nDiki : 2004年11月26日

2004年11月26日 (金)

HTTP::Daemonベースのプログラムのテスト

make test でテストしておけるようにしておきたい。

ということで王道。fork して daemon プログラムを exec。 WWW::Mechanizeで daemon に HTTP でアクセスし各種テスト。

終わったら kill。

Win32 (ActivePerl)では fork + exec で起動できるのだけれど kill では死なない。 ということで Win32::Process::Create で直接起動して、Win32::Process::Kill で終了させるという別解で。

HTTP + HTMLのテストは、以前ちょっと使ったことのあるHTTP::WebTestを使おうかと思ったが、なんだかんだいって WWW::Mechanize の方が好きなように書けそうなのでこちらをチョイス。

スポンサード リンク

自宅の無線 LAN復旧 & IEEE 802.11g

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0001.jpg

不調になった無線 LAN を早く復旧しておきたい。 ということで会社帰りにヨドバシカメラへ行ってアクセスポイントを購入。 ここ最近周辺機器とか買ってなくて「何か買いたい物ないかなぁ」なんて事を考えていたのだが、今回はあまりトキメかない物を買うハメになってしまった。

選んだのはBUFFALOのブリッジモデルアクセスポイント AirStation WLA2-G54ルータ無し・ハブ付き IEEE 802.11g だとそれほど選択肢がない。 最近はルータ機能のついているのが主流なのか。 丸っこいデザインがダサいが我慢。

設置

紙のマニュアルはペラッペラのが一枚。あとは注意書きの紙が数枚。 それ以外はCD-ROMに。 CD-ROM の中を見るのも面倒なので、紙のマニュアルだけでいってみる。 分かっていない人に分かり易く書こうとしてあるので、分かっている人には分かりにくい説明。

AOSSは最初から使わない。 暗号化方式は手持ちの機器・ドライバがどこまで対応できるのかわからないので、まずはWEPにしておく。

RTW65b無線 LAN 機能を停止

ルータ無線 LAN 機能をまず止める。

Windows XP + WLI-PCM-L11GP から

現行で使っている構成から ESSID をアクセスポイントの初期設定値へ変更。 最初のテストなので一旦キー無しにし、接続できる事を確認。

Linux + ThinkPad X31内蔵アダプタから

DHCPがうまくとれない。なぜ?

Windows 98 SE を有線で接続して付属CD-ROMを使用

しかたないので CD-ROM ドライブのついている Windows 98 を起動。 付属CD-ROMをさして、エアステーション設定をしてみる。

えーと LAN 側 IP アドレスは 192.168.11.100 か (後でペラペラマニュアルを見直したら一応ちゃんと書いてあった)。

Web ブラウザから最終的に以下を設定

再び Linux + ThinkPad X31内蔵アダプタから

接続成功。 そういえば今まで WEP のキー無しで接続が成功したことなかったっけか。 今度設定方法を確認しておかねば。

Windows XP + ワイヤレス LAN 802.11a/b/g Mini-PCI カード 31P9702

ThinkPad X31 2672-BJ931P9702 を増設。 以前にインストールしたクライアントマネージャーは削除して Windows (+ IBM 同梱ソフト?)の機能を使うように戻しておく。

アクセスポイントを鎮座

とりあえず場所を決めて設置。

片付け等をして結局2時間半以上かかってしまった。

実像距離計式等倍透視ファインダー - BESSA-R3A

ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン に BESSA-R3A があったのでいじってみた。 等倍等倍。 両目を開けたままフォーカスを合わせることができる。素晴しい。

しかーし。メガネをしている身としてはフレームまで一目で見渡せなぬ。 悲しい。視度があってないのか、フレームもちょっとぼやけ見える。

うーん。やっぱり自分向きではないかなぁ。 どのみち利き目は左目だし。

隣にあったファインダー倍率 0.7 の BESSA-R2 の方がみやすいかも。 なので R3A よりは R2A か。

本当は一応28mmまでのフレームがあるといいなと思う。HEXAR RF は 28mm フレーム有りで 0.6倍。 それから Leica の 0.58 とか。

BESSA で 28mm フレーム有りがでないかなぁ。

ワイヤレスLAN 802.11a/b/g Mini-PCI カード 31P9702

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0002.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0003.jpg

の使っている ThinkPad X312672-BJ9 で LAN機能無し。 もともと ThinkPad X31 はどのモデルもアンテナを内蔵していて Mini-PCI のカードを増設できるようになっている。

今まではPCカード(WLI-PCM-L11GP)を使っていたのだが、アンテナ部分のでっぱりが邪魔。 今回IEEE 802.11g化するのを機に、いつかは買おうと思っていた 31P9702 を買うことに。

image:ASIN:B0000CA1JY

ヨドバシカメラに店頭在庫があったので、そちらへ買いにいった。

増設

http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0004.jpg http://www.naney.org/img/2004/U/U2004-11-26-0005.jpg

ThinkPad の説明書には増設方法が書いていない。 カードの説明書にも増設方法が書いていない。 付属CD-ROMに入っているマニュアルを見ると、「ThinkPadオンラインマニュアル」に書いてあるとのこと。 Windows を消してあると参照できないねぇ。

指示通りオンラインマニュアルを参照すると、増設方法が書いてあった。 英語キーボード(08K5073)に交換した時と同様、キーボードを外したところに増設するようになっている。 増設方法を暗記(増設中は当然電源を落とすので参照できない)。

で増設。アンテナケーブルを2本つないで、メモリを増設する時のように差し込み固定。

で起動すると自動的にドライバが入ってすぐ使えるようになる。 素晴しい。

kterm から mlterm

kterm 上で誤ってUTF-8なファイルやバイナリファイルを直接表示するとおかしくなる。 変なコードを表示するとウィンドウサイズが伸びて、その後リセットをかけても表示がおかしいまま。naga10 を設定しているせいかな? ずっと前からそういう状態で不便。

なので mlterm へ移行することにする。 ~/.mlterm/font あたりでフォントの設定。 それから ~/.mlterm/main で

 not_use_unicode_font = true

も指定しておく (naga10のままでいいので)。

さすがに pty から流れてくる文字列のエンコーディングを自動認識する事はできないけどいい感じ。

[ 11月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.048895s / load averages: 1.01, 0.62, 0.45
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker