nDiki : 7月26日

2001年7月26日 (木)

映画不思議惑星キン・ザ・ザ

14:00 アフターセブン

今日、金沢帰りの友人渋谷ユーロスペース映画不思議惑星キン・ザ・ザ」を観に行くこと決定。

23:00 映画不思議惑星キン・ザ・ザ

渋谷ユーロスペースにて。 配給はパンドラ

アタリですよ! 旧ソ連で1986年に公開された SF 映画IRC 中に友人から突然誘われて観にいったので下調べもなにもなく、どんな映画か不安だったが、こりゃいいですね。まぁ好き嫌いのでる映画でもあるかもしれないけど。

パンフレットや Web ページで見た釣鐘型のペペラッツ(宇宙船)もその存在感抜群。 こりゃ観ないとキュー。

帰り道、挨拶「クー」(チャトル=パッツ語)をしたくてしょうがなかったですよ。

Kin-Dza-Dza! Art Pack には WINAMP のスキンまであったりする。


[ 映画鑑賞 ] [ Naney お気に入りの映画 ]

スポンサード リンク

12:40 MHC よさそげ

昨晩 Mewアップデートしたついでに、MHC もいれてみる。

メールベースのスケジューラ。Mew や Wanderlust や Gnus と連携する。

受けとったメールがスケジュールならば C-c . | する。 そのメールから日時がスキャンされ、メールMHC 固有のヘッダをつけたコピーが指定したディレクトリに格納される。 メーラ上で C-c . . すれば今月のスケジュール一覧が出るので見たいものを選択して . や SPC を押すばそのメール(のコピー)が見られるわけ。

受けとったメールにはスケジュールの詳細が書いてあるわけだから、あらためて入力する必要もない。

emacs 上で作業できるし、多くの予定は電子メールではいってくるのでこりゃよさそげ。

Debian GNU/Linux sid で mhc 0.25+20010625-1 + mew では

 (mhc-select-mailer-package 'mew)

を .emacs に追加して

 cp /usr/share/doc/mhc/examples/DOT.schedule.sample.jp ~/.schedule

で使いはじめられる。

[ 7月26日全て ]

2004年7月26日 (月)

TortoiseSVNsvn+ssh

マニュアルを読んだら、SSHクライアントの設定のところでユーザ名だけでなくパスワードも指定する例が示されていた。

 前略\TortoisePlink.exe -l ユーザ名 -pw パスワード

なるほど。動いた。しかしかなり嫌な感じ。

ということで、「PC日記: svn+ssh on Windows」で紹介されている方法にしてみた。

準備 (Windows 側)

  1. PuTTYインストール

SSH用の鍵ペアを作成 (Windows 側)

  1. PuTTYgen を実行。
    1. SSH2 RSA を選択。
    2. Generate マウスを適当に動かす。
    3. パスフレーズを入力。
    4. Save private key ボタンで PuTTY Private Key File (.ppk) として保存。
    5. 「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」 覧に表示される文字列をコピーして、テキストファイルに保存(名前は任意)。

SSHの鍵をサーバ側に置く (サーバ側)

  1. そのファイルの中身を Subversion リポジトリのあるサーバの ~/.ssh/authorized_keys に追加。

接続テスト (Windows 側)

  1. PuTTY を実行。
    1. Session - Host Name にリポジトリのあるホスト名を指定。
    2. Connection - Auto-login username にリポジトリのあるホスト上のアカウントを指定。
    3. Connection - SSH - Auth - Private key file for authentication: で 保存した ppk ファイルを指定。
    4. Session - Saved Sessions にホスト名を入力して Save。
    5. Open ボタンを押して接続確認。

TortoiseSVN でパスフレーズ入力を省略できるように Pageant を起動 (Windows 側)

  1. Pageant を起動。
    1. キーリストを開いて Add Key. 保存してある ppk ファイルを指定。パスフレーズを入力。

この状態で TortoiseSVN から接続できるようになった。

追記

2005年8月4日に若干体裁を整理。

[ Zippo ] 8 Squeeze 征覇

http://lightertricks.com/BASIC SKILLS の下、Squeeze Zone の中の

  1. Standard Squeeze
  2. Reverse Squeeze
  3. Inverse Squeeze
  4. Reverse Inverse Squeeze
  5. Thumb Squeeze
  6. Reverse Thumb Squeeze
  7. Inverse Thumb Squeeze
  8. Inverse Reverse Thumb Squeeze

がやっとだいたいできるようになった。Thumb Squeeze と Reverse Thumbs Squeeze には苦戦したが気がつけばそれなりの割合で成功するようになってきた。 もう一練習か。

ちなみに重心の関係で Inverse 系はとても簡単。

残りの

  1. Side Squeeze
  2. Inverse Side Squeeze
  3. Palm Squeeze
  4. Inverse Palm Squeeze
  5. Reverse Palm Squeeze

のうち Palm Squeeze は簡単だが、他はまだだめ。 Side Squeeze なんかできるようになるのか?

過去の今ごろ

過去の7月26日より。

[ 7月26日全て ]

2005年7月26日 (火)

普通の人向けに svnserve を立ち上げるか

開発チームでは主に svn+ssh で Subversion を利用している。

Windows ユーザは

  1. 前準備「PuTTYgen で鍵ペアを生成し」「リポジトリのあるサーバ(Linux)側に公開鍵を登録」
  2. 前準備「Pageant を動かして秘密鍵を指定しておく」
  3. TortoiseSVN でリポジトリアクセス

という手順をとっている(参考記事)。 しかしこの方法は SSH に詳しくなかったり Linux のオペレーションとかに慣れていなかったりするユーザにはかなり敷居が高い。

最近ソフトウェア開発以外でのチームでも Subversion の利用を検討しているが、この手順だと多分萎えるはず。

SSH暗号化するほどのセキュリティが必要ない運用なので、svnserve を起動して運用した方が楽そうだ。まだ使ったことがないけれど。

svnserve を実行する権限を気にする必要がある以外は基本的には手間なしのはず。 しかし svnserve の組み込みの認証機能を使う場合には、平文パスワード文字列を含むパスワードファイルを使う必要があるのがちょっと嫌。

[ 7月26日全て ]

2006年7月26日 (水)

私が情報発信を勧める理由

社内 Blog」をまわりのスタッフに勧めているのだけれど、

  • 「やってみてメリットを感じている人」
  • 「とりあえず(私に)勧めらたので書いてみてくれている(のかな?)という人」
  • Blog という形態にメリットが感じられないので、やる気がしない人」

と様々だ。

話を聞いているなかで、情報発信のメリットやポイントについて自分でも整理してみたくなったので思うところを列挙してみた。

  • あなたが発信すれば、あなたにも発信してくれる。
  • 発信のための「とりまとめ」や「書き出す」という作業は、自分の中での理解を深めることにつながる。
  • 迅速に。情報の多くは時間とともに価値が下がる。
  • 送り手ではなく受け手が選別する。
  • 「受け手は知っているはずだから」と遠慮しない。実は知らないということも多い。
  • Web ページ・WikiBlog・あるいは張り出しなど、うまくメディアを選ぶ。
  • 情報発信そのものよりも、その情報でいろいろな事が良くなること(生産性の向上など)が重要。

すぐに思い受かんだ点はこんなところ。

どれもすでにいろいろな人に語られているようなものであり、やってみれば実感できるものである。

人のためのようで、一番自分のためだったりするのが情報発信


[ opinion ] [ アウトプット主義 ]

運転免許取得

naney:200953957

がめでたく合格。 オメデトウ。

HITACHI uVALUEコンベンション2006

naney:200953759

仕事がらみで、東京国際フォーラムで今日から開催されている「HITACHI uVALUEコンベンション2006」に行ってきた。

会場にいる来場者よりもスタッフの方が多い感じの展示会である。

入退場はミューチップ入りのカードで記録される。 設定のせいかどうか不明ではあるが、リーダが読み取り完了のランプが光るまで結構な時間がかかった。

プライバシー関連の説明は特になし。

[ 7月26日全て ]

2007年7月26日 (木)

携帯電話からの Twitter 投稿に tmitter を使ってみることにした

FOMA から Twitter に投稿する際にはとりあえず、自作 CGI プログラム(記事)を使っている。 これはこれでそこそこ使えるのだが、以下の点でちょっと不便であった。

  • iモード接続したり切ったりするのが面倒
  • 投稿の際まず入力フォーム画面を表示する必要があるのだが、電波状況が良くないと時間がかかったりして嫌
  • submit のレスポンス待ちでタイムアウトすると、送れたかどうか判断できない (*)

(*) なんかはまあきちんとプログラム書けばいいのだけれども、そこまでするのも大変だったりする。

やはりメール投稿ができると便利そう。

Twitter 関連サービス認証情報が不安で使ってこなかったんだけれども、まあ実は普段使っている Firefox 拡張機能 TwitBin って Tweetbar などと違って実はパスワードhttp://www.twitbin.com/ に送ってしまってたりするので、最近まあいいかなと思えるようになってしまった (アマリヨクナイ)。

ということで tmitter を使ってみることにした。 昨晩登録しておいて、今朝1発目投稿。

やはり投稿画面を取得する必要がないと楽でいいな。 投稿メールアドレスや、自分への Bcc を設定したメールテンプレートを作っておけばささっと投稿できる。

いいかも。しばらく使ってみよう。

丸井大井町店 閉店

丸井大井町店 閉店の挨拶のハガキが届いていた。 2007年8月31日をもって閉店とのこと。

えー、閉店ですか。

ここ数年「女の館1Fが西友 丸井大井町店に」「男の館の5F以上のフロアを閉じる」等、縮小傾向ではあったんだけれど、撤退してしまうとは。 とりあえず西友スターバックスはそのまま残って欲しいんだけれどなぁ。

Web で調べたところによると、どうやらヤマダ電機 LABI が出店する予定のようだ。 休日電車に乗らずに家電を買えるようになるのは、それはそれで便利ではあるな。

明日7月27日から閉店のための売りつくしセールスタート。


[ 大井町 ]

[ 7月26日全て ]

2008年7月26日 (土)

さよなら @nifty

NIFTY-Serve (のちに NIFTY SERVE)には1995年3月に入会。 その後インターネット接続サービスは1997年12月にダイヤルアップ定額だった AT&T WorldNet Service (現 SpinNet) を選んだ。

しかし @nifty になった今も、従量コースで継続していた。従量コース(今は契約できない)は

  • 【定額料金】 管理費 210円(税込)/月
  • 【利用料金】 @nifty アクセスポイント 21円(税込)/分

でダイヤルアップするにはもはやべらぼうな従量料金のコース。接続は別にしないのだが、毎月クレジットカードから210円落とされていた。

「いつかまた使う事があるかも」というのと「まあ月210円だし」というのと「解約手続きするのが面倒」というのと「長年契約していた名残惜しさ」でずっと放っておいたのだが、さすがに無駄ということで解約申請することにした。 Web サイトからしつこく解約を思い止まらせようというメッセージをちりばめたページを順に辿って申請終了。

さよなら 13年間使った(いや放置していた)アカウント。

[ 7月26日全て ]

2010年7月26日 (月)

本当にすぐに家中でツイてることが起きた: 斎藤一人 幸せの名言集

斎藤一人 幸せの名言集

一人さんファンの集まるお店の、ついている神社のくじの箱の隣に置いてあったのがこの本。斎藤一人氏の「ツイてるカード」の書籍化本。 斎藤一人氏の本は「ツイてる!」(記事)しか読んだことがなかったんだけれど、これを読んでガツンときた。

ツイてる!」を読んだ時には日本一の商人という目で見ていたんだけれど、お店で観た DVD の中の姿や本書を読んでいるうちに、商人というよりも高僧あるいは伝道者のように感じるようになってきた。 多分最初にこれを読むと人によっては、すんなり入ってこないかもしれない。 これはあらかじめ斎藤一人氏の他の本を読んでから、この本を読むと感動すること間違いなしだ。 これはジョセフ・マーフィーの「眠りながら成功する」と、「マーフィー名言集」の関係に似ている。

購入して以来、日々この本を開いたり、起きた時・寝る時などにその名言を思い出して、感謝や幸せについて考えるようにしたら、本当にすぐに家中でツイてることが起きて幸せな空気になったので驚き。 幸せになりたかったら読んでみるといいよ。

好きな言葉:

「おもしろいことが起きた!」 -- p.45

いいことが山ほどくる -- p.126


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

歯の治療: 左上の第一小臼歯

7月12日の定期健診で見つかった虫歯の治療


[ 左上の歯 ] [ 歯医者 ] [ 虫歯 ]

[ 7月26日全て ]

2012年7月26日 (木)

今日のさえずり: 退☆勤! (後輩のパクリ)

2012年07月26日

  • 08:02 「ななめこ」と「なめねこ」の違いを述べよ。
  • 09:50 むふ。 (@ 株式会社ミクシィ (mixi, Inc.)) http://t.co/B4Id3qij
  • 11:50 やったー、フリクションボールノックもらった。シャープペンシル含め消せるペン使う習慣無くてフリクションはノーマークだったんだけれど、人に渡すちょっとした書き物するのに便利だとこの間気がついてしまった。
  • 11:54 あれ、引き出し開けたら、去年の YAPC でもらった未開封なのもでてきた。しばらく困らなさそう。
  • 22:29 TRICHORD、下位の要素を作っちゃうと移動できないの不便。
  • 22:41 退☆勤! (後輩のパクリ)
[ 7月26日全て ]

2013年7月26日 (金)

ラジオ体操第2会場とか、CS 推進室飲み会とか【日記】

naney:9369052146

昨日で昨日の公園でのラジオ体操が終わったのだけれど、近所の別の場所で今日までやっているところがあるので今朝はそちらへ。ラジオ体操連名の区の支部の人がきてプレイしてたりして、今までの中で一番豪華な会場だった。あと終わった後に5人ぐらいのお偉方が挨拶するとか、尋常じゃない会場だった。

夜は CS 推進室の飲み会退職した元同僚の方と話ができたり、同僚の同伴のジョジョ立ちで有名な奥さんと話できたり、他部署のエンジニアがきてたりと、いつもの部署の飲み会と比べてメンバが新鮮で良かった。

ジョジョの奇妙な冒険は実は、中学生の時と大学生の時に週刊少年ジャンプ連載でちょっと読んでたぐらいで、変ちくりんなっていう印象以上に読み込んでいないのです(飲み会の時に小学生の時に読んだと話たんだけれど、その頃はまで連載開始していなかった)。

あと「枕の匂い」が嫌われるかどうかの一つのポイントみたいな話が出たので、帰ってからいつもよりしっかりシャンプーした。

今日のさえずり: 「PDF 形式」って書き方ムムムってなる

2013年07月26日

[ 7月26日全て ]

2014年7月26日 (土)

ラジオ体操皆勤賞とか、自転車新調とか、隅田川花火大会(テレビ)とか【日記】

ラジオ体操

naney:14764513283

今年のラジオ体操終了。今年は期間中の朝は雨に降られず、無事皆勤賞。夜が遅いと毎日6:00前起床はさすがに眠い。けど充実感はある。今日は羽化直後のセミも見られたし悪いもんじゃない。

自転車

で朝食を食べた後に、イオンにいって前の週末にチェックした自転車用に購入。は、2010年9月9日に我が家にやってきて4年弱使っている自転車はイオンまできたんだけれど(自分は電車で)、無料でひきとってもらえるということであっさりお別れ。帰りは新車お持ち帰り(が)。

隅田川花火大会

去年は土砂降りで大騒ぎだった隅田川花火大会を例年通りテレビ東京で。テレビ東京隅田川花火大会サイトのトップページに「そして…今年のテーマは“リベンジ”です!」って書かれていて泣けた。去年いい味を出しててきた樹木希林の名前は無かった。

しかし今年はビールの飲酒シーンが多かったなあ。花火開始前の 18:30 からの前座の浅草巡りコーナーを含めて。去年壊滅的だったのでスポンサーへの配慮でビールの露出増やしたかったのかなぁ。しかしやり過ぎ感プンプンだった。

今日のさえずり: 花火見ていたら、宝石箱食べたくなった

2014年07月26日

[ 7月26日全て ]

2015年7月26日 (日)

ちゃんりおメーカーやったりとか【日記】

今日は家でパーティーなどをしたので、1日家にいました。

ちゃんりおメーカー

7月10日に公開された「ちゃんりおメーカー」は気にはなっていたのですが、さすがキャラクタービジネスのサンリオ、「ちゃんりメーカーご利用規約」的に出来上がったものの知財に株式会社サンリオエンターテイメントないし株式会社サンリオに帰属することになっていましたので、触れないでおりました。本日ようやく「個人的・家庭的使用の範囲外での利用」としてキャラ作りにいそしみました。髪型がもう少しあると嬉しいです。

サザエさんとエガちゃん

あとはキャラクターといえば、エガちゃんのサザエさん登場回でしたのでしっかり観ました。磯野家にはこさせずにイベント会場のみの登場に押し込み、テレビの中のテレビ的出来事とすることで上半身裸で下半身黒タイツというのを許容したという感じでしょうか。

今日のさえずり: 7月27日は「あひるのペックル」の誕生日です

2015年07月26日

[ 7月26日全て ]

2016年7月26日 (火)

AndroidGoogle 日本語入力アップデートで雰囲気が変わった

AndroidGoogle 日本語入力アップデートされて随分雰囲気が変わりました。ぱっと見は全体的に華奢な印象になりました。でもこれは印象だけかもしれません。

ケータイ配列レイアウトおよび QWERTY レイアウトから数字・記号入力画面に入った時の左下のボタンが「戻る」という表記になり画面の関係が分かりやすくなったのは良いなと思います。

しかしながらケータイ配列レイアウトでの「や」の左右フリックの括弧のデフォルトがいわゆる全角文字に変わったのはかなり不便。いわゆる半角の ( ) は変換候補の5〜6行目ぐらいの位置(私の端末の場合)になるのでちょとこれは厳しい感じです。

また私は特に影響は無いのですが、 まだ Android 4.2.2 である Xperia A を使っている的にはキャリア絵文字が Android の残念な絵文字に置き換わってしまったのがちょっとアレッという感じのようでした。

特に括弧の扱いについては今後のアップデートで選択できるようになることを期待したいところです。

今日のさえずり: デラウェア食べていたら房にクモがいた

2016年07月26日

  • 22:18 デラウェア食べていたら房にクモがいた。
  • 22:44 @lynmock でも、動いてます……。
[ 7月26日全て ]

2017年7月26日 (水)

箱根旅行 2017

image-half-mixed:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-110611-nDiki-1200x800.jpg image-half-mixed:/nDiki/2017/07/27/2017-07-27-102901-nDiki-800x1200.jpg

2017年7月26日から27日の1泊2日で箱根旅行へ行ってきました。箱根旅行は2014年9月以来約3年弱ぶりです。 関東ITソフトウェア健康保険組合の7月・8月の保養施設が落選したので、今回は自分で宿を予約しました。

ある程度予算を決めて Web で見つかったのがゆとりろ庵。年季が入っていて建物・設備でしたが、宿の人の感じが良く居心地が良い宿でした。

ゆとりろ庵は2013年4月開業ですが、もとは箱根強羅温泉 けやき荘(2013年3月25日閉館)で、その設備・備品なども引き継いでいるようですね。http://keyakiso.com/は2004年からアーカイブに残っているので少なくともそれぐらいからは営業していた宿だったのかなと。

1日目に強羅駅周辺・箱根強羅公園、2日目に星の王子さまミュージアム(仙石原)をメインで考えていたのですが、1日目雨が降っていたので急遽予定変更。1日目に箱根関所を観光しました。1日目でちょっとバス疲れしたので、2日目に強羅駅周辺・箱根強羅公園をもってきました。

観光と宿のくつろぎと良いバランスでリフレッシュできた旅行でした。

旅行

旅行ふりかえり

カメラ

今回は α6300 + FinePix XP70 で準備していましたが、雨で傘を差すことを考えて α6300 は断念。荷物を減らすため α6300 の代わりに PowerShot G9 X Mark II にしました。身動きを考えると良い選択でした。

ちょっとした動画もそれなりに撮ったりしたのですが、それでも1泊2日で PowerShot G9 X Mark II はバッテリーパック1つ目を使い切りませんでした。合計3つに加え充電器も持っていったのですが、さすがに充電器は入りませんでしたね。

箱根旅行 2017 旅行記1日目

箱根旅行 2017の1日目。

6:13 起床

いよいよ箱根旅行。まずは朝ご飯。

今日は東京も箱根も雨がちの天気予報。普段は Web 版で済ませているのですが出先で6時間先までの雨雲の予測をさっと見られるように入れておけるように、Xperia Z5 に「Yahoo!天気」をインストールしました。

雨なのでコース・装備変更

今日は箱根強羅公園を観光のメインにしていたのですが、雨だと厳しいかなと思いコースについて思案。施設的なのが良いかなと思い、箱根関所を見に行くことにしました(箱根関所も行ったら結構屋外でしたけど)。

合わせて持っていくメインカメラα6300 から PowerShot G9 X Mark II に変更することにしました。

9:18 品川駅 快速アクティ乗車

品川駅の「NEWDAYS+くすり」でペットボトルのお茶を買ったあと 9:18 の快速アクティに乗車。前回と同様東京駅寄りのボックス席のある車両にしました。ボックス席は最初空いていませんでしたが、川崎横浜と東京を離れるについてだんだん乗客が減り横浜で全員座れました。お菓子など食べながら旅の電車を満喫です。

10:24 小田原駅着(1時間6分)。小田原はちょっと蒸し蒸し。JR お改札を出る前にトイレを済ませました。

10:43 小田原箱根登山鉄道乗車

小田原駅で少し待って入線してきた箱根登山鉄道に乗車。箱根湯本駅へ。

10:59 箱根湯本駅到着!

箱根湯本をちょっと散策

image-half-mixed:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-110611-nDiki-1200x800.jpg image-half-mixed:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-111503-nDiki-800x1200.jpg

箱根湯本も小雨が降ってました。湯悠デッキを渡って箱根湯本駅前商店街へ。明日は菊川商店が休みなので、今日のうちに箱根カステラ焼きまんじゅうを買って食べました。菊川商店にもハンドスピナーが売られていました。

まんじゅうを食べたあとはそのままアーケードの下をぶらぶら。みつきは今日は定休日。少し先でアーケードが切れそうなところで折り返して、芦ノ湖方面へのバスへ乗るべく箱根登山バスのりば2番へ。

箱根湯本駅停留所 箱根登山バス

箱根湯本駅停留所 11:33 発 12:07 箱根関所跡停留所着のバスは少し遅れて到着。並んでいる人数をみてまずまず座れそうかなと思ったのですが、小田原の方から既に乗ってきている人もそれなりにいて乗車時には座れず。少し先の停留所で立った人と入れ替わりで座ることができました。

途中、富士屋ホテルあたりでは土砂降りで乗降している人は大変な感じでした。このまま箱根関所も同じだったら大変だなぁと思いましたが、バスが進むにつき雨も落ち着いてきました。やはり山は場所場所によって天気が違うものですね。

箱根関所跡停留所には 12:40 少し前に到着しました。 Suica で乗車したのですが、トラブルか何かでそのままタッチ降車できないらしく、運転手さんが料金表で金額を確認の上機械に設定してからタッチ精算しました。

箱根関所跡停留所

箱根関所跡停留所でバスを降りたあと、箱根関所の看板で記念撮影をしたり、近くの公衆トイレで用を足したり。箱根関所通り商店街を歩いて一度箱根関所の前まで行きましたが、お腹が空いたので先に腹ごしらえすることにしました。

箱根関所旅物語館

image:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-125412-nDiki-1200x900.jpg

箱根関所から左手の方に続く道の先にレストランらしきものがあったのでそちらへ。箱根関所旅物語館というドライブインでした。レストランとそば処の2つ食事処がありましたが、バスで揺られたあとということもあり、重くないそば処の方を選びました。食券 + セルフサービスながら観光地らしいお値段でした。 13:40 分前ぐらいにご飯食べ終わり。

箱根関所

image-half:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-134432-nDiki-1200x800.jpg image-half:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-135611-nDiki-1200x800.jpg

お昼を食べ終えたところでいよいよ箱根関所へ。売札所で観覧料金を支払って中へ入ります。売札所でクイズ用紙をもらえたのでにチャレンジしながら見学したら、答えを得るため真面目に説明を読むなどしてなかなか勉強になりました。

雨はいったん上がっていたものの、京口御門から少し先にある江戸口御門も霞むぐらいの濃い霧になっていました。芦ノ湖やその先の富士山は全く見えませんでしたが、これはこれで幻想的で素敵な雰囲気を味わえました。晴天の日にもまた来てみたいですね。

濃霧のなか、林の方からヒグラシの寂しげなカナカナという声が聞こえてきました。東京ではヒグラシの声を聞くことがほとんど無いので思わず興奮です。ヒグラシの声はその後、宿や箱根湯本でも聞くことができました。箱根にはヒグラシがいっぱいいるんですね。

また、ヒグラシだけではなくウグイスの声も聞こえてきました。宿でも聞こえたのですが、セミの声とウグイスの声をセットで聞く事もなかったので何か不思議な世界にやってきた気持ちになりました。

今の復元された箱根関所は2004年オープン、2007年全面公開だそう。なるほどそれで小学生の時(1983年1984年か)や学生時代(1995年)に来た時の記憶と違うわけですね。

以前の建物は1965年(昭和40年)に整備を行った建物だそう。大番所・上番休息所が江戸時代(そして今の復元位置)ではなく、足軽番所側に再現されていたとのことです。

関所を出る際にクイズ用紙を出したらシールを頂きました。窓口の人も関所内の案内の人もフレンドリーな優しい方ばかりで、関所の厳しさとのギャップが面白く感じました。

箱根関所通り商店街

関所の前には以前来た時(といっても20年以上前)は箱根オルゴール館があったのですが、今は「玉屋 箱根の関所」という株式会社タンザワのアクセサリーショップになっていました。入ってみて「あれ? 一昨年鎌倉で入ったお店と似ている?」と感じたので帰ってから調べてみたらやはり同じ株式会社タンザワの店舗でした(凸凹堂 鎌倉)。気持ち的には箱根オルゴール館が良かったなぁ。

乗換案内で強羅までの時間を調べてみたらもうバスに乗った方が良い時間だったので、早々にお店を出て他のお店もスルーして停留所の方へ向かいました。来た時と同じ公衆トイレを済ませ停留所へ。

雨が降り始めたので傘を差して数分後に来るバスを待ちました。

14:41 箱根関所跡停留所 箱根登山バス

image:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-143436-nDiki-1200x900.jpg

行きと違い小田原方面行きのバスはここではまだガラガラ。一番後ろのシートに着席しました。途中の停留所で続々と人が乗ってきて芦ノ湖畔を後にする頃には立ち乗り客が出てきました。

バスはしばらく濃霧の中を走っていたのですが、山道を走っている途中ぱっとはれて視界が広がりました。山を越えたのかなと考えつつ車窓を眺めました。

30分ほどバスに揺られたあと小涌谷駅停留所で下車。

15:28 小涌谷駅 箱根登山鉄道

image:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-151746-nDiki-1200x800.jpg

乗換案内アプリだと 15:04 に停留所にバスが到着し、15:13 の箱根登山鉄道に乗るという候補でしたが、見下ろした小涌谷駅には既に下り電車待ちの列車が停車していて、歩いて駅に着く頃には発車していってしまいました。改札を通り、ベンチに座って浅間山を眺めつつ次の電車を待ちました。

そして次に来た 15:28 発の電車に乗り強羅駅へ。途中彫刻の森美術館も車窓から眺めることができました。強羅駅には 15:34 到着です。

15:34 強羅駅

あとは宿でゆっくりしようということで、駅を出たところで宿に電話をして送迎をお願いしました。箱根強羅郵便局近くにある地下通路でケーブルカーの下を通り反対側へ出て、そこで送迎車を待ちます。ほどなくして宿の車が到着。強羅の急を登っていきました。

15:50 ゆとりろ庵

ほぼ予定(16:00)の通りに今日の宿「ゆとりろ庵」に到着。玄関ホールにはチョコレートファウンテンのおもてなしコーナーがありました。チェックインの手続きをしているあいだに他のメンバがぱくり。

ホールには男女兼用の選べる浴衣の棚がありそこで好きな浴衣を選びます。サイズ確認のための試着浴衣もかけられていてわかりやすいです。それぞれ浴衣を選んで客室へ向かいました。

ゆとりろ庵 205号室

image:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-160246-nDiki-800x1200.jpg

受け取った鍵は 205号室。2つ鍵があるのは便利でいいですね、助かります。並グレードのプランにしたのでお部屋はごく一般的な感じの和室。古さは感じますが値段相応で特に不満は無く満喫しました。大浴場も含め水回りは結構黒ずみが多いので気になる人は気になるのかも。それからなぜか天井につけられているもの(照明や換気口)などがいろいろ斜めになっていました。不思議。

16:30 貸切露天風呂

image-half-mixed:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-163636-nDiki-1200x900.jpg image-half-mixed:/nDiki/2017/07/26/2017-07-26-163816-nDiki-900x1200.jpg

今回申し込んだのは45分の貸切露天風呂付きのプラン。16:30 にフロントで鍵を借り、大浴場入口脇から庭へ出て離れになっている露天風呂小屋へ。1番手前の「ぶらり」に入りました。脱衣場は狭いですが、湯船は思ったより広く、4人ぐらいは座って入れる感じの広さでした。結構熱々の湯で、足先から少しずつ慣らしながら久々の温泉に浸かりました。

上がってからホールでアイスコーヒーを飲み、ゆっくり休憩。

18:00 2F レストラン

18:00 になったら 2F エレベーター前に行きレストランに案内してもらいます。スタンダードの会席は、自分で焼くお肉ありお刺身ありと楽しい満足でした。

食事の最後に、明日の朝食の時間の確認。7:30 8:00 8:30 9:00 と選べる中、朝風呂に入ることを考えて 8:00 にしてもらいました。

17:20 過ぎにレストラン出たあと、またふらふらとホールへ行ってフリーのアイスキャンディーを頂いたりオセロをしてまったり。

部屋

部屋へ戻ってからはトランプをしたり、ちょっと暇になって館内を散歩してみたり。

(頼まなければ)布団は自分で敷くことになっているので頃合いをみて敷き、あとは窓際のソファでゆっくり過ごしました。ガイドブックを見ながら明日も考え直し。2日目も星の王子さまミュージアム(仙石原)へ行く予定でしたが、バスはちょっとという雰囲気だったので、雨が降らなければ今日の予定だった強羅駅周辺散策と箱根強羅公園観光をすることにしました。

うとうとしてきたので 23:00 前に布団へ。明かりを消したあと、今日の出来事を軽くスマートフォンにメモって就寝。

あいにくの天気でしたが楽しい一日でした。

今日のさえずり: まずはまんじゅうからスタート!

2017年07月26日

[ 7月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 1.890194s / load averages: 0.56, 0.64, 0.60
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker