nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年5月26日 (土)

紀ノ国屋のカラーエコロジーショルダーバッグ

rimage:/nDiki/2018/05/26/2018-05-26-121949-nDiki-800x1200.jpg

週末にとスーパーに買い物に行く際にもっていっているバッグ、「マチが狭くヨーグルトが2つ並べて入らない」「少し幅広で滑らかな持ちてなので肩から下げるとすぐずり落ちてストレス」とイマイチでした。合わせて使っている紀ノ国屋のエコロジーバッグが使い勝手がよく長持ちしているので、紀ノ国屋のオリジナルバッグから探して買い換えることにしました。

いったん紀ノ国屋インターナショナルで下見したあと、先週鎌倉へ行った際に、とどれが良いか選定。荷物になるので鎌倉では買わずに、今週月曜日にあらためて昼休みに紀ノ国屋インターナショナルへ行って買ってきました。

選んだのはカラーエコロジーショルダーバッグ CE-3 レッド。今まで持っていたのは持ち手が短いものでしたが、今回は持ちての長いショルダーバッグです。いっぱい荷物を詰め込んでも肩から下げられるので頑張って運べます。

やはり定番モノは使いやすくて良いですね。

[ 製品レポート ]

[ 5月26日全て ]

2018年5月25日 (金)

バンナイズ渋谷店でジャバラ付きマルチケース VD861-00 を注文

「そういえば今月最後の金曜日だからバンナイズ渋谷店の営業日だな〜」とサイトで新商品を眺めていたら「RX100、iQOS、タバコ、小型の音楽プレーヤー用ジャバラ付きマルチケース VD861-00」というのが目に止まってしまいました。サイズは約 縦125mm × 横80mm × 襠45mm とのこと。

コンパクトカメラ(DSC-RX0TC-1デジタルハリネズミPowerShot G9 X Mark II)を腰に下げておくためのケースが欲しいなとグレゴリーCHUMS を物色したものの見当たらなかったところだったので、ちょうど良いタイミングです。

お昼に渋谷店に見に行ったところ、今日はレジ横にサンプルがあるだけで鋭意生産中とのこと。現物を見てちょうど良い感じの大きさだなと思ったので注文することにしました。受け取りは来月。楽しみです。

バンナイズ渋谷店の営業は月にたった3日なんですが、逆にそれが定期的にチェックするきっかけになって欲しくなってしまうという罠だったりします。

[ 5月25日全て ]

2018年5月24日 (木)

PC で完結するノートDay One ではなく Ulysses

Day One Premium にしてから2カ月半が経ちました。思い浮かんだことをスマートフォンで作成日時付きでキャプチャしておくのがかなり捗るようになりました。

一方 PC でサクサク書き出しては整理していくような使い方だと、 Ulysses の使い勝手の良さには敵わないこともわかってきました。

  • Ulysses で隣接するシートを1つのシートのように編集していけるのが圧倒的に便利。
  • Day One で都度編集モードにするのがやはりひと手間。
  • Day OneMac アプリで複数ウィンドウを開いて片方のメモを見つつ他方に入力ということをすると、結構な割合で落ちる。

昨日から PC で完結する作業のノートUlysses メインでの運用に戻しはじめました。 Day One は PC とスマートフォンの両方でキャプチャ用として使い分けることにします。

[ 5月24日全て ]

2018年5月23日 (水)

Lightroom での現像設定を XMP ファイルか JPEG メタデータ内に保存

rimage:/nDiki/2018/05/23/2018-05-22-204136-nDiki-800x1200.jpg

Adobe Creative Cloudフォトプランを購入したので Adobe Photoshop Lightroom CC mobile の Android 版も使い始めてみました。

Lightroom CC mobile

Lightroom CC mobile 単独としては

  • 当たり前のように無音カメラだったりする(設定すらない)。
  • 3:2 が選べる。
  • と思ったらフレーミングと非破壊切り抜きに設定に反映されているだけで、デバイスで撮れる最大の範囲で裏で撮影されていた。あとで切り抜き直せる。

など「らしい」仕様カメラ機能が内蔵されているのがユニークでした。

編集機能としては「Upright による遠近法の自動補正」がついているのがめちゃくちゃ嬉しいところです。水平が出しにくい DSC-RX0 で撮影したあと外出先で Wi-Fi でスマートフォンへ転送し、ささっと補正して Twitter などに投稿できます。便利!

Lightroom CC mobile での現像設定は?

今のところ PlayMemories Mobile (ソニー)も Camera Connect (キヤノン)のどちらも RAW 画像そのものは Wi-Fi 転送できないので、スマートフォン (Xperia Z5) の Lightroom CC mobile では JPEG ファイルに対する編集のみを使うことになりそうです。

さて外出先でさっとした編集を、あとで最終的にデスクトップ PC 側でどうやって管理すれば良いのでしょうか。

確認したところ Lightroom CC mobile は JPEG ファイルに対する編集はそのファイルのメタデータに直接書き込んでました。なので Lightroom Classic CC 側で同期すれば、そのまま調整済みの JPEG ファイルとして手元に落ちてきます(ライブラリでは画像の調整バッジが表示される)。ちなみに Lightroom Classic CC の設定でも「JPEG、TIFF、PNG、および PSD ファイル内のメタデータに現像設定を含める」が最初からオンになっていました。 JPEG ファイルの編集についての Lightroom の方針を理解。

Lightroom Classic CC の RAW 画像ファイルの現像設定

Lightroom Classic CC では現像設定はカタログに保存されるのですが、調べたところ RAW 画像ファイルと同名で拡張子が xmp の XMP ファイルに保存させることもできるのですね。

個人的に画像ファイルと一緒に現像設定を保存しておきたいので「変更点を XMP に自動的に書き込む」をオンにしました。

自分の中で、現像・編集設定の管理方法がなんとなく固まってきた感じです。

[ 5月23日全て ]

2018年5月22日 (火)

パン・オ・スリール

image:/nDiki/2018/05/22/2018-05-22-114602-nDiki-1200x800.jpg

お昼にパンを食べたくなったので近くのベーカリーを探して買いに行ってみました。 Google マップで見つかったのが「パン・オ・スリール」。

オフィスから青山通りに出て横断歩道を渡りそのまま進んで2つ目の横丁に入ったところで、信号につかまらなければ数分のところです。

歯応えがしっかりしているパンで、3つ食べたらお腹いっぱい。満足満足。

image:/nDiki/2018/05/22/2018-05-22-114252-nDiki-1200x800.jpg

[ 5月22日全て ]

2018年5月21日 (月)

コスモス青山の裏手にある琵琶池【日記】

image:/nDiki/2018/05/21/2018-05-21-130439-nDiki-1200x800.jpg

地図を見ると、青山ブックセンター本店の入っているコスモス青山の裏手に「琵琶池」という池があるので、ぶらりと見にいってきました。

渋谷区立図書館のページ「渋谷区の地図で江戸や明治の頃に載っている青山病院のところにあった池の名前を知りたい。また、その近くにあった神社の名前も知りたい」によれば

青山病院は現在閉院していますが、最近の地図においても池の存在を確認することができます。この場所は江戸時代『東都青山絵図』によれば、山城淀藩稲葉家の下屋敷があった地です。池の名前は「琵琶池」といい、邸内にはいくつかの社があったようです。

ということで、江戸時代には既にあった池のようです。

東京都職員共済組合青山病院(2008年3月廃院)の跡地にオープンしたTBSハウジング渋谷 東京ホームズコレクションの敷地に入ると間近から見られるようなので、モデルハウスを見に行く機会がもしあれば合わせて見てみたいところです。

[ 5月21日全て ]

2018年5月20日 (日)

Adobe Creative Cloudフォトプラン購入

このゴールデンウィークから RAW 画像形式で記録したり現像したりし始めました。いったんデジタルカメラメーカーが出している Imaging Edge (ソニー)や Digital Photo Professional 4 (キヤノン)を使ってみていたのですが、

というところにぶつかりました。やはりそろそろ Lightroom を使う時期がきたようです。 Adobe Creative Cloudフォトプランを購入することにしました。

現像はいったん置いておいてまずは Lightroom Classic CC での写真の管理を理解して移行するところからスタートです。

  • カタログというデータベース写真の情報が保存される。 (ここは digiKam と同じ)
  • 写真ファイル自体は変更されず編集はカタログに格納される。 (ここは digiKam と違う)

ということは理解しました。いったん Lightroom 管理下に置いたらフォルダ間移動なども Lightroom 上でしない面倒なことになる感じかな。

使い方を理解すれば写真管理も捗りそうです。楽しみ楽しみ。

[ サブスクリプションサービス ]

[ 5月20日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.051972s / load averages: 0.30, 0.24, 0.26
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker