nDiki : 2000年09月上旬

2000年9月1日 (金)

WorkPad 復旧

本日 WorkPad 30J の使用を再開。 再開といっても、そういえば一度もこの日誌では WorkPad に触れてなかったなぁ。

モノ自体は大学研究室のもので、今年の春に使用開始していたもの。 常用 PC の乗り換え(2000年6月19日)でシリアルポートがなくなり、データのシンクをさぼっていたが、それではまずいと自宅の Windows の方でシンクした。 らなぜかかなり昔のデータが書き戻されてしまったのだ(Windows での HotSync は最初試しにやっただけで、後は Linux で Sync していた。その試しにやった時のデータになってしまった)。

がっくし。Linux にある(一カ月ぐらい前の)データから復旧をせねばと思いつつも腰があがらず。シリアルポートがないから直接 Sync できないし、赤外線ポートきちんと Config してないし。

と時間はたち、WorkPad の電池も切れ、中途半端なデータも消えたので心機一転使おうかと。 とりあえず、今度は Windows との Sync を中心に使ってみることにするか。 以下の Palmware を入れなおす。

CLIE 欲しいなぁ……。

スポンサード リンク
[ 9月1日全て ]

2000年9月8日 (金)

Linbot の文字化け、とりあえず delegate で対応

2000年8月25日メモした WWW リンクチェッカ Linbot。 便利だが、日本語が化ける。 ということで、とりあえず delegate をかませて fetch されてくるものを日本語 EUC に統一してしまう事に。

 $/usr/sbin/delegated -P8084 FTOCL=-euc SERVER=http PROXY=localhost:8080:*

として delegated を起動。 Linbot の proxy で 8084ポート指定して、WWWOFFLE と Linbot の間に delegated をかます。

これでとりあえず Linbot の出力結果で日本語タイトルが化けなくなった。 delegate 使うの初めてだけど、こんな感じでいいのかな?

ちょっと気になるのは、delegate でひっかかるページ(とても時間がかかるページ)があるということ。 普通の Web ブラウザから、上記起動の delegate 経由でアクセスしてもひっかかる。 WWWOFFLEオフラインにしているからスパッっと返ってくるはずなんだけど。 delegate が何かのタイマウト待ちでもしているんだろうか。

追記

やはり遅かったのは名前解決のタイムアウト待ちで、delegated のオプションに RESOLV="" としておけば、とりあえず名前をひかなくなる。(2000年9月11日追記)

[ 9月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.05363s / load averages: 0.82, 0.74, 0.61
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker