nDiki

2004年3月4日 (木)

ドキュメント管理用 Subversion リポジトリ作成

新しく書くドキュメントを Subversion 管理してみる。 今後のドキュメントで共有(かつブランチする)マクロファイル等を分けて管理できるようにレイアウトを検討。

リポジトリ作成

自分の home の下 var/repos/doc を作成する。サーバ上で以下を実行。

 cd ~/var
 mkdir repos
 mkdir repos/doc
 chgrp doc repos/doc
 chmod g+ws repos/doc
 svnadmin create repos/doc

初期ディレクトリ構造作成

project-1 の report ドキュメント手始めに管理する。 今後他と共有する予定の texmf ディレクトリも別途用意。

クライアント上で以下を実行。

 mkdir /tmp/layout
 cd /tmp/layout
 mkdir project-1
 mkdir project-1/trunk
 mkdir project-1/trunk/report <-- report のファイルを置く
 mkdir project-1/branches
 mkdir project-1/tags
 mkdir texmf
 mkdir texmf/trunk
 mkdir texmf/branches
 mkdir texmf/tags
 mkdir texmf/trunk/texmf
 mkdir texmf/trunk/texmf/my-company <- 社内共有マクロファイル置き場
 svn import . svn+ssh://server/home/naney/var/repos/doc \
   --message 'Initial repository layout.'
 cd
 rm -rf /tmp/layout

外部定義プロパティを設定

report 作業ディレクトリの下に texmf/trunk/texmf を texmf として checkout するように、svn:externals を設定する。

 mkdir /tmp/work
 cd /tmp/work
 svn checkout svn+ssh://server/home/naney/var/repos/doc/project-1/trunk
 cd trunk
 svn propset svn:externals 'texmf svn+ssh://server/home/naney/var/repos/doc/texmf/trunk/texmf' report
 svn commit
 cd report
 svn update

これで、report の下に自動的に texmf が来るようになる。 他のドキュメントプロジェクトでも同様に svn:externals を指定すれば texmf が使えるようになる。 texmf のブランチや、ある時点のスナップショットを使いたい場合は svn:externals を変更すれば良い(はず)。

スポンサード リンク
[ 3月4日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.066894s / load averages: 1.14, 0.96, 0.97
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker