nDiki : 3月25日

2004年3月25日 (木)

過去の今ごろ

過去の3月25日より。

スポンサード リンク

PEG-TJ25インストールメモ

ジャムる

オフィスで中国人スタッフがプリンタを前に困っていた。 液晶表示に「ジャム B」。 紙詰りか。

って、あれ? その時いたスタッフ誰もジャムの意味がわかってなかったのか。 もっとも自分がジャムと聞いて最初に思い浮かんだのは弾詰まりの方だけど。

プリンタのBのところのボタンを押して開いたパネルの中で詰まっていた紙を抜いて復帰。 まぁ液晶表示もまだ数文字表示する領域があるので「カミヅマリ」の方が確かによいな。

[ CLIE ] PEG-TJ25Graffiti 2Graffiti

やっぱり Graffiti 2 は使いづらい(i, t, 記号あたり)。 Graffitiの方がいいな。

ということでPEG-NZ90(Palm OS 5 デバイス)から、FileZで、

  • Graffiti Library.prc (version 2)
  • Graffiti Library_jpJp.prc (version 3)

メモリースティックにコピー。 PEG-TJ25側でメモリースティックからFileZでRAMに移して、ソフトリセット。 問題なく動作。

境界またぎの大文字入力

PEG-TJ25では標準で使えるようになっていた「境界またぎの大文字入力」だが Graffiti にしたら効かなくなった。 MiddleCapsPalm OS 5 だと動かなさそうだしということで、別のものを探す。 で、Capitalizer 0.22 をチョイス。

  • capitalizer022.zip / capitalizer.prc

設定の Make capital when は自分の場合 4:Stroke crosses number area が一番境界またぎっぽく使えた。

体が

'i, k' あたりの入力では、既に体が Graffiti 2 向けになっている事に気がつきショック(すぐ Graffiti の体に戻ると思うけど)。

[ 3月25日全て ]

2005年3月25日 (金)

退職お疲れさま会

が今の組織を今月末に退職するにあたり、今日が最後の出勤日。 挨拶をすませてオフィスを出た後、結婚式にも来てくれたの仲の良い同僚の一人と3人でお疲れさま会をすることになった(もともと2人で呑む話だったところに、私も参加希望した)。

年度末の給料日な金曜日ということで、新橋の夜はいつもより人が多く18:30過ぎにはすでにどこも満席。 何軒かまわった後、ようやく電話で席があいていることを確認できたお店に飛び込んだ。 路頭に迷わないですんで一安心。

彩喰・焼酎bar ゆらり草庵

SL広場沿いにある第一吉川ビルの7F。 落ちついた感じの洒落た和風バー。 飲み物は焼酎中心。 料理もそれなりに充実。 スタッフもよく教育されている感じ。

値段はちょっと高め。

トイレ前の通路がガラス製踏台の飛び石になっていて酔っ払いにはかなり危険そうである。 デザイン重視しすぎ。

の同僚に御馳走になってしまった。 ありがとうございます。

雑居ビルのエレベータはかなり狭く、かつ1台しかない。 一般客用の階段もみあたらず、不便。 それ以上に危険。 大丈夫なのだろうか。

職場の話とか

職場の話が中心だったが、家でよく話を聞いていたのでそれなりに楽しかった。 退職にあたり皆でメッセージ帳を作ってくれたりと、よくしてもらったようだ。

花粉症

の同僚も今年から発症したらしい。蕁麻疹が出るタイプで目鼻はなんともないらしい。 自分と同じクラリチンx2 と別の飲み、塗りを処方されているとのこと。 クラリチンは食後に飲まないと効かないとかいっていたような。

自分は夜は寝る前に飲んだりする時もあるんだけれど、やっぱり食後の方がいいのかな。

今日はもともと症状が強かったのだが、ビールを一杯飲んだら完全に鼻詰まり。 やはりシーズン中はアルコールを避けた方が良いようだ。

[ 3月25日全て ]

2006年3月25日 (土)

vc-svn.el を使いたいので Emacs 22 に移行することにした

SubversionEmacsVC バックエンド vc-svn.el があるので CVS の時と同様気軽に使えていたのだが、かなり前から Debian の subversion パッケージから取り除かれて使えなくなってしまっていた。

vc-svn.elEmacs 22 に含まれるらしく、Debian だと emacs-snapshot(-common と -el)に含まれている。 やっぱり VC で使えないと不便なので、これを機に Emacs 22 に移行することにした。

後生大事に Emacs 19 / 20 / 21 それぞれ用に emacs-major-version で設定を切り分けている .emacs のコードがあったりするので、その部分は動作確認しつつ Emacs 22 用の設定を作成する。

Emacs 21 とちょっと設定を変える必要がある部分があったけれど、おおむね問題なく動いているようだ。

問題なさそうなので update-alternatives で普段使いに設定しておこう。

近谷先生退職記念パーティー

naney:119128263

大学・大学院と研究室で指導していただいた近谷先生が、この春ご退職されることになった。 労をねぎらい感謝の意をこめて準備委員会により退職記念パーティーが池袋ホテルメトリポリタンで開かれた (キックオフミーティングには出たのだけれどその後、協力できずちょっと申し訳なく)。

今後なかなか機会もないと思うので同伴で出席。 近谷先生に挨拶に行くと「君、学生の時より若くなった感じだねぇ」と言われた。 リップサービスなのか、学生時代本当に老けていたのか。

パーティーの2時間はあっという間であった。

結婚した研究室のメンバは出産ラッシュのようでちょっとビックリ。

その後クローク前で先生ご夫にあったけれど、喜んでくださっていたようで良かった限り。 来年度も週1時間は授業を持たれるそうである。 それ以外は「特に何も考えてなくて」と奥様が笑っておっしゃられていた。

終了後近谷研の田圃君・花田君、後処理をしてかけつけたやまだ君・田中丸君と軽く談笑(というには例によって、カリカリに先端なネタ)した後、解散。

近谷先生お疲れさまでした。

理系らしい緻密な準備をされた、準備委員会の方々ありがとうございました。

[ 3月25日全て ]

2009年3月25日 (水)

終電嫌いじゃない

naney:3387114335

久しぶりに終電まで残業

長時間残業残業中も後日も生産性が落ちてトータルではよろしくないので良しとしていないのだが、間に合わせなければならない時はこれ仕方ない。

残業は嫌だけれど、終電自体は嫌いじゃない。 駅での電車待ちは苦にならないし、車内や駅・街の雰囲気もちょっと違ってなんか高揚してくる。 不思議。

[ 3月25日全て ]

2010年3月25日 (木)

Evernote に添付した FreeMind Map ファイルを直接開けるようにする

マインドマップ管理ツールとしての Evernote

FreeMind はいいマインドマップツールだ。 しかしマインドマップファイルの管理方法について考えあぐねてスポット的にしか使っていなかった。 ファイル名にタイトルをつけて管理するには無理がある。画像ファイルの管理にはアルバムソフトウェアが必要なように、マインドマップツールにもブラウザが必要だ。

やはりここは Evernote の出番か。Evernote ならマインドマップを添付したノートにタグやメモをつけておくことで検索・ブラウズができるようになるし、マインドマップ以外のデータもあわせて管理しておくことができる。

Evernote から直接 FreeMind Map ファイルの編集を呼び出すせるようにする

Windows ではただ普通に FreeMindインストールした状態では、Evernoteノートに添付されている FreeMind の .mm ファイルを開いても FreeMind が起動するだけでそのファイルが開かれた状態にならない。

Evernote から FreeMindマインドマップを開き、編集し保存すると Evernote ノートに自動的に書き戻されるようにするにはファイル関連付けの修正が必要だ。

以下は Windows XP + Evernote 3.5.2.1764 + FreeMind 0.8.1 での設定。

  1. エクスプローラ の [ツール]-[フォルダ オプション] から [ファイルの種類] タブを選択する。
  2. 拡張子 MM、ファイルの種類 FreeMind Map を選び、詳細設定を選択する。
  3. Open アクションを選択し、編集を選択する。
  4. [アクションを実行するアプリケーション] を "C:\Program Files\FreeMind\Freemind.exe" "%1" から下記のように変更し、OK を押す(インストール先にあわせてパスを適宜変更)。
 javaw.exe -Xmx256M -jar "c:\Program Files\FreeMind\lib\freemind.jar" "%1"

これで Evernote から直接開いて閲覧・編集できるようになる。

Happy mind mapping!

2011年11月10日追記

今日のさえずり - なんかバグパイプな音楽がオフィスにかかってる

2010年03月25日

[ 3月25日全て ]

2011年3月25日 (金)

停電対応のための電池をだいたい確保

防災・停電対策のため地震電池関連商品の品薄が続いている。 通勤時にヨドバシカメラをのぞいたり、昼休み秋葉原をまわってみたりしながらぼちぼち必要分揃えてみた。以下記録。

経緯


[ 東日本大震災 ]

今日のさえずり:

2011年03月25日

[ 3月25日全て ]

2012年3月25日 (日)

今日のさえずり: 飲めば鍛えられるよっていう人が鍛えたり鍛えられたりしている間に、自分は違うところ鍛えておきます。

2012年03月25日

  • 08:29 本日新築探検訪。
  • 09:04 出発。いい天気!
  • 09:52 I'm at 横浜駅 (Yokohama Sta.) (横浜市, 神奈川県) w/ 15 others http://t.co/m1xEAamu
  • 09:54 Yokohama.pm ぶりの横浜
  • 13:38 新築のオタク満喫中。
  • 22:09 飲めば鍛えられるよっていう人、ミクロゾームエタノール酸化酵素のこと言ってるのかね。やばいんですけど。
  • 22:11 飲めば鍛えられるよっていう人が鍛えたり鍛えられたりしている間に、自分は違うところ鍛えておきます。
  • 23:47 寝ると質量が増えることを今日は忘れてた。
[ 3月25日全て ]

2013年3月25日 (月)

アウトライナー WorkFlowy 継続評価中

箇条書きで書き出していくのにとてもいい感じ。普通のリッチテキストエディタではできない、サブリストまるごとの移動とかインデント/アウトデントとかはやはりアウトライナーならではの操作感。

ささっと書けるので、フリーの月500項目というのは案外少ないものだな。サクサクっと使っているとあっという間に1日200以上項目入力していたりする。UI 的にも心地よいので WorkFlowy Pro を買ってもいいんだけれど、値段的にもう少しプラスαの特典が欲しいなと思うところ。

ただ機能がシンプルにうまくデザインされているのすごくいいんだけれど、お金を払う相手という意味での情報もシンプルすぎてちょっと躊躇するところはある。企業情報とかヘルプ・サポート系がもうちょっと充実していると本気度が感じられて、サービスの継続性について少しでも安心する(あるいは騙される)のだけれども。WorkFlowy Blog を見る限り継続して新機能の追加などの開発はされているのでまだまだ大丈夫だとは思うが、バイアウトをゴールとしてたりしないよね。

機能的な話だと、毎日届くデイリーサマリーメールというのが新鮮でかつなかなかいいかも。変更したリストがメールになって送られてくるので、書いたメモとかアイデアをもう一度見返す機会が1度増えて、また次のアイデアにつながりそうな気がする。

  • https://workflowy.com/
    • このリンク先から登録すると通常の2倍のスペースが使えます。
[ 3月25日全て ]

2014年3月25日 (火)

EmacsOrg Capture でぼっちつぶやき

あとで整理してまとめたりできるように、ふと思ったことを非公開で1人 Twitter タイムライン的にログっておくのに PC 上でなかなかいいのないんだよねとずっと思っていたんだけれど Emacs の Org mode にある Org Capture 試してみたらいい感じだった。

普段 Org mode 使っていないので Org Capture で必要なところだけ設定してみた。

 (require 'org)

 (setq org-capture-templates
       '(
         ("t" "Timeline (local)"
          plain
          (file (concat "~/var/timeline/timeline-" (format-time-string "%Y-%m-%d") ".md"))
          "- [%(format-time-string \"%Y-%m-%d %H:%M:%S\")] %?\n")
         ("n" "Note (local)"
          plain
          (file (concat "~/var/note/" (format-time-string "%Y-%m-%d-%H%M%S") ".md"))
          "# %?\n[%(format-time-string \"%Y-%m-%d %H:%M:%S\")]\n")
         ("T" "Timeline"
          plain
          (file (concat "/naney@example.com:/home/naney/var/timeline/timeline-" (format-time-string "%Y-%m-%d") ".md"))
         "- [%(format-time-string \"%Y-%m-%d %H:%M:%S\")] %?\n")
        ("N" "Note"
         plain
         (file (concat "/naney@example.com:/home/naney/var/note/" (format-time-string "%Y-%m-%d-%H%M%S") ".md"))
         "# %?\n[%(format-time-string \"%Y-%m-%d %H:%M:%S\")]\n")))

 (global-set-key (kbd "\C-cc") 'org-capture)

'C-c c t' すると

 - [2014-03-25 23:24:25]

が書かれたバッファが開くので適当に何か書いて C-c C-c する。と、~/var/timeline-2014-03-25.md にその内容が追記される。

TRAMP でリモートホスト上のファイルを開く時のファイル名を指定してみたらうまくいったので、さくっとリモートファイルにも追記できてすごく嬉しい。ので 'C-c c T' で書き込めるように設定してみた。これで Dropboxrsync / Unison などで同期する必要がなくていろいろ良い。

あとは追記型ではなくて都度新しくノートファイルを起こすタイプの設定も追加しておいた('C-c c n' と 'C-c c N' で呼び出し)。howm で 'C-c , c' するのと同じ感覚で作れる。こちらもリモートホスト上にファイル名で悩む必要なくさくっとノートを書いておくことができて良い(そのかわり howm みたいに grep できないけれど)。

2014年3月27日追記

リモートホスト上のファイルへの保存の方を良く使うので、'C-c c' の後のキーは小文字の方をリモートに、大文字の方をローカルに変更。

今日のさえずり: 二子山

2014年03月25日

naney:13396767423

[ 3月25日全て ]

2015年3月25日 (水)

Go のインデントはタブだと?

先週から始めての Go でちょっとしたツールを書き始めてみているのだけれど、今日になって go fmt を使ってみてインデントにタブを使うと知って軽く悶絶した。タブかー。ルールに従うけど。あと変数とかとりあえず snake_case で書いていたんだけれど CamelCase っぽい。明日修正。

今日のさえずり: 近谷先生退職記念パーティーからもう9年か

2015年03月25日

[ 3月25日全て ]

2016年3月25日 (金)

Instagram の元の写真の保存とか、音声入力とか【日記】

Instagram にアップロードした写真はオリジナルサイズでダウンロードできないのですね。アプリの「元の写真を保存」は有効にしてあるのですが、最初の何枚かは消してしまいました。

AndroidGoogle 音声入力が最近いい感じらしいのでちょっと使ってみようと思います。Google 日本語入力の設定で「音声入力ボタン」をオンにしてキーボードに音声入力ボタンを表示しておこうと思ったのですが、ボタンが出なくて「あれ?」と思ったのですが、「キーボードと入力方法」のところで Google 音声入力がオフになっていたせいでした。周囲に人がいない道を歩いている時にメモをする時などにまずは使ってみようと思います。

オフィスでは明日が誕生日のメンバのサプライズプチ誕生日会をやりました。1月2月と3カ月続けてです。うちの部は早生まれが多いようです。みんなでメンバをお祝いする空気のある部になって良かったと思っております。

今日のさえずり: Miitomo はインストールする前に飽きました

2016年03月25日

  • 18:38 にわかに後ろが賑やかになりました。
  • 21:42 長く感じられる1週間でした。
  • 22:00 Miitomo はインストールする前に飽きました。
[ 3月25日全て ]

2017年3月25日 (土)

発表会に行ったり【日記】

今日は α6300 + TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC (Model B011) を持って発表会を見に行ってきました。E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS で足りるかなと思いましたがやはり 200mm 持っていって良かったです。前から数列目の席だったのですけれど。それからサイレント撮影はやはり静かで便利です。

花が咲き始めたの下を通って帰宅。

午後は「12歳。」第4話を視聴。慣れてきたのか見ていてだいぶ恥ずかしくなくなってきました。

[ 3月25日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 1.555076s / load averages: 0.82, 0.48, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker