Last modified: 2002年8月16日

Travel - 仙台2000 -

2000年8月23日 (2)

那須高原の牛乳?を飲む

F3, 50mm
「起きたか、岩丸」

4,50分ほどして散歩から戻ると暑さにやられた岩丸が起きつつあるところ。 さて、そろそろ出発して、朝飯でも食べるとしますか。

本日のメインイベントは、風呂と牛タン。 とりあえず仙台をめざそう。 昨日、自動車道を降りてから走ってきた道を逆にたどり、インターチェンジへ。 観光地らしい、看板が目につく。 「3D〜〜」が多いのはなぜだろう。 まぁ、いいか。

で、自動車道にのり、那須高原SAへ立ち寄る。 とりあえず、ここで御飯にしますか。 なぜか、食べたくなる「ソフトクリーム」を我慢して建物内の、レストランへ。 やはり、那須高原といえば牛乳でしょ。 レジで牛乳とサラダ、ホットケーキの食券を買い店内へ。

観光地のホテルの朝のレストランにも似た雰囲気。 ちょっと、ぼぉっとしたグループが何組か食事をとっていた。 私は入口の蝋のサンプルにも、食券にも、貼り紙にも那須高原産とはどこにも書かれていない牛乳を「那須高原産」であることを祈りつつ口にした。 売店で売っている牛乳はちゃんと「那須高原」と銘打ってるのにね。 でも買っても腐っちゃう。 ま、東京でも「那須高原」の牛乳打ってるんだけど...。

F3, 50mm

とりあえず、朝食を済ませ仙台方面へ。 眠い。 こういう時、助手席の人はドライバーがウトウトしないように適度に会話をしなければならない(と私は思っている)のだが、普段おしゃべりじょうずでないのにそんなにポンポン、ネタがでるわけでもない。 それ以前に自分が眠い。 遠のく意識を引きもどしながら、なにか話題はないかと車窓を眺める。 しかし、目を引くものを見つけてもドライバーに凝視されて事故られても困るなぁなんて考えてると流れる景色でよけい眠くなる。

とまぁ、ウトウトしながらも、車は仙台南へ。 ここで、自動車道を降り、仙台とは逆方面へ向かう。 ガイドブックに載っていた近くの温泉のうちの一つへ。