nDiki

2004年2月10日 (火)

[ WiKicker ] WiKicker脚注機能追加

WiKicker スタイルで日記を記述するにあたり欠けている機能として「脚注」がある。 Wiki としては必須でないので WiKicker には導入していないのだが、日記としては無いと困る。 脚注が使えると文を書く時に正直手を抜ける。 またハイパー日記システム上の旧記事をコンバートする時にも無いといろいろ面倒だし。

ということで実装

インラインブロック

さてどうしたものか。 WiKickerWRI (BracketName 等を含む識別子)としての実装なら、parser の変更もなく新しいWRI scheme の追加と対応するクラスを書くだけですむ。 しかし WRI は終端記号なので、そうすると脚注の中でWRIを使えなくなる。 それは困る。

ということで、やはり非終端記号が必要。 悩んだあげく、

 {{scheme: ... }}

という「インラインブロック非終端記号」を導入。 {{..}} というのは確かいくつかの WikiEngineプラグイン呼び出しで使っている記法だったような。

  • 一般的な文章中には現れず、
  • かといって文章中に混ぜてもそれほど違和感なく(wiki ではこれが重要)
  • これ以上文法を追加したくないので、今後機能追加の際に利用できるように scheme 指定できる

といった点から、このようにしてみた。 2番目の点で合格点の出せる記法かどうかは微妙だが、まぁ許せる範囲かな。

{{ }} は、1行中に現れる必要有り。 「...」は scheme specific part だが、今のところ scheme によらず、InlineParser で解析されて部分木になるため、WRI とか ... とかも書ける。 InlineParser では正規表現を使っていて括弧の数は数えないので、今のところ {{ }} の中に {{ }} は書けないが、まぁ問題ないでしょう。

脚注記法

脚注は、

 {{fn: ...}}

となる。 普通。

実装

  • InlineParser の拡張
  • InlineBlockNode クラスの追加
  • 各 Visitor に visit_InlineBlockNode を追加。
  • HtmlFragmentVisitor に fn: の処理を追加。

いざ実装してみると、ちょこっとのコードで実現。 脚注番号の降り方とか、今後改良する点はあるけど、大枠は完成。

スポンサード リンク
[ 2月10日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.171723s / load averages: 0.44, 0.48, 0.43
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker