nDiki : XML::LibXML

2004年4月16日 (金)

Progect -> XML -> text, HTML

Progect のデータを Palm::Progect で読み込んで XML::LibXMLDOM 化し、そのまま出力あるいは XML::LibXSLT を通して text や HTML に変換する方法を検討。

Progect のデータをそのまま欲しい形式変更するのが手っ取り早いのだが、プロジェクト中の抜き出したいタスクの指定方法や出力の整形方法の指定方法を定義するのが面倒なので XSLT で逃げようかと。 まぁ XSLT も書くの面倒ではある。

Palm::Progect::Converter::hoge を書くという手もあるが。

スポンサード リンク
[ 4月16日全て ]

2005年11月24日 (木)

早速 reStructuredText から LaTeX へのコンバータを書く

要求仕様書を書くのに reStructuredText を使ってみることにしる。 reStructuredText文法の上で、あるルールに従って書いた特定のセクションやフィールドリストを要求レコードや要求仕様レコードとし、自前でコンバータを書いて LaTeX へ変換する形。

まずは最初のアイデア通り rst2xml で XML に変換してから、Perl スクリプトで読み込んで処理することにする。

Perl 側の処理は XML::LibXML で (何となく XML::DOM より好き)。 しかし毎度ながら DOM 面倒くさい。 とりあえず、今必要な要素のみ変換コードを書く。 reStructuredTextXML へ変換した時の DTD があるので、おいおいこれを見ながらきちんと埋めていかねば。

最低限のものができて、早速コンバート。

これで生 LaTeX で書くより随分楽になった。よし。

[ 11月24日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.19308s / load averages: 0.73, 0.65, 0.66
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker