nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年9月22日 (土)

28年ぶりとなる日比谷高校星陵祭高校生活を懐かしんできた

image:/nDiki/2018/22/2018-09-22-135325-nDiki-1200x800.jpg image:/nDiki/2018/22/2018-09-22-133843-nDiki-1200x800.jpg

星陵祭(文化祭)を見に校の日比谷高校に行ってきた。1991年卒業してから数回しか来ていないし、特に校内に入るのは卒業以来か。星陵祭の時でもないとなかなか入る機会がないので、星陵祭を楽しみつつ青春の日々を思い出して懐かしんできた。

星陵祭と校舎めぐり

星陵祭は全クラスが教室で劇を上演するのが伝統。自分たちは2年生の時に「そして誰もいなくなった」を、3年生の時に「カサブランカ」をやったんだよね。舞台セットを作ったりクラスメイトのマンションの集会所を借りて練習したり。

今は星陵祭全体レベルで整理券制度が導入されていて近代化を感じた。自分の学年は9クラスあったんだけれど今は全学年8クラスずつなんだね。今日はガッツリ観るというつもりでは来なかったので、劇はパスして部活動の展示をみたり校舎めぐりをしたりして楽しむことにした。

遅刻(新)を登りきったところにある通用門(正門は校庭の方なのだ)を通ってアーケード下で受付。4月はこのアーケードにクラス分けが張り出されてたんだよね。

もらったパンフレットは品質の良い26ページオールカラーで豪華。

2F から 1F

久しぶりに星陵像「星陵われらあり」とご対面したあと校舎玄関を入って2Fへ。左手の階段を降りると1Fのちょっと広いスペースへ。この小ホールの名前はなんだったかな。奥に進むと物理室や生物室などが並んでいる廊下。

理科実験に使った第2化学室(化学探求部)・巨大な元素記号表がある理科ホール・けん玉クラブの時に使った地学室(天文部)・カエルの解剖をやった第2生物室(生物研究会)などを軽く見て回った。懐かしいねえ。

3F

次は3Fへ上がって図書室へ。1年生の時は図書館近くの14Rだったので、ちょくちょく来て新聞雑誌を見ていたっけ。広くて個人デスクもある図書室にはちょっと驚いていた。

漫画文芸部・写真同好会が展示していた3F社会科ホールは当時の記憶がない。エレベーターができていたので改築されたスペースかな。

3F の体育棟への廊下は今日は立入禁止でドアが閉まっていた。

4F

4F へ上がって次は美術室(美術研究部)。ここは変わってないなー。1年生の選択科目は美術だったので美術の時間はここにきていたんだけれど、ほとんどダラダラしていたんだった。きちんと絵画系の作品つくりを選択すれば良かったな。

茶道クラブの時に半年使った作法室(茶道部)を入り口から覗き、ほぼ入ったことのなかった音楽室の前を通って、一般教室が並ぶ廊下を奥まで。そこから外階段へ出た。

校庭・旧講堂周辺

上階から外階段とテラスを通って庭へ出られるのも日比谷高校の校舎の面白いところ。雨でなければ外階段から登下校してた。

あとは校庭(砂が白くて綺麗なのになった?)をちょっと回ってから、川田像と再会。講堂が1994年11月に解体されてしまったのはやはり残念。結局体育棟が改修・増築されただけだった。

今日は資料館も開館していたんだけれど靴を脱いでまでという話になって今日はスキップ。いろいろ校舎を見て回れて満足。卒業してからだいぶ立つけれともそれほどくたびれず変わってないなーというところも多かったな。最初校舎に入った時はあれ、こんな構造だったっけとなった時もあったけれど、どんどん記憶が蘇ってきた。

帰路

満足したところで遅刻を下って赤坂見附へ。

1982年2月8日の火災があり在学中ずっと廃墟だったホテルニュージャパンが無くなり、プルデンシャルタワーになったことで遅刻もずいぶん明るい感じになったな。もう一方の側の山王グランドビル(1966年9月竣工)は変わらず。駐車場出入り口近くにあった自動販売機でよくドリンクを買ったっけ。

星陵祭を含め良い高校生活だったなとしみじみ。

image-half:/nDiki/2018/22/2018-09-22-125615-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2018/22/2018-09-22-135239-nDiki-800x1200.jpg

[ 9月22日全て ]

2018年9月19日 (水)

Day One Premium をキャプチャツールとして使うのを控える

Day One 3 で作成/編集したエントリが Android 版では編集できなくなったのだが Android 版が追従する様子がみられない。今の状態だと iPhone 上の Day One をキャプチャツールと使うので支障がある。いったんキャプチャ先をできるだけテキストファイルベースに戻すことにする。

Android デバイスでは JotterPad で。日時形式のファイル名をつけるのが一手間なの変わらず。 Clipper Plus のダイナミック(日付・時刻などのテンプレート)を使って現在日時のファイル名を生成してクリップボードにコピーできるようにしておいた。

iPhone では iOS 版の Ulysses で。こちらでメモる頻度が低いので Gboard の「日時」変換で仮に入力しておいてあとで修正かな。

Mac は今まで通り Alfred の workflow から。ファイルを作る先別に workflow を使い分けていたのだけれど、キャプチャする時に頭に負荷をかけるのを減らした方がいいなということで inbox ディレクトリに保存する1つだけに絞った。

キャプチャの容易さと日時管理のしやすさの点で Day One は優れているんだけれどなあ。

[ 9月19日全て ]

2018年9月18日 (火)

今日から前のオフィスで仕事スタート【日記】

image:/nDiki/2018/18/2018-09-18-092117-nDiki-800x1200.jpg

3連休中に引っ越しが済んでいるので、前に仕事をしていたオフィスへ今日から出社。渋谷駅東口歩道橋とアーバン・コアが接続し、渋谷ストリームがオープンし、JR 渋谷駅の南改札のあたりはまた変形しているし、で4カ月の間にずいぶん渋谷の南東側も変わったな。ちょっと楽しい。

すぐ使う荷物を1つの段ボール箱にまとめておいたので、出勤してさくっと仕事環境を立ち上げられたことに自己満足(残りの2箱はまた開梱しきらないで居座り続けそうだけれど)。デスクも前に座っていたところなので動線も迷わずいい感じ。

お昼に近くにある金王八幡宮にも挨拶を済ませて一段落。また腰を据えてしっかりやっていこう。

[ 9月18日全て ]

2018年9月17日 (月)

くまのスイートポテト【日記】

image:/nDiki/2018/17/2018-09-17-152044-nDiki-1200x800.jpg

3連休3日目。今日は家族がスイートポテト作り。ハチミツ好きなの有名なくまさんの形にするのは難しいらしい。味はばっちり。

広報・PRの基本

広報・PRの基本

パブリックリレーションズについて学んだことが全くなかったので、基本的な考え方をまずは知っておきたいと思い「広報・PRの基本」を読んでみた。広報・PR の仕事に就くことになった人を想定してゼロから理解できるよう書かれているのが嬉しい。

記者からの問い合わせについて広報担当が業務中に割り込んできてちょっと面倒な事が起きたと思ってしまうこともあったのだけれど、

記者を顧客・社会の「代表者」として接することが肝要です。するとマスコミが味方になってくれましょう。

というのを読んで心を改めた。つい不利益な事を書かれるのではと身構えてしまうけど

メディアのお客様である「読者・視聴者」は、企業の「既存顧客か潜在顧客」なので「客様が共通」です。つまり両者は明らかに「協力かつ対等関係」にあるのです。

とある通り協力者だと思うべきなんだなと。

記事や情報に関して常に“私見”を述べる気概を持つことが大事です。この訓練を積んだ人とそうでない人との成長の差は歴然となります。

はグサッときた。みかけた記事をついそのままシェアしてしまうのだけれど、きちんと考えを添えないとなあと。

広報担当にならなくても広報・PR についての考え方が身につく読んで損のない1冊だった。

[ 読書ノート ]

[ 9月17日全て ]

2018年9月16日 (日)

期待以上のグレードだった品川歴史館

image-half:/nDiki/2018/16/2018-09-16-110814-nDiki-800x1200.jpg image-half:/nDiki/2018/16/2018-09-16-113340-nDiki-800x1200.jpg

連休2日目。今月はいろいろ出掛けてお金を使う・使っているので、今日はあまりお金をかけずに楽しもうと公共の施設に行くことにした。選んだのは品川区品川歴史館。品川宿や大森貝塚などについての展示などがメインの博物館である。

一般観覧料が100円とリーズナブルなので収集資料の展示程度なのかなと思ってそれほど期待していかなかったのだけれど、綺麗な展示室に品川宿の宿並模型があったりとしっかり楽しめる展示になっていて期待以上でびっくりだった。昔の道具に触れられる体験コーナーもあったりして、いろいろ学べるよい施設だな。

空いているし、茶室「松滴庵」が残されているちょっとした庭園もあるしで、ゆったりとした気分に浸れて満足満足。

image:/nDiki/2018/16/2018-09-16-120355-nDiki-1200x800.jpg

品川歴史館とイトーヨーカドーと出没!アド街ック天国と東京ラブストーリー【日記】

3連休2日目。午前中に品川歴史館に行き、そのまま足をのばしてイトーヨーカドー 大森店へ。2017年12月8日にコメダ珈琲店やカルディコーヒーファームが開店するなどリニューアルしている。お昼ご飯は HEART BREAD ANTIQUE で。

大井町回だった昨日の出没!アド街ック天国

大井町回だった昨日の出没!アド街ック天国を夜に観た。予想はしていたけれど半分以上飲食店関連。「焼肉激戦区」というのは知らなかった。常連向けの小さい飲み屋などが紹介されても行けないので、もうちょっと飲食店以外の「これは知らなかった」みたいなスポットを紹介して欲しかったな。

東京ラブストーリー

それから9月14日(金)に再放送が始まったドラマ 東京ラブストーリーの第1話も今晩視聴。今観てもあっという間に惹き込まれてドキドキしたわー。ファッションとかは時の流れを感じるけどストーリーや演出は全然色褪せていない。

第1話放送は1991年1月7日で高校3年の冬。受験真っ只中だったのでこの頃は夜のアルバイトは休んでいて観られる状況ではあったと思うんだけれども、さすがに生で観ていたのか録画して観ていたのか再放送で観たのかまではっきり覚えてないなぁ。

あのガラスの壁のカンチの部屋とか、社会人になって一人暮らしするとああいう部屋に住むのかなと想像とかしていた。

20代は仕事も大切だけれど悔いのないように恋愛しておく期間だよなぁ。

今日のさえずり: 東京ラブストーリー、今観てもあっという間に惹き込まれてドキドキするわー

2018年09月16日

[ 9月16日全て ]

2018年9月15日 (土)

ぶらり途中下車の旅と出没!アド街ック天国【日記】

3連休初日は雨の朝でスタート。

催事で東京で萩の月が売られているので買いにいってきた。S-PAL仙台地下1階「仙臺みやげ館」が改装のため8月20日をもって一時閉店していることもあって、この時期にいろいろ催事をやっているみたい(8月17日8月18日仙台に行った時はギリギリ改装前だった)。

今日のぶらり途中下車の旅は小島奈津子さんで東急大井町線だったので録画してお昼に観た。等々力渓谷また行きたくなった。涼しくて気持ちいい場所だよね。

夜の出没!アド街ック天国が大井町なのでこちら録画。今日は大井町の名前をよくテレビでみかける日だな。

今日のさえずり: 「結石派 vs. 痛風派」あなたならどっちを選ぶ?

2018年09月15日

[ 9月15日全て ]

2018年9月14日 (金)

部門のオフィス移転前夜 2018 その2

5月に今のオフィスに移転して4か月。今日を最後にまた来週から元のオフィスに再移転することになった。

退勤前に荷物を箱詰め。今回も段ボール箱3箱。前回の移転の2箱がほぼそのまま残っていたので、1箱詰めるだけで済んで今回は楽ちん。それから、移転後にすぐ必要なものを1つの箱にまとめるといいのではという点についに気づいてしまった。来週はとりあえず1箱開ければ仕事環境をセットアップできるはず。

今のオフィスは落ち着いた雰囲気でデスクも広いので結構お気に入りだった。行動範囲も表参道寄りになってなかなか楽しい4カ月だったな。

来週からは並木橋寄りのオフィス。渋谷ストリームと渋谷ブリッジが昨日オープンし周辺がまた変わってきているので、今回の移転も楽しみ。

今日のさえずり: 夜ご飯が牛丼だということを忘れて昼休み吉野家だった。

2018年09月14日

[ 9月14日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.04897s / load averages: 1.78, 1.24, 0.68
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker