nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年10月22日 (月)

TaskPaper 関連設定中

久しぶりに TaskPaper を使い始めたのでちょこちょこ設定中。

TaskPaper の Preferences

以下をそれぞれ ON に。

  • Maintain project when selecting search
  • Maintain search when selecting project
  • Maintain window size when Showing/Hiding sidebar

スタイルシート

アウトライナーとして文章を書くのにノート(TaskPaper 上でプロジェクトやタスクではない行)をよく使うので italic ではなく normal にしておく。

[Window] - [StyleSheet] - [Open StyleSheet Folder] をメニューから実行し Finder でスタイルシートフォルダを開いて以下の less ファイルを作成。 [Window] - [Stylesheet] で選択。

 @background-color: white;

 item[data-type="note"] {
   font-style: normal;
 }

Alfred

Alfred Taskpaper Workflow をインストール

 do <タスク>

でタスク(リスト項目)をプロジェクトを選択しつつ追加できる。

[ 10月22日全て ]

2018年10月21日 (日)

髪の色を暗くした【日記】

10:30 から床屋。7月7日以来3カ月半ぶり。前回同様ちょっと間があいてしまった。去年の3月から今のカラーなんだけれど、またもう少し黒に近い色に変えてもらった。結構黒に近くなった感じ。

髪を切ったあとはちょっとスポル品川大井町に寄ってみた。スポーツしている人よりバーベキューしている人の方が多いのではというぐらい、バーベキューが賑わっていた。いいな。

[ 10月21日全て ]

2018年10月20日 (土)

8年使ったグレゴリー テールランナーのコーティング剥がし

image:/nDiki/2018/10/20/2018-10-21-140328-nDiki-1200x800.jpg

8年使ったグレゴリー テールランナーがいよいよ内側のスリーブのところから加水分解を始めたようで、ちょっとベトつき始めたので先日新調したところである。さて、古い方だけれど、ベトつき始めたのは内側のスリーブのみで、メインコンパートメントはまだまだ平気、あとはジッパーのかぶせ部分の裏のコーティングが剥がれてきた程度。捨てるのももったいないので重曹でコーティングを剥がしてみることにした。

やったこと

バケツに40℃の湯をため重曹を適当にいれて溶かし、その中へジッパープルを外して裏返したテールランナーを浸した。バックルも外しておこうと思ったけれど、ベルトの端の折り返し縫いで厚みがありどうにも抜けなかった。

3時間ほど浸けてから歯ブラシでゴシゴシ。劣化している部分はぽろぽろ剥がれてきた。ヌルヌル・ベトベトといった感じはなく、日焼けをして皮が剥ける時と同じくボロボロとという感じ。作業時間は30分ぐらい。テールランナーのサイズでこれだけだから、大きなバックパックだったら大変だな、これは。

剥がす作業を終えたら水ですすいだあと陰干し。

乾いてから「剥がれかかっているけれども少し残っているようなまさに日焼けで剥けた皮の境目」をカリカリひっかいたり、テープでペタペタしたりして除去して今回は完了。

どうなったか

内側のスリープについてはコーティングの一部剥がれと毛羽立ちの感触で、サラサラになったというよりはザラザラになったという感じ。ペタペタ感はほとんど無くなった。

メインコンパートメントの裏側はまだまだしっかりしていてほとんど剥がれなかった部分も多く、結果中途半端に剥がれてむしろ見た目ボロくなってしまった感じがする。内側だけで外見は綺麗なままなので、使う本人が気にならなければ問題ないでしょう。これ以上は今は無理に剥がさなくてもいいかな。

洗ったこのテールランナーは「新しい方を汚したくないな」というシチュエーションだったり「オフィスに控えとして置いておく」だったりで使っていくつもり。

[ 10月20日全て ]

2018年10月19日 (金)

アウトライナーとして TaskPaper をまた使うことにした

頭に浮かんだことを書き留め、整理しながら思考していくツールとしてアウトライナーをまた利用したくなった。 WorkFlowy や Dynalist が人気のあるアウトライナーだけれど、 個人的にテキストファイルとして管理できる方が好きなのでまた TaskPaper を使うことにした。

去年アウトライナーとして使い始めたあとに、タスク管理の統合を試みたもののタスク管理Remember The Milk に戻したタイミングでアウトライナーとしても使わなくなっちゃってた。

今回は TaskPaper

に絞って活用するつもり。inbox・ノートツールは Ulysses (ライティングアプリ)、タスク管理Remember The Milk 中心で。プロジェクトノートに使うかはまだ迷い中。

[ 10月19日全て ]

2018年10月18日 (木)

自宅の場所を駅に仮設定し Google マップの通勤経路を設定する

Google マップの通勤設定で「職場への経路」「自宅への経路」を設定しておくと各種通知が受け取れる。ここで自分の場合「通勤時にいつも使う経路はどれですか?」に普段使っている経路が選択肢に出てこないので「Google マップが提案する最適な経路」を選んでいるんだけれど、普段使っていない経路が提案されて役に立たない。関係ない通知が出て悲しい。ぐぬぬ。

通勤には使っていない自宅最寄り駅を使うコースを優先してレコメンドしてくる分(Google 的に)スコアの低い経路が候補リストに入らないというのはありそう。

そこで思い切って通勤に使っている駅を自宅設定してみた。そうしたら当然その駅からの経路が優先されて候補として出るようになり、普段使っている経路が選択できるようになった。やったー。

自宅を元に戻したら通勤設定もクリアされるかもと思ったけれど、自宅を元に戻しても通勤設定はそのまま維持され、駅まではちゃんと徒歩扱いになった。

Google マップやればできる子。

[ 10月18日全て ]

2018年10月17日 (水)

ドリアンウエハース

昨日の昼過ぎ、タイのお土産として置かれていたウエハースを昼過ぎに食べたらそれからずっと胃から謎の臭いがしてきた。夕方にコンビニスイーツ買って食べたんだけれどもその後も胃から上がってくるのが変な臭いで辛い。何味だったんだろうと箱をみたら Durian Wafers って書いてあった。

ようやく落ち着いたのは昨日の夜ご飯の後ぐらいから。今朝はもう大丈夫だった。

ドリアンウエハース、マジ危険。

[ 10月17日全て ]

2018年10月16日 (火)

PowerShot G9 X Mark II のコントローラーリングを元に戻す

PowerShot G9 X Mark II 前面のコントローラーリング、去年の4月6日にステップズームに変更してずっと使っていたんだけれど、タッチパネルで絞り値を変更するのが面倒に感じてしまうのか Av モードをあまり使わなくなり AUTO モードばっかりになっちゃった。

なのでいったん初期設定に戻してコントローラーリングで絞り値を変更できるように戻してみることにした。

初期設定

  • M モード: Av (絞り値)
  • Av モード: Av (絞り値)
  • Tv モード: Tv (シャッタースピード)
  • P モード: +/- (露出補正)
  • 動画 M モード: Av (絞り値)

去年の4月6日から今日までの設定

AUTO モードでステップズームを使って便利なので M・Av・Tv・P モードをステップズームに変更。

  • M モード: ステップズーム
  • Av モード: ステップズーム
  • Tv モード: ステップズーム
  • P モード: ステップズーム
  • 動画 M モード: Av (絞り値)
[ 10月16日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.056899s / load averages: 0.49, 0.51, 0.45
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker