nDiki

2004年6月2日 (水)

父の死

映画ビッグ・フィッシュ」の感想に

私は小6で父を亡くしているせいか、映画の中での父親との死別シーンというのはどうもドライな視点になってしまってあまり感情移入できないのだが、他のひとはどうなんだろう。

書いたところ(両親健在)が「意外だ」と。

単純に考えると、「父の死」を体験している人の方がそうでない人より感じるところがありそうに思えるのだがと。

もちろん人それぞれだと思うのだが、自分の場合はまだ小6だったからな。 その時も特に涙は出なかったし。 その後父がいないのが日常になり、もはや喪失の可能性はなくなった。 死は1度であるから。 逆に父の死という恐怖感はもう無いわけである。

ということで(父に関する)「死の悲しい記憶」も「恐怖」も無いからドライでいられるのかもしれない。

「(父ではなく)自分が亡くなった時、その記憶を思い出す時もドライなの?」との問い。 今後の人生における人の死はもっと重い記憶になるのは間違いない。

スポンサード リンク
[ 6月2日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.10935s / load averages: 0.46, 0.48, 0.50
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker