nDiki : 2004年07月26日

2004年7月26日 (月)

TortoiseSVNsvn+ssh

マニュアルを読んだら、SSHクライアントの設定のところでユーザ名だけでなくパスワードも指定する例が示されていた。

 前略\TortoisePlink.exe -l ユーザ名 -pw パスワード

なるほど。動いた。しかしかなり嫌な感じ。

ということで、「PC日記: svn+ssh on Windows」で紹介されている方法にしてみた。

準備 (Windows 側)

  1. PuTTYインストール

SSH用の鍵ペアを作成 (Windows 側)

  1. PuTTYgen を実行。
    1. SSH2 RSA を選択。
    2. Generate マウスを適当に動かす。
    3. パスフレーズを入力。
    4. Save private key ボタンで PuTTY Private Key File (.ppk) として保存。
    5. 「Public key for pasting into OpenSSH authorized_keys file:」 覧に表示される文字列をコピーして、テキストファイルに保存(名前は任意)。

SSHの鍵をサーバ側に置く (サーバ側)

  1. そのファイルの中身を Subversion リポジトリのあるサーバの ~/.ssh/authorized_keys に追加。

接続テスト (Windows 側)

  1. PuTTY を実行。
    1. Session - Host Name にリポジトリのあるホスト名を指定。
    2. Connection - Auto-login username にリポジトリのあるホスト上のアカウントを指定。
    3. Connection - SSH - Auth - Private key file for authentication: で 保存した ppk ファイルを指定。
    4. Session - Saved Sessions にホスト名を入力して Save。
    5. Open ボタンを押して接続確認。

TortoiseSVN でパスフレーズ入力を省略できるように Pageant を起動 (Windows 側)

  1. Pageant を起動。
    1. キーリストを開いて Add Key. 保存してある ppk ファイルを指定。パスフレーズを入力。

この状態で TortoiseSVN から接続できるようになった。

追記

2005年8月4日に若干体裁を整理。

スポンサード リンク

[ Zippo ] 8 Squeeze 征覇

http://lightertricks.com/BASIC SKILLS の下、Squeeze Zone の中の

  1. Standard Squeeze
  2. Reverse Squeeze
  3. Inverse Squeeze
  4. Reverse Inverse Squeeze
  5. Thumb Squeeze
  6. Reverse Thumb Squeeze
  7. Inverse Thumb Squeeze
  8. Inverse Reverse Thumb Squeeze

がやっとだいたいできるようになった。Thumb Squeeze と Reverse Thumbs Squeeze には苦戦したが気がつけばそれなりの割合で成功するようになってきた。 もう一練習か。

ちなみに重心の関係で Inverse 系はとても簡単。

残りの

  1. Side Squeeze
  2. Inverse Side Squeeze
  3. Palm Squeeze
  4. Inverse Palm Squeeze
  5. Reverse Palm Squeeze

のうち Palm Squeeze は簡単だが、他はまだだめ。 Side Squeeze なんかできるようになるのか?

過去の今ごろ

過去の7月26日より。

[ 7月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.054986s / load averages: 0.31, 0.54, 0.52
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker