nDiki

2022年9月28日 (水)

原宿駅から出社【日記】

image:/nDiki/2022/09/28/2022-09-28-092229-nDiki-800x1200.jpg

暑さも和らいできて、これぐらいなら朝に歩いてもいいかなという陽気になってきた。ので、原宿駅から渋谷まで歩いて出社。

[ 9月28日全て ]

2022年9月27日 (火)

自分の Tweets のいいね数・Retweets 数はやっぱり表示する

7月から Twitter のいいね数・Retweets 数を非表示にしてみている。他人の Tweets のいいね数・Retweets 数が分からないのなかなか良い。

一方で自分の Tweets のいいね数・Retweets 数はやはり知りたくて仕方ない。トライブの報酬が欲しいの。

TweetDeck については Better TweetDeck のカスタムCSSを修正して自分の Tweets のいいね数・Retweets 数は表示するようにした。

 .stream-item:not([data-tweet-user-id='自分の ID (数字列)']) .like-count {
     display: none;
 }
 
 .stream-item:not([data-tweet-user-id='自分の ID (数字列)']) .retweet-count {
     display: none;
 }
 
 .stream-item:not([data-tweet-user-id='自分の ID (数字列)']) .reply-count {
     display: none;
 }
[ 9月27日全て ]

2022年9月26日 (月)

結石を検査に出す

今週の金曜日に尿路結石の診察で通院する予定だったが、先週の土曜日に排石したので前倒しで石を持参して病院に行ってきた。

ほとんどの場合シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムですが成分分析しますか、記念に持っておきたいという患者さんもいますがと言われたので、分析をお願いした。さよなら結石。

結果が出るまで2週間ほどとのこと。その頃にまた通院。

[ 尿路結石 ]

[ 9月26日全て ]

2022年9月25日 (日)

ドーナツを食べたり、写真にふい字で携帯百景風の文字入れをしたり【日記】

image:/nDiki/2022/09/25/2022-09-25-153553-nDiki-1200x900.jpg

昨日天気が悪かったので、今日に食材の買い出し。いっしょにミスタードーナツドーナツを買ってきた。

久しぶりに携帯百景風に文字を入れて写真を投稿したいなと思って Pixel 4 に Photo Editor とふい字を入れてみた。10年前に試した組み合わせだけれど、今でも使えた。

[ 9月25日全て ]

2022年9月24日 (土)

全長 7mm の尿路結石を排石

トイレですっと。おしっこをしていて黒い影がすっと流れていくのをみて慌てて確認し採取。出る時には痛み・出血はなし。その後数時間は排尿時にひりつく痛みがあった。

ミニ唐揚げ風で全長 7mm だった。

2016年5月16日以来2回目の排石。出るまで待ちわびるのだが、出る時はあっけない。

痛みを気にせずにすむ生活が戻ってきたのめちゃくちゃ嬉しい。6mm〜7mm ある左腎結石も大きくなる前に出てきて欲しいぞ。

今回の流れ

3年ぐらい前からたまーに「この背中・腰の痛み結石かも……」みたいなのがあったのね。で、去年の5月に妻が帰省したタイミングで血尿がしばらく出てまじかと。その後はたまに痛みがあるなというぐらいだったのだけれど、また今年になって血尿が出始めた。で、6月に激痛がきたので通院・検査・を服用。通院し始めてから3カ月弱での排石で、今回は比較的短かった。

[ 尿路結石 ]

DigitaLIZA+ でリバーサルフィルムのデジタル化を始める

image:/nDiki/2022/09/24/TC-1-R-0001-08-2022-09-24-160921-nDiki-800x1200.jpg

今月購入した Lomography DigitaLIZA+ でリバーサルフィルムのデジタル化を始めた。

機材

SEL30M35 は今日が初実戦投入。ワーキングディスタンスが短いので DigitaLIZA+ にかなり近づける形でセッティングする必要がある。レビューを見ると F5.6 が画面全体で一番画質が良くなるとのことなので F5.6 にした。ISO 感度は 100 で。

最初はベルボンのマクロ撮影用三脚 ULTRA 353 mini を使ってみていたんだけれど、真上から撮るのには向いていなかったので、普通のサイズの三脚に取り替えた。

Lomography DigitaLIZA+ はフィルムホルダーとバックライトを使用。36x24mm フィルムマスクと 35mm パノラマディフューザーは使用せず。

撮影

撮影モードは絞り優先。基本オートのままで、何枚かだけプラスに露出補正した。フォーカスは AF-S + フレキシブルスポット。RAW 画像を後で処理するのでホワイトバランスは AWB オートのまま。

SEL30M35 は周辺部の解像力・色収差がそこそこのようなので、目一杯使わずパーフォレーションを含めて撮影しコマ部分を切り抜くことにした。

ファイル名

デジタルカメラで撮った写真は撮影日時より

 YYYY-MM-DD-hhmmss-カメラ名.拡張子

としているが、フィルムで撮った写真は撮影日時が分からない。ちょっと長いが

 フィルムカメラ名-フィルム種別-フィルム番号-コマ番号-YYYY-MM-DD-hhmmss-デジタルカメラ名.拡張子

とすることにした。フィルム種別は N:ネガフィルム、R:リバーサルフィルムフィルム番号は 0001・00002・……。コマ番号は 01・02・……。

その後ろはデジタルカメラで撮影した日時とカメラ名。再度デジタル化し直した場合、ここで区別する。

Adobe Lightroom Classic で現像

「切り抜き」で角度補正をしたコマに合わせて切り抜き。

リバーサルフィルムは色を反転させなくて良いので楽ちんだ。ホワイトバランスもほとんど撮影時のままで大丈夫だった。

階調もあまりいじらず。必要があればシャドウや黒を少し上げるぐらい。

キレと周辺の光量落ちのある TC-1写真の雰囲気が残った形でまずまずデジタル化できている感じでちょっと嬉しい。

これは楽しいぞ。

土曜日の午後に36枚撮りフィルム2本を撮影して Lightroom Classic で処理してちょうどいいぐらいの時間だった。

image:/nDiki/2022/09/24/TC-1-R-0002-14-2022-09-24-143802-nDiki-800x1200.jpg

[ ファイル名の先頭を日付にする ]

[ 9月24日全て ]

2022年9月23日 (金)

冷凍みかんを食べる【日記】

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー八世』を観に行くのに昨日有給休暇を取ったので、今日は4連休の2日目。

月曜日からの日記を買いたり過去の月録写真を追加したりと今日の中心は日記書き。

夜のデザートはコープで買った冷凍みかん。東京駅の売店で冷凍みかんを買ってもらって特急列車に乗った、子供の頃の記憶が蘇る。幸せな気持ちになった。

今日のさえずり: 『君の名は。』を観てから6年だ

[ 9月23日全て ]

2022年9月22日 (木)

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー八世』

image:/nDiki/2022/09/22/2022-09-22-111357-nDiki-1200x800.jpg

有給休暇を取りと彩の国さいたま芸術劇場に彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー八世』を観に行ってきた。

彩の国さいたま芸術劇場

初めての彩の国さいたま芸術劇場。2022年10月3日から2024年2月29日まで大規模改修工事に伴って休館だそう。休館前に観劇できてラッキー。

新幹線がひっきりなしに通過する埼京線与野本町駅で下車。のどかな雰囲気の与野本町駅前公園・たつみ通りを通って劇場へ。

image:/nDiki/2022/09/22/2022-09-22-112335-nDiki-1200x800.jpg

まずは劇場内にある「イタリア料理ペペロネ」で早めのランチ。11:30 の開店まで待つつもりだったけれど、着いたらすでに開店していたので入店した。近隣にランチできるところがあまりないので、ここで食べられなかったら食いっぱぐれだなと思ってきたのだけれど、それほど混んでおらずすっと入れて安堵した。

『ヘンリー八世』公演期間中の9月16日から25日まではメニューを絞っての営業とのことで、キッシュ・ロレーヌ (1,400円) を美味しく頂いた。

なお、ペペロネも9月25日をもって閉店だそう。

image:/nDiki/2022/09/22/2022-09-22-115921-nDiki-800x1200.jpg

食後は開場まで劇場散策。ロトンダ (円形広場)・ガレリア・舞台芸術資料室をぶらぶら。建物自体がアートである。

12:30 近くになったところで列に並んで第ホールに入場。

彩の国シェイクスピア・シリーズ『ヘンリー八世』

ヘンリー八世と王妃と女官、王を取り巻く地位や財産などへの欲望深い者たちの調略を描いた作品。松岡和子氏訳の『ヘンリー八世』を事前に読んでおいたことでストーリーを追いつつ、役者の演技に集中して観劇できた。

ヘンリー八世役の阿部寛氏には圧倒された。近くを通った際には畏怖の念を抱いてしまうぐらいだった。吉田鋼太郎氏が演じるウルジーは本で読んだイメージよりもコミカル。嫌な奴にしか思えないウルジーが、感情豊かな演技によって憎みきれないキャラクターに感じられたのが面白かった。

3時間5分予定 (一幕 1時間25分/休憩15分/二幕 1時間25分) だった上映時間はあっという間だった。

二幕からは徐々に観客を巻き込んでいき、16世紀の英国王宮と現代の我々が融合していく。唐突さなく舞台と観客の一体感が作られていく中で最後のシーンが迎えられた。映像作品では味わえない演劇ならではの興奮と満足感が得られる良い演出だった。

image:/nDiki/2022/09/22/2022-09-22-162512-nDiki-800x1200.jpg

今回の席は1階席の後ろの方。双眼鏡 (倍率6倍)・単眼鏡 (倍率4倍) を持っていってよかった。

観劇後

観劇の余韻を楽しもうと、駅に戻る途中でサイゼリヤ 与野本町駅前店に立ち寄りコーヒーで一息ついた。午前中に家を出て観劇し地元に戻ったらもう日が落ちて夜。観劇を楽しんだ良い1日だった。

今日のさえずり: 『ヘンリー八世』観劇

[ 9月22日全て ]

About

Process Time: 0.018862s / load averages: 0.36, 0.28, 0.29