nDiki

2021年10月21日 (木)

スーベレーン M400 のキャップの天冠がちょっと剝がれかけているのに気づいた

スーベレーン M400 のキャップの天冠がちょっと剝がれかけているのに気づいた。2005年12月に手に入れてから、もうすぐ16年か。

フルハルターは公式サイトによると残念ながら2018年2月28日に大井町の店舗を閉鎖されており、我孫子のマンションが作業場だそう。新型コロナウイルス感染防止で今は来訪は受けられていないとあるし遠方でもあるので、直接お願いするのは今は無さそうだ。郵送で修理をお願いできるか確認するか、どこかの店舗経由でメーカー修理に出すかどちらかかなあ。

[ 10月21日全て ]

2021年10月20日 (水)

有栖川宮記念公園を超コンパクトにした感じの鍋島松濤公園

image:/nDiki/2021/10/20/2021-10-20-141412-nDiki-1200x800.jpg

ブラタモリ「渋谷〜なぜ渋谷に人が集まるのか?〜」に出てきた池のある鍋島松濤公園に興味を持ったので昼休みに行ってきた。水車があってびっくり。

高級住宅街の道沿い。緑が生い茂り水辺有り。これは有栖川宮記念公園を超コンパクトにした感じだ。

蚊に注意の看板が立っていた。夏は蚊が多そう。

image:/nDiki/2021/10/20/2021-10-20-141519-nDiki-800x1200.jpg

[ 10月20日全て ]

2021年10月19日 (火)

ようやくベルトを新調

2017年5月5日 10:29 に Remember The Milk に登録した「ベルトを買う」タスクをとうとう実行した。さすがにボロボロになってきたのに加えて、ちょっと痩せたので一番絞った穴でもゆるくなってもう無理って感じだったので、昼休みに GU にサクッと買いに行ってきた。ユニクロは長さ調整できないベルトばかりだったので GU。

MEN ベジタブルタンドレザー ギャリソンベルト (アジャスタブル) 37 BROWN 牛 1,990円。

ベルト1本買うのに4年半弱かかった(Web 日記を見返したら、その頃いっとき違うタスク管理ツールを試していた頃だった。 タスクロンダリングされる前からの太古の「ベルトを買う」タスクだった可能性がある)。

[ 10月19日全て ]

2021年10月18日 (月)

恵比寿駅から出社【日記】

今朝はいい天気なので恵比寿駅で降りてオフィスまで歩いて出社。渋谷丘口地区第一種市街地再開発事業もだいぶ建物が建ってきた。

A街区は地上39階立て、B街区は地上29階立て、C街区は地上4階立て。竣工するとオフィスから中目黒方面はだいぶ隠れちゃうな。今のうちに景色を眺めておかねば。

[ 10月18日全て ]

2021年10月17日 (日)

初めてのシーリング打ち替え(プチ)

image:/nDiki/2021/10/17/2021-10-16-133420-Pixel-4-nDiki-1200x900.jpg

キッチンのワークトップと壁の間のシーリングが割れて水が入ってしまうようになったので、ちょっとしたシーリング打ち替えをしてみることにした。シーリングするのは初めてだ。

打ち替えする長さが 70cm ぐらいなので、量が少なく必要な道具が揃っているパッケージ品を今回は使ってみることにした。

どちらもマスキングテープとヘラが付属しており、加えてバスコークNはノズル・絞り器もセットになっている。ありがちだが付属品が多い方がちょっと魅力的に感じるもののそれが必需品なのかは不明。両方とも量は一緒で幅5mm x 深さ 5mm で 1.8m 程度使える。

結果、買いに行ったホームセンターではバスボンドQしか見当たらなかったのでバスボンドQにした。迷わなくて済んだ。

安いのでバスコークカッターも合わせて購入。

これは買っておいてよかった。ワークトップと壁の間の溝が深いので、最初はカッターナイフでザクザク切ったけれど、ワークトップや壁に接着されたシーリング材を削り落とすのに役立った。これが無かったらかなり苦戦していた(あっても苦戦したけれど)。

作業は古いシーリング材を剝がすのにほとんどの時間を費やした。しっかり張り付いていて簡単には剝がれないものなのだね。水回りで黒カビも生えているシーリング材のカスを二度と取れない隙間に落とさないよう取っていくのが結構たいへん。完全に取り除くのは無理なのである程度のところで見切りをつけた。

あとはマスキングテープをはり、シーリング材を充填。できるだけ奥まで入るようにギューッとチューブを絞って押し込んだ。しっかり絞ればまだ出るけれど残しておくほどではないぐらい使い切った。

そのあとヘラで表面を仕上げ。表面に盛りすぎていてヘラに沢山シーリング材がついてきてしまった。あまり盛らない方が良かったようだ。

何度もヘラでこすらず一発で済ませる方がキレイに仕上がりそう。角や縦に立ち上がったところは、盛りすぎていることも仇になりちょっとボコボコになったけれど、無理に整形しようとしないことにした。

マスキングテープは早く剝がした方が良いらしいので速やかにとった。シーリング材のついたマスキングテープを小さなポリ袋に入れるの結構手間取ったので、次回は大きめのポリ袋を口を広げて待機させておきたい。

23℃・湿度50%の条件で、表面の皮張りまで10分、表面から 2mm 硬化まで5時間、表面から 4mm 硬化まで 8時間。午前中に作業完了後、念のため夜までシンクでの水仕事は避けた。においはほとんど気にならなかったな。

初めてにしては及第点の仕上がり。ちょっと幅がある溝なのだがどれぐらいもつだろうか。何年かいい状態を保ってくれるといいな。

[ 製品レポート ]

[ 10月17日全て ]

2021年10月16日 (土)

この週末は用事・買い物・家のメンテ・ゲームかな【日記】

午前中に Zoom での説明会を聞いたあと、ホームセンターに行ってシリコーン補修材とカーテンレールのランナーを買いに行ってきた。

午後に週末の食材買いに行って『マリオカート8 デラックス』をやって、夜ご飯の時にブラタモリ「渋谷〜なぜ渋谷に人が集まるのか?〜」を観、夜にまた『マリオカート8 デラックス』。

先週出掛けたし、この週末は天気が良くないので家のことをやったり家で遊んだりかな。

iPhone 13 の #nNote

[ 10月16日全て ]

2021年10月15日 (金)

クローズドリストにこだわるのをやめる

GTD に加えて4年ちょっと前からマニャーナの法則を取り入れてきた。

「原則1 新しい仕事は『明日やる』を基本にする」というスタンスは結構いい感じだが、「原則2 クローズドリストを使う」はきちんとできないので自分には合わないな。クローズリストにこだわるのやめてみることにした。

第4回 『Hacking Growth グロースハック完全読本』を読む会 第2章 プロダクトの渇望度を測る (後半)

rimage:ASIN:4822255824

『Hacking Growth グロースハック完全読本』を読む会の第4回目。前回 第2章の前半で時間を使い切ってしまったので今回は第2章の後半だ。以下2回分のまとめ。

第2章は「プロダクトの渇望度を測る」。

プロダクトのコアバリューが最重要

グロースするには大前提として顧客に愛されるプロダクトでなくてはならない。価値あるプロダクトであり、顧客がその価値を感じた瞬間「アハ体験(本書ではアハ・モーメントとも)」に愛が生まれる。

プロダクトのコアバリューとユーザーのアハ体験を見つけるのは容易ではないが、プロダクトが「マストハブ」であると思われているかどうかは、著者であるショーン・エリスが開発したユーザーアンケート調査「マストハブ・サーベイ」と顧客維持率測定によって判別できるという。

プロダクトのコアバリューとアハ体験が発見できておりマストハブなプロダクトであれば、グロース実験へ進むことができる。

そうでなければ追加のユーザー調査(顧客インタビュー・実施調査・試作品・文言変更実験・プロダクト変更実験・ユーザーデータ分析)を通して、まずプロダクトのコアバリューとアハ体験を探すことになる。

プロダクトのコアバリューが無いままにバイラル性を作り込んで一時的にグロースすることができても結果失速してしまうであろう。

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング』でも良いプロダクトでなければプロモーションを工夫しても限界があると述べられている。

ただし SNS ではそう単純な話ではない。

プラットフォームの利用者がコアバリューであるソーシャルネットワークサービスなどは例外

と括弧書きで小さく書かれているのを見落とさなかった。 そうそう、 SNS にとっては多くのユーザーがいる事自体が大きな価値なんだよね。

ユーザー調査

すでにプロダクトがあり顧客があるならば、プロダクトのコアバリューとアハ体験を発見するためにプロダクト上で実験したりユーザデータ分析したりできる。

ユーザーデータ分析については「顧客体験のあらゆる側面からデータを集めて細かく分析」するために「適切な追跡機能を付加」し「ユーザー行動の緻密な全体像に仕上げ」て、ロイヤルユーザーに特徴的な行動を見つけるとある。分析を通じた予想外の発見のためにもデータ収集と実験が必要だという。

プロダクトが小さい初期段階ではデータ収集処理を網羅的に仕込んでいきやすそうだが、有限の資金と時間の中で進めていかなければならないだろうから、ほとんどの場合取捨選択が必要だろう。

「予想外の発見」とは結果である。予想できないからと闇雲にデータを集め眺めていてはいくら時間があっても足りない。やはり仮説思考で進めるべきだ。

今日のさえずり: 『あつまれ どうぶつの森』のアップデートに衝撃を受けた。

  • 23:50あつまれ どうぶつの森』のアップデートに衝撃を受けた。
  • 24:46 『5分で論理的思考力ドリル』気になって帰りに本屋で見てきた。 結構硬い本だなという印象(物理的に)。問題を解くときにパタッと開いておけるのかな?
  • 24:51 いろいろな考え方について学べるのは良さそう。 ドリルというと個人的には反復学習できそうなイメージがあるけれど、そういうのではないかな。
[ 10月15日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

最近検索されている記事

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

notes.naney.org 新着ノート

月別インデックス
Process Time: 0.04755s / load averages: 0.43, 0.44, 0.64
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker