nDiki

1999年1月20日 (水)

Perl で lex/yacc

最近 Perl で字句解析ルーチン生成系/構文解析ルーチン生成系を作ろうかな、などと考えている。 前にもやろうと思っていたのだが、なにもしていなかった。なぜ Perl でかというと、

  • C/C++ 言語にはすでに存在する (flex/bison)。
  • Perl にはいいものが存在しない(知らない)。
  • flex/bison は C/C++ のものしか生成できない。
  • これは動的に生成し利用すること、また動的に変更することが考慮されていない。
  • Perl なら実行時にサブルーチン定義したり eval できたりする。
  • Perl なら気が楽。

などが理由であろうか。 また自分の研究で設計している言語を Scheme 上で実装しようかなと思っているが、その字句解析ルーチン生成系/構文解析ルーチン生成系が欲しい(あることにはあるが)。 一旦 Perl で生成系を自作しておけば、簡単に他の言語の解析ルーチンを生成できるように拡張できるであろう(と考えたい)。

動的な側面が念頭にあるのは、自分の研究がそういうことをやっているから。

とりあえず lex/yacc (flex/bison) 互換/ライクなものを作る予定である。 これらはそれぞれ仕様記述のファイルを読み込んで解析ルーチン(解析用テーブル)を生成する。 ので、とうぜんこの仕様記述言語の字句解析ルーチン/構文解析ルーチンが必要である。 手で書いてもいいのだが、それも面倒だ。 当然字句解析ルーチン/構文解析ルーチン生成系が欲しい。 しかしまだない。 これから作ろうとしているものそのものだから。

方法としては、

  • Perl で手書きで解析ルーチンを作る。それで Perl 用生成系の仕様記述を読ませて、置き換える。
  • Perl の既存の生成系を使う。
  • flex/bison を使って C/C++ 版を作成。その後その生成系で Perl 用生成系の仕様記述を読ませる。

などが考えられる。今回はとりあえず一番最後の方法をとろうと思う。 ただし実際には完全に C/C++ で作るのではなく、字句解析/構文解析ルーチンを flex/bison で生成し、それを Perlエクステンションとして、Perl から呼べるようにすることにする。こうしておけば、

とすることができる。最初のものを全部 C/C++ で書くと、解析ルーチン生成部を C/C++Perl で2回書かなければならないが、この方法ならその部分は Perl で書いておけるので2度手間にならないであろう。

ということ一昨日は flex のコードを眺めて、昨日は Perl エクステンション書き方を調べてみている。 flex で吐いたファイルをそのまま Perl エクステンションのコードとは当然できないので、そのトランスレータをまず作ることする。

スポンサード リンク
[ 1月20日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.159343s / load averages: 0.17, 0.25, 0.26
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker