[ 8月23日全て ]

2007年11月23日 (金)

最近の Twitter ステータスを nDiki最近のさえずり」ページに自動表示

11月9日から「Twitter ステータスを nDiki サイドバーに表示」しているのだが、それで使っているスクリプトにちょっと手を加えて「最近のさえずり」という nDiki ページを自動生成/更新するようにした。

サイドバーRSS フィードと同じく最近の20件を表示するのに対し、最近のさえずりページには数日分表示するようにした。

ここ最近は Twitter のステータスをとりまとめて、ライフログ的に nDiki に上げているのだが、今までは Twitter Web ページやサイドバーの部分から手作業でコピーして日時やリンクを整形していたので面倒であった。

今回の(30分毎に)自動更新するページは最初から WiKicker / DiKicker 用の Wiki 文法で出力している。 なので、これからはこの自動生成ページから必要なものだけを抜き出して貼り付ければよい。 これで楽ちんになるはず。

ほぼ自分用。自己満足。


[ 11月23日全て ]

2008年1月7日 (月)

ケータイ用にプライベート Wiki を設置

パケ・ホーダイ契約してから、MovaTwitterRTMモバイル Gmail などで携帯電話を活用するようになった。そんななか、決定打がないのが、ノートアプリケーション。電車の中などの隙間時間に、この nDiki の 下書きなどはケータイでできるようにしたい。

Google ドキュメントが使えればいいが、前年ながらまだiモードでは使えない。 メールベースでやる手もあるが、メモには良いものの再編集を繰り返したいようなものに難がある。

ということで自前でプライベート Wiki を立てそこに書き込んでみることにした。

iモードから WiKicker

使う WikiEngine はいつも通り自作の WiKicker

書き込んだテキスト内のキーワードを nDiki自動リンクさせることができるので、パーソナルナレッジベースとして自分にとっては一番便利。書式も同じなので、Wiki に書いた下書きを、そのまま nDiki で使える。

肝心のケータイからの書き込みだが Ajax 等凝った技術を使っていないおかげで、問題なく FOMA 端末(D703i)からiモードで読み書きできた。WiKickerUTF-8 でページを出力しているが、網側か端末側の処理かは知らないが今のところ問題なし。

なお認証は簡単に Basic 認証で済ますことにした。 安全とは言えないがそれほど重要なデータを置くわけではないしいいかな。 cookie は必要ないし WikiEngine に手を入れなくてもよいので、すぐできるのはコレ。

ユーザ名とパスワード付きのトップページ URL を端末でブックマークしておけば1発でアクセスできる。

Google Mobile Proxy 経由で使う

これでケータイ(と PC)から使えるプライベート Wiki を設置できたわけだが、なにぶんもともとケータイをサポートしている WikiEngine ではないため、長いページの分割機能などはないのがちょっと不安。PageName で生成される URL が長くなった時の振る舞いもちょっと不安。

そこで Google Mobile Proxy (http://www.google.co.jp/gwt/n) 経由で Wiki を使うことにした。 ページを携帯端末向けに変換してくれる proxy で、Basic 認証もできるしフォーム の POST もできる。

Google Mobile Proxy 経由で見たページ内のリンク先も全て自動的に proxy 経由になるので、 PC 向け Web ページの URL を書いておけばそのまま携帯電話で見ることができる。

安全のためか、比較的短い一定時間立つと認証の再確認画面が表示されてしまうが、ユーザ名とパスワードを入力すれば、セッションは継続される。 テキスト編集に時間がかかってしまうと POST する時にひっかかってしまい認証の再入力がちょっと面倒だが、再認証が通れば POST リクエスト自体は有効で書き込みがロストすることはないようだ。

しばらくはこれで読み書きしてみよう。


[ 1月7日全て ]

2009年12月23日 (水)

今日のさえずり - チョコレート臭のするリップクリーム塗られた

2009年12月22日

  • 09:36 東京水のお父さん若すぎ。娘はいくつの時の子だ?
  • 09:46 今年もビックカメラでカレンダーご自由にお持ちくださいになってるな。これって例年通り1枚もの? 車窓から見下ろしているからよくわかんない。 L:有楽町
  • 11:20 カシオ計算機株式会社の高精度計算サイト keisan で二項分布のグラフチェックしている。このサイト便利だな。 http://bit.ly/6H554E
  • 11:36 やはり結果が二項分布になっていなかったのは毎回 new System.Random().NextDouble() されていたからだな。1つの Random オブジェクトを使うように修正しておく。
  • 12:32 清まる東京ミートレア店のチラシに「住所かけ」と @nyafuru に指示された。
  • 12:34 泣く泣く書いた。 QT @Naney: 清まる東京ミートレア店のチラシに「住所かけ」と @nyafuru に指示された。
  • 12:45 2009年12月18日の歩行: 5898歩、4.54km、51分、5.29km/h、消費 224.9kcal、脂肪燃焼 32.1g、3.3エクササイズ。
  • 12:46 2009年12月19日の歩行: 3750歩、2.88km、34分、5.05km/h、消費 146.9kcal、脂肪燃焼 21.0g、2.0エクササイズ。
  • 12:48 2009年12月20日の歩行: 569歩、0.42km、5分、4.48km/h、消費 21.6kcal、脂肪燃焼 3.1g、0.3エクササイズ。
  • 12:49 2009年12月21日の歩行: 8585歩、6.60km、73分、5.37km/h、消費 337.8kcal、脂肪燃焼 48.2g、5.0エクササイズ。
  • 13:02 今日は窓ガラス清掃の日か。
  • 15:15 何でダイワハウチュなんだ? - デスクトップジーヴォβ http://bit.ly/4n80D1
  • 17:03 歯医者なのでそろそろ会社出ます。
  • 17:27 ヨドバシカメラ同時プリント回収。
  • 18:21 歯医者行ってくる。
  • 18:27 歯医者到着。腹減った。
  • 19:01 歯の定期健診終わり。なんかチョコレート臭のするリップクリーム塗られた。
  • 19:03 少し歯石があるぐらいで良く歯磨きできているとのこと。
  • 19:06 デンタルフロスほとんどサボっていたので気になっていたが問題なし。その事について聞いたらできればしてくださいと苦笑いされた。
  • 24:19 さくらのレンタルサーバWiKicker インストール中。
  • 25:48 さくらのレンタルサーバDiKicker を動くようにした。サーバ移転してもこれでとりあえず nDiki は維持できそう。
  • 25:51 さくらのレンタルサーバCGI::SpeedyCGI を make test すると途中でサーバ側から SSH 接続切断される。テストで大量にプロセスが起動されるのでそれで切断されちゃうのかな。
  • 26:55 寝る。

2009年12月23日


www.naney.orgさくらのレンタルサーバへ移転

naney.org メールサーバの移転に次いで、Web サーバの移転作業。

静的コンテンツのアップロード

現行 Web サーバUnisonファイル同期している Web コンテンツを、さくらのレンタルサーバUnisonファイル同期

WiKickerインストール

nDiki 用に DiKicker (WiKicker) を make install。

 %bash
 $perl -MCPAN -e mkmyconfig
 $perl -MCPAN -e shell
   o conf makepl_arg PREFIX=/home/naney/local/WiKicker
   o conf mbuildpl_arg --install_base=/home/naney/local/WiKicker
   o conf commit
   notest install CGI::SpeedyCGI

 $tar zxvf WiKicker-0.420.tar.gz
 $cd WiKicker-0.420
 $export PERL5LIB=$HOME/local/WiKicker/lib/perl5/site_perl/5.8.9
 $perl Makefile.PL PREFIX=$HOME/local/WiKicker
 $make
 $make install

以前きっちり Module::InstallMakefile.PL を作っておいたおかげで、比較的スムーズにインストールできた(自画自賛)。

ちょっとはまったところは CGI::SpeedyCGI の make test を実行する(される)と SSH 接続がサーバ側から切られてしまうという現象にあったところ。 テスト用に大量にスクリプトが起動されるの検出して自動的に kick されたのだろうか。

.htaccess の修正

さくらのレンタルサーバでは .htaccess Options が使えないようなので削除。 ExecCGI や MultiViews が有効になっているようなので問題なし。

いつくかのスクリプトの修正

Perl 5.005_03 用に書いてあったスクリプトについて、Perl v5.8.9 で文字化けしないように utf8 まわりを修正。

cron 設定

1時間毎に実行したい処理を列挙するシェルスクリプトを1つ作って、コントロールパネルから1時間毎に実行するように設定。

現行サーバでは任意の crontab を設定できたので、1時間毎はちょっと物足りない。 おいおい負荷にならない範囲で、外部から定期的に HTTP アクセスして処理を定期的に実行できるようにもするかな。

DNS 設定変更

まだ動いていないスクリプトもあるけれど(大きいところだと NaneyOrgWiki (Wiki))現行サーバの解約日もせまっているので、サーバ移転させてしまうことに。

VALUE-DOMAINDNS サーバ設定を変更し www.naney.orgさくらのレンタルサーバにアクセスできるように A レコードを変更。

今のところ特に重い等もなく順調。 現行サーバでは深夜非常に重くなる時間帯があったのだが、それが無くなるのが嬉しい。 また容量が100MB*1から10GB*2になったので心理的にセーブしなくて良くなった。

年内に移行できて良かった良かった。


[ さくらのレンタルサーバ プレミアム ]

*1メール等別

*2メール他を含む


[ 12月23日全て ]

2010年10月20日 (水)

今日のさえずり: ロック方式のバージョン管理機能やっぱりお肌にあわない

2010年10月19日

2010年10月20日


[ 10月20日全て ]

2014年2月19日 (水)

いよいよ WiKicker から WikiEngine のコードを抜いて DiKicker のみにする

2002年10月19日から開発を始めてしばらく公開・運用をしていた WikiEngine だけれど最近は WikiEngine そのものは使っていなくて、今はそのコードをベースに作った日記システムDiKicker 部分しか使っていない。DiKicker の方は自分自身で今後も使っていくんだけれど、さすがにいろいろ古いのでそろそろ大改修しようかなと。基盤部分的には

  • Perl 5.005_03Perl v5.6 系との互換処理を捨てる。
  • 文字列処理をバイナリ文字列ベースから(いわゆる UTF8 フラグ界隈的な)テキスト文字列ベースにする。
  • CGI.pm ベースから PSGI ベースへ移行する。
  • 中間管理用のストレージを Berkeley DB から SQLite にする。

などをして今後も使っていけるようにしたい。既に使っていないアプリケーションとしての WikiEngine 部分は移行させていく手間をかける必要はないと思うので、コードを削除していくことにした。WikiForum 立てるなら既にいろいろ他の選択肢があるしね。

CVS での管理もやめて Git 管理に変更。最後の公開 tarball を展開して git init して最初のコミットとし、その後に変更した作業ディレクトリを Git 側の作業ツリーに上乗せしていったんコミット。あらためて最後の公開コードの上に差分を積んでいくつもり。


[ 2月19日全て ]

Related term

About Me

Naney 「なにい」です。株式会社ミクシィで CS・ユーザーサポート・健全化・不正ログイン対応およびそれらに関する開発を行うグループのマネージャーをしています。 Perl・Emacs・Debian GNU/Linux 派。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス

Process Time: 0.082836s / load averages: 0.42, 0.46, 0.39
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker