nDiki

2002年10月21日 (月)

階段掃除の謎

私が出勤する頃、秋葉原の駅では掃除(オジ|オバ)ちゃんが階段を掃除している。 通行人を、それとなく意識しつつ、それとなく無視しつつ。

いつも「乗客である通行人の方が優先だろ」と思いつつ、いつ飛んでくるとも知れぬゴミに精神を集中するのだ。

さて、そんな(オジ|オバ)ちゃんたちは「上がってくる」のである。 ナゼだ。 ナゼに重力に逆らうのだ。 「地球の重力に魂を引かれた人間たち」ではないのか?

階段の各段を横に掃く。次の段へ移動する。最後に端にたまったゴミを順次下へ掃き落としていきチリトリで取る。 これが王道だろう。 しかし「次の段」は上の段か、下の段か。 iterator++ なのか、 iterator-- なのか。

「横に掃く」という動作で一部が下へも落ちるのは免れないのだから、私は、上の段から下の段へがベストだと信じて疑っていなかったのだが、ことごとく(オジ|オバ)ちゃんは上がってくるのだ。

…あそか。掃く時は斜面を向くのが自然で(逆だと怖いし掃きにくい)、さらにその姿勢だと「前進」である「上の段」への方が楽か。

うむ。「清掃人としての知恵」だな。 彼らは「完全」のかわりに「効率」を選んだのだ (1ループあたりの出来は下がるがコストも下がる。単位時間あたりのループ回数が増えればトータルで出来も上がるのかもしれぬ)。

スポンサード リンク
[ 10月21日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.065159s / load averages: 0.15, 0.17, 0.16
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker