nDiki

2004年6月8日 (火)

ソフトウエア開発 55の真実と10のウソ読了

いろいろ考えさせられる本。

ウソ5 - ソフトウエアには、もっと開発方法論が必要である。

というのはかなりドキっとさせられる。開発方法論が駄目だとどうすればいいのか。 (状況に応じて)自分なりのパターンを作って適用していくのも意味がないのか。 毎回毎回うんうん唸ってその場限りの作戦を立てなければならないのか…。

よく読むと

筆者の意見は、小文字の m の methodology は善である。 大文字の M の Methodology は悪であり、使う場合は相当の注意を払うべきだ。

とあり、なるほどと。

アジャイル開発エクストリーム・プログラミングに対する話も随所で述べられていて興味深い。

真実23 - プロジェクトが途中打ち切りになる二つの原因のうち、一つは、仕様を凍結できないことだ。

もかなり納得。

技術者もそうだが、ぜひ上層部の人たちに読んでもらいたい。 「見積もり」とか「要求仕様」とか「保守」とか。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ] [ コンピュータ書籍 ]

スポンサード リンク
[ 6月8日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.135557s / load averages: 0.64, 0.57, 0.54
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker