nDiki : 1999年01月27日

1999年1月27日 (水)

orion に Squid 2.1 PATCH2 (squid-2.1.PATCH2-src.tar.gz) をインストール

デフォルトと違う部分は、squid.conf を /etc の下におくことと、cache を /var/squid の下におくこと。

 $tar zxvf squid-2.1.PATCH2-src.tar.gz
 $cd squid-2.1.PATCH2
 $./configure --prefix=/usr/local/squid
 $make all
 $su
 #make install
 #mv /usr/local/squid/etc/squid.conf /etc/squid.conf
 #ln -s /etc/squid.conf /usr/local/squid/etc/squid.conf
 #mkdir -p /var/squid/logs
 #chown -R nobody:nogroup /var/squid
 #emacs /etc/squid.conf
 #su nobody
 $/usr/local/squid/bin/squid -z
 $exit
 #/usr/local/squid/bin/RunCache

RunCache はデフォルトのままだと /usr/local/squid/squid.out というファイルを作ろうとするので nobody では起動できない。

squid.conf の変更点は

  • cache_dir のディレクトリを /var/squid/cache に。
  • cache_access_log を /var/squid/logs/access.log に。
  • cache_log を /var/squid/logs/cache.log に。
  • cache_store_log を /var/squid/logs/store.log に。
  • pid_filename を /var/squid/logs/squid.pid に。
  • acl konlablocal src 192.168.1.0/255.255.255.0 を追加。
  • http_access allow konlablocal を追加。
  • cache_peer_access allow konlablocal を追加。

あとはブート時の設定 /etc/rc.d/rc.inet2 に

 if [ -x /usr/local/squid/bin/RunCache ]; then
     /usr/local/squid/bin/RunCache &
     echo -n " squid"
 fi

を追加。

スポンサード リンク
[ 1月27日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.06079s / load averages: 0.37, 0.40, 0.38
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker