nDiki

2004年6月11日 (金)

Unison + Zebedee

記事「Unison で展示会機器のセットアップ」に、

wtnabe 2004-06-10 15:51:09 rsync もまともな認証とは呼べないような気がしますが。。。同じことをするなら tcpwrapper を使うって形になるんでしょうけど、Zebedee などで認証を掛けるともっと融通が利いてなおかつセキュアなんじゃないでしょうか。

という貴重なコメントをいただく。

Zebedee 最近使ってなかったな。ホスティングサーバ(FreeBSD)がSSH接続を提供してくれていなかった時は、Linux BOX からZebedee 経由で telnet したりmirror したりしていた。

ちなみに今回の用途では、通信路の暗号化はあまり重視していない(社内ネットワークで、対象ファイルはもともと皆が閲覧できるものだし、端末の前にも座れるから)。

Unison Soket メソッドでのサーバ側の問題

  • 認証なし
  • 接続ホストによるアクセスコントロール不可
  • 同期対象となるローカルファイルの制限不可。

というのが問題。

c:ドライブ全体(だけでなく全てのドライブ)をパスワード無しで「読み書き可能なWindowsファイル共有」しているような感じであり、気持ち悪い。

rsync サーバの認証

  • パスワード認証。平文では流れない。パスワードファイルは自体は平文で管理。
  • 接続ホストによるアクセスコントロール可。
  • 同期対象となるローカルファイル/ディレクトリは指定される。

平文でパスワードが流れることはないし、Unison でもこれぐらいの認証ができれば今回の用途では十分という感じ。

Unison + Zebedee

Windows 同士だと結局一方は Unison を Socket メソッドで起動しなければならない。 そのポートへは認証有のZebedeeトンネルで接続するとして、外部からは直接アクセスできないようにしなければならないので面倒。

Zebedee 自体はナイスなプログラムではあるのだが、Unison と組み合わせには使えないかな。 普段使いには Unison + SSH だし。

Windows

本家に Windows 版もあるのか。 インストーラの形になっているがインストールされる zebedee.exe は単体でも動く。 Unison との連携は別にしても、入れておいて損はないのでこれもUSBメモリにいれておこう。

スポンサード リンク
[ 6月11日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.214249s / load averages: 0.68, 0.49, 0.49
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker