nDiki

2021年7月30日 (金)

タイレノールAを買った

新型コロナウイルスワクチン接種を前に解熱鎮痛を買うことにした。

アセトアミノフェンの市販は品薄らしい。朝に量販店内のドラッグコーナーに行ったところ昨日調べて購入候補にしたは売り切れだった。

有効成分にアセトアミノフェンが入っているナロン錠が店頭にあったので、これで良いかなとレジにもっていったら剤師の方が「このは初めてですか?」と質問してくれた。副反応が出た時の解熱鎮痛が欲しいという話をしたところ、複数の有効成分が入っているのでお勧めではないとのこと。

候補として考えていたは在庫切れで、売っているものだと「小児用バファリンチュアブル」(第2類医品、1錠あたりアセトアミノフェン50mg)を300mg分服用するという方法があるとのことだった。

似たパッケージで「小児用バファリンCII」(第2類医品、1錠あたりアセトアミノフェン33mg)もあるが大人だと 1回に10錠近く飲むことになるので、「小児用バファリンチュアブル」の方が良いとのことだ。

処方箋医品のカロナールは医療機関には潤沢にあるんですけどねと言っていた。説明に感謝しつつちょっと考えようと購入せずにお店を後にした。ドラッグストアの数が多い渋谷でもうちょっと探してみようかなと。

退勤後にドラッグストアに寄ったところ1店目は品切れだったが、2店目に入ったマツモトキヨシにタイレノールA(の防犯対策の空箱)が積んであったので、そこで購入することにした。こちらではレジでは何も確認・説明なくさくっと会計されておしまいであった。

スポンサード リンク
[ 7月30日全て ]

2021年7月29日 (木)

新型コロナウイルスワクチン接種を前にアセトアミノフェンを調べる

今日は東京2020オリンピックの中継観戦はお休み。

今度の日曜日はいよいよ新型コロナウイルスワクチン接種。 Twitter でフォローしている人をみると、副反応が出ている人が結構いる(副反応が出ている人が Tweet するので増幅して感じれるというのも間違いなくある)。

なんとなく自分は大丈夫という根拠なき楽観はありつつ、今後家族も接種を受けることになるので解熱鎮痛は用意しておいた方が良いなと。

以下自分用メモ

寝る前に調べた感じではアセトアミノフェン(カロナールがアセトアミノフェン単剤の処方箋医品)が無難なようだ。

市販だと「タイレノールA」(第2類医品、1錠あたりアセトアミノフェン300mg)。15才以上。

「ノーシンAc」(第2類医品、1錠あたりアセトアミノフェン150mg)、「バファリンルナJ」(第2類医品、1錠あたりアセトアミノフェン100mg)は7才以上から服用可とあった。

[ 7月29日全て ]

2021年7月28日 (水)

東京2020オリンピック: サッカー

何気に開会式前日の南アフリカ戦日曜日のメキシコ戦とそれぞれ見ているサッカー第1次ラウンド、今日は3戦目であるフランス戦。

前半戦が少し始まった頃に帰宅し、土用の丑の日のウナギをいただきながら観戦。4 - 0 で勝利。危なげない試合だった。

サッカーは他の競技よりオリンピック感の低めのスポーツな印象がある。FIFAワールドカップがあるからね。

[ 7月28日全て ]

2021年7月27日 (火)

東京2020オリンピック: 金メダルに沸くタイムラインの心地悪さ

今日はちょっとしたお祝いで早めに帰宅。オリンピックはニュース番組でダイジェストを見たぐらいで、昨日に続き今日は中継を見ず。

夜にソフトボールの決勝戦があり日本が金メダルを獲得した。のを Twitter のタイムラインに流れる歓喜の Tweets でざっと見た。日本が金メダルをとったの素晴らしいし、タイムラインもポジティブで明るい Tweets で溢れていて良いことなんだけれど、一方で心地の悪さを感じた。

自身が勝利の瞬間に不在だった(中継を見ていなかった)からだろうか。それはありそう。

小さなクラスタが時折生まれる以外はふだんバラバラな文脈の Tweet が流れているタイムラインが、一斉に同じベクトルの金メダル Tweets だらけになったからだろうか。それもありそう。

[ 7月27日全て ]

2021年7月26日 (月)

東京2020オリンピック: 週明け、中継見ず

東京2020オリンピックが始まってから気持ちがずっとふわふわソワソワしている。

今日は出勤。同じ青空の下で競技が行われている。

変わらない通勤電車。開催地なのに街灯フラッグ以外ほとんどオリンピックの雰囲気のない東京の街中。近くて遠い。

今日はなんか平日モードで、帰ってからもテレビをつけず中継見ず。

[ 7月26日全て ]

2021年7月25日 (日)

東京2020オリンピック: ピザを食べコーラを飲みながら

今日は夜に柔道・競泳・サッカーを観戦。

ドミノ・ピザのデリバリーを注文。昨日買ってきたコカ・コーラピザで、らしい感じでテレビ中継で観戦した。コカ・コーラオリンピックのスポンサーになるというの当然だよなあ。

人は「競い合う」「競い合っている」のがやはり好きなんだなあ。マーケティングで「対立構造」を使うのよくわかる。

[ 7月25日全て ]

2021年7月24日 (土)

東京2020オリンピック: 競泳など

品川区八潮の大井ホッケー競技場が会場のホッケー 男子予選ラウンド プールA 日本 - オーストラリアの観戦からスタート。前半を少しみて、食料の買い出しへ。結果は 3 - 5 でオーストラリアの勝ち。

去年の4月19日に訪れた大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森は東京2020オリンピックの準備で大きく閉鎖中なのに加えて、新型コロナウイルス感染拡大防止でさらにドッグランなどが利用中止でほぼ閉鎖状態だったんだよね。東京2020オリンピック終了後、8月10日から順次大井ふ頭中央海浜公園内の施設利用再開とのことなので落ち着いたら散歩しに行きたい。

買い物から帰ってきてテレビをつけたら柔道 男子男子60kg級をやっていたのをちょっとだけチェック。

おやつに体操競技男子予選を少しみたあと、テレビNintendo Switch に切り替えて『あつまれ どうぶつの森』ムシとり大会。

夕食時には競泳の各種予選を。競泳は分かりやすいしテンポよく結果が決まっていくのでやはり観戦していて面白いな。

上位3泳者のスピードの中継画面表示(今大会ではオメガのシステム)はやりすぎだと思う。技術的にできるからと表示を増やしていけば良いものでもない。どうしてもそちらに視線がいき数字の差に意識がいってしまう。もっと選手の動きや距離差に集中して自分の目と頭で観戦したい。

『ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書』

ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書

本書ではコミュニティを「参加者一人ひとりが、目的意識を持って能動的に活動に関わっている」「参加者同士が、対等にコミュニケーションできる」という要素が備わっている「人の集まりである」だと定義している。その上で企業が経済活動を活性化する目的でつくるコミュニティを「ビジネスコミュニティ」と呼んで本書が扱う対象としている。

その上でビジネスコミュニティは「イベント」と「コンテンツ」で構成されているとし、主にイベントの企画・開催について解説している。一方でメンバ同士の人間関係やコミュニケーションコミュニティのライフサイクルなどについてはスコープ外であまり扱われていない。

イベントに必要だとした心理的安全性については「心理的安全性とは、コミュニティの中で人間関係のリスクを感じることなく自分の意見を伝えたり、行動できたりする状態のことです。」としつつもあくまでイベントで活発に質問・発言してもらえる場という観点でしか触れられていなかった。エイミー・C・エドモンドソン氏が提唱した心理的安全性という概念について、知らない人が誤解する危惧を感じた。

著者が数多くイベントを手掛けてきた経験をもとにノウハウを平易に説明してくれている。企業の担当者としてイベント中心のコミュニティを初めて運営することになった際には、参考になることが多いだろう。そんなポジションの1冊だ。

[ 読書ノート ]

[ 7月24日全て ]

2021年4月3日 (土)

プロフィール写真を8年ぶりに近影に

image-half:/nDiki/profile/Naney-2021-04-03-nDiki-600x600.jpg image-half:/nDiki/profile/Naney-2013-04-08-nDiki-600x600.png

(順に新・旧)

プロフィール写真を新しく撮って8年ぶりに更新した。

前回はせっかく滅多に着ないスーツを着た機会にと撮影してプロフィール写真にしたのだが、もしかしたら面識のない方には「ビジネスな人」という印象を与えてしまっているかもしれないと思い、今回は普段着の写真にした。

それから前回はトリミングのことを考えないで撮ってしまってパンパンになってしまった反省があったので、余裕をもったフレーミングで撮影。この8年間でネットサービスのプロフィール写真表示のトレンドが正方形から円にずいぶん変わってきた。丸く切り取られた時にも困らないよう今回は余裕のある控えめな写真として切り出した。

リビングでの撮影に使ったもの

背景用にケント紙を用意して良かった。背景処理しないで済ませられたよ。

[ 4月3日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

月別インデックス
Process Time: 0.053705s / load averages: 0.78, 0.67, 0.56
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker