nDiki

2018年3月25日 (日)

ビジュアル・ブックマーク機再来か サイバーショット DSC-RX0

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-121655-nDiki-1200x800.jpg

昨年発表された時に「これは10年以上待ち続けたビジュアル・ブックマーク機の再来では!」と興奮したサイバーショット DSC-RX0。とはいえカメラの性能が非常に良くなったスマートフォンを普段から持ち歩いている現代にビジュアル・ブックマーク用途機として買うにはこの値段はなかなか手が出sせないなと見送ってきていました。

しかしやはりこの小ささは何ものにも代え難い。しかも水深 10m の防水性能・2.0m の落下耐性・200kgf の耐荷重というタフさはまさに普段から持ち歩くのにふさわしいではないですか。

1年前に1.0型センサー搭載の中で特にコンパクトな PowerShot G9 X Mark II を購入して持ち歩いているのですが、これだけ小さくてもバッグからわざわざ出す気になれなかったり「カメラで撮っています」という雰囲気が街中でちょっと気恥ずかしく感じたりすることがあります。また防水ではないので雨の日には出すのを躊躇してしまいます。

DSC-RX0 の小ささと防水性・堅牢性はそういった躊躇から解放してくれると思えてきてどんどん購入良くが高まりついに木曜日の夜に注文してしまいました。

マルチカメラコントロールで多視点撮影ができたりスーパースロモーション撮影ができたりと、どちらかといえば映像制作のための機材としての位置づけが感じられるニッチな本製品、いつラインナップから消えてもおかしくないので欲しい時に買うのが吉じゃないでしょうか。

一緒に購入したもの

単体充電器DSC-RX0 についてこないので、バッテリーチャージャー付きのキットをセットで購入。

背面の保護フィルムはモニター面のボタン部分以外をカバーしてくれるPDA工房のものを。小さいので気泡入りの失敗などせず一発でうまく貼れました。

microSDHCカードはいつも買っているトランセンドのもので。

サイズと形状

image:/nDiki/2018/03/25/2018-03-24-122323-nDiki-1200x800.jpg

同じ1.0型センサーの PowerShot G9 X Mark II と比べても格段に小さいのがわかります。 G9 X Mark II も十分小さくてバッグに常に入れておくのが苦にならない大きさなのですが、 DSC-RX0 は「手のひらに転がせておく」ことができるほど小さいのです。手の中に収めておいて、撮りたいなと思った時にさっと撮るというのがストレスなくできる良さがあります。

使い始めてまだ2日目。使い勝手についてわかってきたらまたまとめます。

[ 製品レポート ]

スポンサード リンク
[ 3月25日全て ]

2018年11月16日 (金)

Google マップ復活とか Google Keep またインストールとか【日記】

火曜日ぐらいから気がつくと Xperia Z5 がホカホカになっていて困っていた。Google マップが非常に重いのでバックグラウンドで暴走しているのを疑っている。 GPS マークが長い間通知バーに出っぱなしだったりするし。

そのせいか、昨日は品川駅からオフィスまで歩いている途中バッテリを使い切ってしまってちょっと不便な思いをした(モバイルバッテリもっていたから良かったけど)。

おすすめ通知あたりがヘビーなんじゃないかとかを考えてエリアのフォローを全部削除したりおすすめ系の通知を切ったり、またリスト登録しているスポット数が多くもっさりになるのかなと少し整理したりした。

ところ、ようやく今日になって重いのが改善された。個人的には設定やリストの整理で改善されたというよりは、サーバ側がおかしくてアプリ側が無限ループとか処理がつまったりしたりとかしていたとかが解消されたんじゃないかと想像している。まあとりあえず良かった。

それから別件で Google Keep をまた Xperia Z5インストール(使わない時はアンインストールしている)。日曜日の Tweet の下書きやテンプレートを Google Keep に入れておくつもり。

[ 11月16日全て ]

2018年11月15日 (木)

MacBook Pro 用にもとまちユニオンのオリジナル布バッグ

image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-130711-nDiki-1200x800.jpg

仕事で MacBook Pro をもって本社・各サテライト間を移動する時用に、先々月もとまちユニオンの布バッグショルダーを買った。

しばらく使ってみたけど MacBook Pro だけを持ち運ぶのにはマチがちょっと大きすぎだったのでショッピングバッグにジョブチェンジさせた。で、代わりに縦型の10号帆布オリジナル布バッグの方を欲しくなったので、もとまちユニオン 六本木店に行って買っちゃった。

ねえ、白いロープの持ち手がヨコハマっぽいじゃないですか。こちらも 15インチMacBook Pro もちゃんと入りますよ。

[ 製品レポート ]

品川駅から渋谷のオフィスまで歩いた(近すぎるので遠回りで)

image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-101704-nDiki-1200x800.jpg

今日は午前半休で仕事は 15:00 からなのだけれど、用事が早く終わってしまって時間が空いてしまったので品川駅から渋谷3丁目にあるオフィスまで歩くことにした。

Google マップの経路検索だと品川駅前からオフィスまで 5.1km 1時間1分。これだと時間がかなり余ってしまうし恵比寿から渋谷は歩き慣れていてつまらないのでちょっと遠回りしてみることにした10:13 に品川駅前を出発して途中マクドナルドでお昼を食べつつ 13:53 にオフィス到着。 ZweiteGPS 上の移動距離は 11.12km だった。

image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-000000-GPS.png

高輪・白金台・南麻布・元麻布あたりは雑然とした渋谷とはまったく違った雰囲気。閑静で高級感があり人も少なくのんびりした雰囲気になれた。有栖川宮記念公園は今日はちょっと通っただけだけれど、かなり久しぶり。大学受験の頃に図書館に何度か来た時以来かもしれない。

なかなか良いコースだったので、ちょっとずるルートを変えつつ何度も歩いてみたいな。

主な通過地点

品川駅前交差点 → 高輪 貴賓館 → 明治学院前交差点 → 日吉交差点(白金台駅そば) → 東京大学白金キャンパス裏手 → BIOTOP 前 → 天現寺橋 → 広尾橋交差点マクドナルド 広尾店 → 有栖川宮記念公園 → 元麻布YSビル前 → 鳥居交差点 → 登用英和女学院前 → 六本木五丁目交差点 → もとまちユニオン六本木店 → 檜町公園 → 乃木駅 → 青山墓地中央交差点 → 青山七丁目交差点 → 東四丁目交差点渋谷図書館入口交差点 → オフィス

image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-102604-nDiki-800x1200.jpg image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-112941-nDiki-800x1200.jpg image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-125518-nDiki-800x1200.jpg image:/nDiki/2018/11/15/2018-11-15-131907-nDiki-800x1200.jpg

カメラは鼻より口の方が自分に合っていた

平滑筋腫(の疑い)」ということで、1年に1回上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)をして様子をみるということになっていて今日がその日。

検査室に入ってから、麻酔含め15分ぐらいでさくっと完了。

先生が「若いし反射強そう」って小さくつぶやいていた。えぇ反射強めのタイプです。

カメラは人生3回目。初体験だった去年は鼻から、その次は超音波内視鏡検査で麻酔で寝ている間に終わるものだった。3回目の今回は口から(選択肢なし)。

鼻からの方が細いし口から入れるより嘔吐反射が少ないんじゃないかと思って初回は鼻にした。で今日は口だったんだけれど両方やってみた印象では口からの方が自分の場合良いかな。鼻でも結局オエッってなるし、鼻は終わったあともしばらく違和感が残ったし。

本日の検査結果は次回外来で聞くことになっているんだけれど、今日の内視鏡検査は担当医がやってくれたので「去年と変わってませんでした」と一言教えてくれた。良かった良かった。

1周間前からコーヒーを飲むとちょっと胸焼け感があったので、胃炎ぐらいは指摘されるかも。

[ 11月15日全て ]

2018年11月14日 (水)

トピックとリンクによる構造が特徴のサービス Trickle

丸山@h13i32maru 氏が開発された Trickle というサービスがとても面白そうなので、サインアップして触ってみた。

より気兼ねなくアクティビティを投稿できるためのトピックという構造

Trickle は Twitter を使っていて

「自分が主体でありたい、自分への影響をコントロールしたい。でも一人は寂しい」

という自分も「そうそう!」と共感できるインサイトから、トピックというアイデア取り入れて作られた(ソーシャルメディア)サービスだそう。トピックという構造を1つ入れることで投稿する側は書き分けられるし、読む側は特定のトピックだけサブスクライブすることで読み分けられるというお互いにハッピーという仕組みだ。

投稿単位であるアクティビティはオプショナルな「ノート」「画像」「リンク」を持つ。「いいね」と名付けたトピックに他のアクティビティへのリンク付きアクティビティを投稿することで、ユーザーは「いいね」機能を「実装」できてしまうわけだ。非常に面白い!

また書き留めるサービスという観点から、アクティビティを再編集したり別のトピックに移して整理しなおせるというのも理に適った仕様だと思う。

一個人として自分はトピックを使い分けられるだろか?

19年 Web 日記を書き 11年 Tweet している身として「日常生活の中で使える時間は有限。メディアやアカウントをテーマ別に使い分けてどれも充実させていくというのは時間的にもネタ的にもかなり大変である。そもそも興味のあるテーマもどんどん変わっていく。なのでテーマ別に分けない方が良い」だと自分自身については思っている。

それからソーシャルメディアの投稿を読むという立場で考えてみてると「何のテーマの投稿か?」以上に「誰の投稿か?」を自分は重視しているなと。やはりトピックではなく人をフォローしたいのだ。うん。

1日使っただけで Trickle のサービスやモデルの良否は語れるものではないので、以上あくまでもファーストインプレッションということで。

知っている人がどんどん使い始めたら、もっと便利さが感じられるのかもしれない。……あ、やはり人をフォローしたいんだな。

[ 11月14日全て ]

2018年11月13日 (火)

舞山秀一写真展 A MOMENT が凄かった

image:/nDiki/2018/11/13/2018-11-13-124839-nDiki-1200x900.jpg

舞山秀一氏の写真展 A MOMENT を昼休みに見てきた。展示写真にはタイトルが添えられてなく、先入観なく写真と向き合うことになった。

惹き込まれたのは大きくプリントされた 2018 A MOMENT #018 NY 2016 (ニューヨーク街を見下ろした写真)と 2018 A MOMENT #019 NY 2012 (橋の写真)。建造物の陰影が圧巻。

他のどの写真もしっかり「真っ黒」が焼き込まれていてそこに惹き込まれていくのを感じた。まさに芸術作品!

11月9日(金)から18日(日)まで 代官山の SISON GALLERy にて。

[ 11月13日全て ]

2018年11月12日 (月)

Google Play プロモーション残高まもなく失効

Google Play の残高に「まもなく期限切れのプロモーション残高: ¥2,899 失効日: 2018/11/17」となっていて何に使うか迷っている。

サブスクリプションに充てられればいいんだけれど「Google Play プロモーション残高利用規約(日本)」には Google Play プロモーション残高では定期購入やGoogle ストアの商品は購入できないと明記されていた。ぐぬぬ。

(結局翌日 いつも使っている Nova Launcher ホームを600円で Nova Launcher Prime にした。)

[ 11月12日全て ]

2018年11月11日 (日)

Chromecast built-in 搭載コンパクトステレオシステム SC-HC2000

image:/nDiki/2018/11/11/2018-11-08-075129-nDiki-1200x800.jpg

先週の日曜日に注文し月曜日に到着、火曜日に設置したパナソニックのコンパクトステレオシステム SC-HC2000 を使って数日経った。故障して CD を再生できなくなったオンキヨー FR-SX7DV(D) の代わりとして早速 CD プレーヤーとして活用している。

Chromecast built-in と Spotify

また Mac/iPad/スマートフォンから Bluetooth スピーカーとしての利用を考えてチョイスしたんだけれど Chromecast built-in 搭載ということで Spotify をキャスティングできるようにしたらこれが良くて満足してしまって、まだ Bluetooth 接続は使わないで済んでしまっている。

Wi-Fi 接続もできるけど有線 LAN 接続で

ちなみの SC-HC2000 の Wi-Fi 設定は Google Home アプリから行うのだけれど、 iPad 上の Google Home からはデバイスとして見つけられなかった。プリンタの時と同じでもしかしたら SC-HC2000 が 2.4GHz で待ち受けちゃってるのかも(iPad は 5GHz の方を使うように設定してある)。iPad を 2.4GHz の方を使うように設定したら Google Home アプリが SC-HC2000 を見つけてくれるかもしれないけれども、SC-HC2000 の取扱説明書では有線 LAN 推奨となっているしルータとも近いので有線 LAN 接続にすることにして解決した。

Google Home Mini からコントロール

Google アシスタントからのコントロールにも対応している。 Google Home アプリで SC-HC2000 を追加したので隣に置いてある Google Home Mini を通して音声で再生や音量調整操作ができるようになった。んー便利便利。

[ 製品レポート ]

[ 11月11日全て ]

2018年11月10日 (土)

ついにデジタル音楽配信サービス Spotify 登録

image:/nDiki/2018/11/10/Overview.png

6月に Google Home Mini を買った時にそのうち Spotify を使ってみようと思っていたのだけれど、一人でSpotifyアカウントを複数登録できるか利用規約を確認してからと思っている間に5カ月弱経ってしまった。

そんなところ Bluetooth スピーカーとしての利用も考えて今月買ったパナソニックのコンパクトステレオシステム SC-HC2000 が、 Chromecast built-in 搭載で直接ストリーミング再生できるということなので、対応している Spotify にようやく登録して使ってみることにした。

Google Home Mini を買った際にちょっとチェックした際はジャンルを指定して流すぐらいのものなのかなと思っていたのだけれど、無料の Spotify Free でもアプリや Web 版からきちんとアーティスト・アルバムやプレイリスト、それから特定の曲を指定して再生できるんだね。邦楽も結構あるし良いじゃないですか。

今回ステレオシステムを買い換える際、音楽配信については Amazonプライム(契約中)の Prime Music を Mac / iPad から Bluetooth 経由で再生かなと思っていたのだけれど、 使った感じ Spotify の方がずっと良さそう。 Prime Music では家の共用端末に Amazon アカウントでログインしたままにしておくのもなという問題があったのだけれど、Spotify だとそういう心配もないしね。

MaciPadGoogle Home Mini からコントロールできるように設定しておいた。音楽の QOL 大幅アップだ。

(画像は Media Kit https://newsroom.spotify.com/mediakit/product/ より。)

[ ネットサービス ]

[ 11月10日全て ]

2017年5月22日 (月)

体にフィットするショルダーバッグ グレゴリー サッチェル M

rimage:/nDiki/2017/05/22/2017-05-23-080522-nDiki-1200x800.jpg

東京ディズニーランドに行くのにグレゴリー サッチェルM を新調しました。

ここ数年東京ディズニーリゾートに行く際にはデイ&ハーフパック (33L)を背負っておりました。ただ大きさのあるデイ&ハーフパックだとアトラクションに乗る際にちょっと邪魔ですし、バックパックなので荷物の出し入れが手間ではありました。一緒にいくメンバ的に自分の手荷物が減らせるようになってきたのでもっとコンパクトなバッグでも良いかなと考えたのですが、もっているテールメイトS (8.0L) ではさすがにまだ入り切らないので、大きめのショルダーバッグを探すことにしました。

今回選んだのはサッチェル M。グレゴリーのカジュアルな形のショルダーバッグの中では容量が大きい方で13L。見た目横長長な感じがしますが、グレゴリーらしくたすき掛けすると体にいい感じフィットするようにできています。さすがです。メインコンパートメントが広く自由度が高いのもグレゴリーらしいです。

HDナイロンとちょっと迷ったのですが、ブラックの方がお安くなっていたので今回はブラックにしました。

MacBook Pro も入るという記事を見かけたので試してみたところ、13インチ MacBook Pro が一応入りました。ただバッグが板状に広がった状態になるのでらしくない感じです。MacBook Pro 用として常用には向かないです。なおジッパー開閉部の幅が 13インチ MacBook Pro の幅より狭いので斜めに差し入れたあと横にする出し入れになります。

 SATCHEL M
 BLACK
 08J*29082*
 39W×22.5H×11Dcm
 13L
 315g
 ジッパー開閉のメインコンパートメント
 ジッパー付きフロントポケット
 内側にジッパー付き小型セキュリティーポケット
 スナップ付き背面ポケット
 長さ調節が可能なショルダーストラップ

[ 製品レポート ]

[ 5月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.062969s / load averages: 0.54, 0.41, 0.48
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker