nDiki : 2004年01月06日

2004年1月6日 (火)

過去の今ごろ

過去の1月6日より。

スポンサード リンク

[ Debian ] qmailadmin

vpopmail と同様、sid から woody に持ってくる。

 apt-get build-dep qmailadmin
 apt-get source --compile qmailadmin

が完成。apt-get install autorespond してから、qmailadminインストール

 http://サーバ/cgi-bin/qmailadmin

にアクセスしてログイン画面が出る事を確認。

バーチャルドメインの作成

 su
 vadddomain example.co.jp postmaster-password

/var/lib/vpopmail/domains/example.co.jp/.qmailadmin-limits

 maxautoresponders 0

だけ書いておく。

 http://サーバ/cgi-bin/qmailadmin

にアクセス。うまく動いているようだ...POPアカウントの一覧で名前とコメントが表示されない。 ユーザ毎の処理(修正とか、アカウントの削除とか)へのリンクもアカウント名がGETパラメータで空になっているので駄目駄目(URLのアカウントがくる部分を自分で補完してやるととりあえず実行はされる)。

うーん。まいったな。

[ Debian ] vpopmail

woody にはないので sid から持ってくる。

 cd /tmp
 echo 'deb-src ftp://ftp.jp.debian.org/debian unstable main contrib non-free' \
  >> /etc/apt/sources.list
 apt-get update
 apt-get build-dep vpopmail
 apt-get source --compile vpopmail
 # 失敗 -lz でこけた。zlib1g-dev を入れてやりなおし
 apt-get install zlib1g-dev
 apt-get source --compile vpopmail
 # vpopmail user、 vchkpw group がない (debian/README.Maintainer 参照)
 sh ./vpopmail-5.3.26/debian/preinst install
 apt-get source --compile vpopmail
  • libpopmail-dev
  • libvpopmail-freecdb
  • libvpopmail-lmysql
  • libvpopmail-mysql
  • libvpopmail1
  • libvpopmail-bin
  • libvpopmail-doc

ができた。

qmailadmin ビルド用に libvpopmail-dev をインストールしておく(依存関係から libvpopmail1, libvpopmail-freecdb も一緒に)。 それから vpopmail-bin も。

[ Debian ] qmail

 apt-get install ucspi-tcp-src
 build-ucspi-tcp
 apt-get install qmail-src
 dpkg --purge exim
 build-qmail
 echo '&naney@mydomain.com' > ~alias/.qmail-postmaster
 chmod 644 ~alias/.qmail-postmaster
 chown alias.qmail ~alias/.qmail-postmaster
 echo 'localhost' > /etc/qmail/locals
 echo 'thishost.mydomain.com' >> /etc/qmail/locals
 echo 'mydomain.com' > /etc/qmail/rcptshosts
 /etc/init.d/qmail start

[ Debian ] ezmlm-idx

 apt-get install ezmlm-src
 build-ezmlm

[ Debian ] ソフトウェアRAID1起動チェック

昨日の続き。

 grub
 grub> device (hd0) /dev/hda
 grub> root (hd0,0)
 grub> install /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 0x8000 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst
 grub> quit

再起動。OK。

両方のHDDから起動できる事を確認

BIOSHDDの起動順序を変更して、どちらでもブートできる事を確認。 hdc側BIOS優先で起動した際は、grub のメニューで root (hd1,0) としてから起動。

mdadm での監視

 apt-get install mdadm

インストール時にモニタをONにしてメールアドレスを指定しておく。

[ 1月6日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.042803s / load averages: 0.45, 0.34, 0.33
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker