nDiki

2003年4月22日 (火)

CPANPerl モジュールRPM パッケージ化する

会社のサーバは Red Hat Linux 8.0 にしたので RPM パッケージを作らんと。 RPM::Specfile モジュールに CPANPerlモジュールを RPM パッケージにするツール cpanflute2 が入っている。 なので、まずはこいつをこいつ自身で RPM パッケージ化してインストールしてコイツで RPM パッケージを作れる環境を。

Perl のバージョンは 5.8.0。 まず、/tmp/RPM-Specfile の下にステージ1としてインストールRPM::Specfile の依存しているライブラリのうち Archive::Tar が無いようなので、これもビルドする。

 cd /tmp
 tar zxvf Archive-Tar-0.23.tgz
 cd Archive-Tar-0.23
 perl Makefile.PL PREFIX=/tmp/RPM-Specfile SITEPREFIX=/tmp/RPM-Specfile
 make
 make test
 make install

次に RPM::Specfile を。

 export PERL5LIB=/tmp/RPM-Specfile/lib/perl5/site_perl/5.8.0
 cd /tmp
 tar zxvf RPM-Specfile-1.11.tar.gz
 cd RPM-Specfile-1.11
 perl Makefile.PL PREFIX=/tmp/RPM-Specfile SITEPREFIX=/tmp/RPM-Specfile
 make
 make test
 make install

これで /tmp/RPM-Specfile/bin/cpanflute2 ができる。 /tmp/RPM-Specfile/lib/perl5/site_perl/5.8.0 にPERL5LIBを通したまま

 /tmp/RPM-Specfile/bin/cpanflute2 --buildall Archive-Tar-0.23.tgz
 /tmp/RPM-Specfile/bin/cpanflute2 --buildall RPM-Specfile-1.11.tar.gz

これで

  • perl-Archive-Tar-0.23-8.src.rpm
  • perl-Archive-Tar-0.23-8.i386.rpm
  • perl-RPM-Specfile-1.11-8.src.rpm
  • perl-RPM-Specfile-1.11-8.i386.rpm

ができあがる。

ステージ2。

ルート権限でバイナリパッケージをインストール

 rpm -ivh perl-Archive-Tar-0.23-8.i386.rpm
 rpm -ivh perl-RPM-Specfile-1.11-8.i386.rpm

これで (PERL5LIB を設定する事なく)/usr/bin/cpanflute2 が使えるようになる。 これで、パッケージ化し放題(本当か?)

スポンサード リンク
[ 4月22日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.194517s / load averages: 1.11, 1.30, 0.98
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker