nDiki : 2005年01月下旬

2005年1月21日 (金)

リモートポートフォワーディングライブカメラを晒す

プライベートネットワーク上に設置したBL-C10を外部からアクセスできるようにする時の方法を確認。

  • カメラはプライベートネットワーク上にあり、外からは直接アクセスできない
  • プライベートネットワーク(ルータ)の IP アドレスは秘密のままにしておきたい

ということで、公開しているサーバでHTTPを中継するという方向で。 となると SSHremote port forwarding か。

  • 公開サーバ: www.example.com
  • BL-C10: 192.168.0.X

として192.168.0.0/24 にいる自分のPCから

 ssh -R 3000:192.168.0.X:80 www.example.com

で www.example.com:3000 にアクセスするとライブカメラが見られるようになる。 ただし www.example.com の sshd の設定で

 GatewayPorts yes

になっていないと、他のホストからアクセスできない。 www.example.com 上の stone で外部からアクセスできるようにさらに転送用のポートを作る。

自分のPCから

 ssh -R 3000:192.168.0.X:80 www.example.com stone 127.0.0.1:3000 30001

で、

www.example.com:3001 -> www.example.com:3000 -> 192.168.0.X:80

と転送されるようになる。 実験も成功 (実験環境では ssh を実行する時に -1 オプションをつけないと -R がうまく動かない事を忘れていてちょっとはまった)。

自宅(ADSL接続)上の BL-C10 を上の方法で晒してアクセスしてみる。 ADSL回線を上って下る事になるが、ちょっと覗くにはそれなりの描画更新ができている様子。 BL-C10 の内蔵 Web サーバ動画を見ながらカメラを操作した時のレスポンスが悪かったのだが、これは stone の -f オプションで子プロセスを数個上げておくようにすることで改善された。

上の方法だと ssh を止めてもリモートホストの stone のプロセスが残ってしまい、別途 kill しないといけないのでちょっと面倒。 何かうまい方法はないかな。

スポンサード リンク
[ 1月21日全て ]

2005年1月22日 (土)

代官山 ラ・パティスリー イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ

rimage:http://farm4.static.flickr.com/3247/3063707636_d6fca2363a_m.jpg La Pâtisserie IL PLEUT SUR LA SEINE

が通っているお菓子教室の先生が学んだという代官山にあるイル・プルー・シュル・ラ・セーヌに行ってみた。

代官山駅を降りて旧山手通りを進んだところ、エジプト大使館の向かい代官山フォーラムの2F。 喫茶コーナーのあるショップは思ったより小さかったけれど、駅からちょっとあるせいか自分たちがいった午後3時台でも空いていた。 店内には3人掛けのテーブルが4つ。テラス席も別にあるので暖かい季節はそちらもよさそうだ。

男の人と女の人、一人づつ店員がいた。 男の人は白衣を着ている。接客慣れしていないたどたどしさのある、ケーキ作りの人といった感じの人。

オーダー

今日はシブーストとブッション、それにコーヒーを注文。 なるほど。がお菓子教室で作ってくるのと同じ、洋酒のきいた大人の味のケーキだ。 シブーストは上品なお味。 ブッションはチキンみたいな面白い見た目に魅かれて注文。 ラム酒入りシロップがたっぷりしみ込ませてあるジューシーなケーキ。 お酒の味が強いので好き嫌いはわかれるところ。 ちょっとほろ酔い。

naney:3063707474 naney:3063707304

土産

せっかくきたので、リーフパイとガレットゥ・ブルトンヌを2つづつ買って帰ることに。 あわせて試食品もおまけしてくれた。

rimage:ISBN:4-388-05771-1

それからレシピ本の「フランス菓子店『イル・シュル・ラ・セーヌ』の焼き菓子教室 椎名眞知子 (ISBN4-388-05771-1)」も買った(が)。 お菓子教室で作ってきたケーキレシピ写真付きでのっていて面白い。


[ 菓子 ]

家賃据え置き

賃貸契約更新の書類が郵送されてきた。 家賃据え置き。 前回の更新ではりんかい線開通といった近隣環境の向上分だと思ってだまって値上げをうけいれたのだが、今回はもし上がっていたら交渉してみようと思っていただけに、ほっと一安心。

しばらくはここにいます。

ケロロ軍曹みたであります。

昨年から会社で話題のケロロ軍曹の放送を初めて観てみた。

いいね。

制作側の趣味がよく出ている。

[ 1月22日全て ]

2005年1月23日 (日)

DiKicker のタイトル・RSS関連の改良

人気blogランキング他で DiKickerRSS が認識できるように、 HTML のヘッダに RSS へのリンク要素を追加(RSS auto-discovery)。 Firefox のライブブックマークとしても働く事を確認。

あわせて各アイテムのタイトルを「年年-月月-日日 / 記事タイトル」としていたのを「記事タイトル (年年-月月-日日)」に変更。 mixi なども含め長いタイトルは後半が省略される事が多いので、日付を後ろにもってくる。 もしかしたら日付はなくてもいいかもしれない。

ついでに HTMLのタイトルでも同様に日付を後ろにもってくるように修正。

[ 1月23日全て ]

2005年1月24日 (月)

ウゴツール

rimage:http://www.naney.org/img/2005/ugo/NANEY-160x120-2005-01-24-0001.gif

D.IKUSHIMAさんが開発しているウゴウゴルーガ風ライン描画ツール「ウゴツール Ver.1.32」を使ってみた。 いい感じに動くね。

会社のトップページのロゴとかもこれで作ってみたい。

抜歯して縫われる

今日は自分と同じ歯医者に通っているの、最後の一本の親知らず抜歯の日。 なんでも、横にはえていて表に出ている部分も少ないので、切ることになるとのこと。

ということで一応早く帰宅して、自宅待機。

しばらくしてが帰ってきた。 ちょっとボロボロになって疲弊している様子。 器具が当たるせいか、くちびるとか頬とかにも若干の傷あり。 痛々しい。

さすがに、頬(外側)まで傷つくなんて、ヤブじゃない?とか思ったり。 いままで抜歯は院長だったのに、今日は違う先生だったらしいい。

と思ったが、頬についていた赤い筋は傷跡ではなくて血がついていただけだったようだ。

痛みは結構あるみたいだけれど「夜、血がとまらなかったりしたら○○大病院へ行ってください」と言われた状況まではいたらなくて済んだ。

[ 1月24日全て ]

2005年1月25日 (火)

毎日新聞は読みにくかった

今年の1月からとりはじめた毎日新聞の感想:

  • 紙面デザインに馴染めず。先進的なのかもしれないが、古典的な新聞に慣れていると読みにくい。
  • ページ構成をわかりにくい。各ページのカテゴリが不明。
  • 日本経済新聞とはがらりと折り込み広告が違った。日経にはなかった求人広告がわんさかはいっている。逆にマンション広告は少なめ。
  • 日曜版が面白くない。日経の土曜版の方がずっと面白い。

というわけで好みじゃない。 今日集金がきたので、3ヶ月の予定だったが今月いっぱいで打ち切ってもらうことにした。

さて次はどれを購読するか。

他誌を読んで気がついたが、意外と日本経済新聞も読みやすかった(自分らにあっていた)な。

笑気吸入鎮静法

naney:3055221755 nitrous oxide analgesia

今通っている歯医者では「笑気吸入鎮静法」という方法が使えるらしい。 気になる。

しかしネタのためだけにトライするわけにもいくまい。 お気軽にご相談できない。

歯の治療15回目 - 左上金属詰め

17:50 - 18:10 歯医者

10分はやく到着したら、待ちがなかったのかすぐに治療してもらえた。 いつもの女の先生。

今回詰めた金属は小さめ。 いつものごとく若干高く感じるが、最初の違和感だけなのかもしれない。 様子見。

今回で治療終了だと思っていたのだが、

以前治療してあった犬歯のところが周囲から虫歯になっていますので、次回治療しましょう。

とのこと。 ガクン。

家に帰って歯の健康手帳を見直したら、たしかに二次カリエスのマークがついていた。 ということで、もうしばらく歯医者ネタが続く。


[ 左上の歯 ]

[ 1月25日全て ]

2005年1月26日 (水)

DiKicker にそろそろコメント機能を実装するか

くっつき BBS

nDiki では、たつを氏が公開しているくっつき BBSを利用してコメント機能をつけている。 くっつき BBSは自前でBBS機能を実装しなくても、JavaScript Include を使うことでコメントをページに貼りつけられるという優れもの。

CGI プログラム経由の JavaScript Include 方式は遅い/負荷がかかる

nDiki では JavaScript Include する際、コメントがない(=JavaScriptファイルがない)場合でも404にならないようにCGI プログラム経由で貼りつけていた。 しかし、この方法だと1ページに多くのコメント領域があると何度もCGI プログラムが実行されるのでサーバへ負荷がかかる。

また Web ブラウザHTMLの途中でscript要素が出てくると、そのスクリプトファイルを読み込んで処理するまで残りをレンダリングできない。 このためサーバが重かったりして、途中スクリプトファイルの読み込みでひっかかるとユーザ側でのページ表示完了が遅くなってしまう。

ということでこの方式をやめて、単純にコメントJavaScriptファイルのURIを指定するようにした。 その使わなくなったCGI プログラムで、tDiaryテーマ用の「commentshortクラスdiv要素」を書き出していたので、この部分は DiKicker に戻す。 現在のコードでは、コメントが無くてもこのdiv要素が出力されてしまうので、ちょっとみぐるしいがしばらくご容赦。

やはりDiKickerでネイティブにコメント機能を実装しよう

コメント内の AutomaticLink 処理や cookie の連動など、前からやりたいとは思っていたのでこれを機会に実装するかな。 いろいろ決めないといかん。

[ 1月26日全て ]

2005年1月27日 (木)

Skype for Linux Beta 0.93.0.3

社内ではやりつつある SkypeDebian BOX にインストールしてみた。 Call List の日時表示が文字化けする以外は見た目は、きちんと動いている感じ。

IM は Windows ユーザとの間で日本語もきちんとやりとりできる事を確認。

しかし肝心の音声通話の方は、マイクスピーカーを備えている相手がいなかったので自分の環境で動くのかまだ不明。 そういえばこの Debian BOX でマイク入力とかしたことなかったな。

IM だけなら Gaim での AIM と変わらないのであまり魅力的ではない。 その点の機能では Gaim の方が上だし。

ということで、はやく音声通話を試してみたいところ。

国際化識別子IRIのRFC

IRIRFC3987になった。

WiKicker を含めた WikiEngine など(非ASCII)キーワードからURIを生成するタイプのソフトウェア開発において今後要チェック。

[ 1月27日全て ]

2005年1月28日 (金)

劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ ~圧縮された動画~ 3.0

Windows の画面を動画でキャプチャするソフト(群)。 ピットマップファイル、AVIMPEG-1 を生成することができる。 マウスカーソルもキャプチャ可能。

槻ノ木隆氏がBroadBand Watch記事中、BL-C10、BB-NCP100の出力画面をキャプチャするのに利用していたのを読んで知ったソフトウェアである。

以前使ったWinkはコマ取りして編集するタイプなのに対し、こちらはムービーにしてしまうもの。 オフィスソフトウェアのチュートリアル作成には前者が、ゲームや動きのあるソフトウェアのデモ作成にはこちらが適しているかと思う。

OpenGL を使っているソフトウェアのキャプチャでちょっと試してみた。 負荷がかかる分ちょっと重く感じるようになるが許容範囲か。 動画中、録画時の垂直同期の関係のせいかズレの生じているフレームがあるがこれも許容範囲かな。

MPEG-1で保存するとあまり綺麗ではないが、Windowsインストール済みのCODECを使うことができるので、適切なものを選んでAVIで保存すると綺麗な動画になる。

レートとかよさそげな値をみつけておいて、ちょっとしたデモを作成する際に使ってみたい。

Skype が鳴らないので ALSA にしてみる

いろいろ試してみたが Skype で音声通話ができない。

xmms などで音は出ているし、ThinkPad X31内蔵マイクの音声もちゃんとひろってスピーカーから聞こえているので Linux 側としてはドライバなどきちんと動いている様子なのだが。

Skype のサイトによると OSS を使用するとある。 現在 Linux kernelOSS を使っているんだけれどな。 Web で他を検索すると ALSA を入れて使えるようにしている書き込みとかをみかける。 Skype から ALSAOSS エミュレーションを使うようにするということか。

ALSA にする

ということで ALSA に切り替えることに。 alsa-source Debian パッケージインストールしてから、いつもと同じ流れで Debian kernel パッケージ構築

最初 ALSA で全然鳴らなくて困ったのだが、alsaconf を実行する必要があったのを知らないだけであった。 これを実行したらきちんと音が出るように。

これで Skype を試してみたいのだが相手がいないので、来週会社がはじまるまでテストを保留。

[ 1月28日全て ]

2005年1月29日 (土)

ALSASkype 成功

Skype IM に入電。 GAKUさんが通話のテストにつきあってくださるというので実験。

あっさり成功。 忘れものをとりにきたとかでGAKUさんが立ち寄ったオフィスと、私の自宅(どちらもADSL)間。

ThinkPad X31内蔵マイク+内蔵スピーカーを使用したが、ハウリングもなく通話できた。 内蔵スピーカーが底面にあるという珍しい構造が功を奏しているのか?

とはいえ飛行機の機内にいるようなキーンという音や、HDDのアクセス音とかは拾ってしまっている。 それにキーボードをタイプすると、さぞ相手もうるさいであろう。

緊急用としては内蔵マイクでいいけど、心地よく通話するにはやはり外付けマイクが欲しい。

コンデンサーマイクロホン壊れてた

naney:3055206805 かなり昔に買ったコンデンサーマイクロホン ECM-909ASkype 用に使おうかと、押し入れから出してきた。

ウインドスクリーンを外すとちょっとベトつく。 とけてきてやがる。

電池が切れているな。本体をスライドさせて電池交換……茶色い粉が出てくる。 嫌な予感。

やっぱり。

古い電池がはいったままで液漏れしていやがる。 腐食されている接点をとりあえずやすりで削って新しい電池を入れる。

でPC につないでチェック。 音ちっちゃー。 おっかしいなぁ。 PC 側の問題かなぁ。 しかし、ポータブルMDレコーダーに挿して試しても同様。 マイク自体が駄目になっていたか。 無念。

デザイン気にいっていたんだけれどなぁ。

Skype 用候補

新調するとすると:

  • ヘッドセットは嫌。
  • 音は PC 内蔵スピーカーマイクは外付けにしようかなと。
  • タイピン型マイクは嫌。
  • PC 用によくある細ーい卓上スタンドマイクも嫌(顔にささりそう)。
  • あまり顔をわざわざマイクの近くに近づけるというのも嫌。
  • スタンド付きが良い。

というのが希望。 うーん、やっぱり同タイプになるのかな。

それからプラグインパワー専用は避けたい。

image:ASIN:B00008B4Q1 image:ASIN:B00008B5IO

例えばソニーで現行機種だとECM-MS907か。1996年10月10日発売モデル。

アイワの CM-DS6 も評判がいいな。 値段的にも ECM-MS907 だと Skype 用には高すぎだけれど、CM-DS6 の値段ならまあ許せる。 ちょっとデザインが良くないけど。

あとは autio-technica の AT9440(1996年11月21日発売)あたり。

[ 1月29日全て ]

2005年1月30日 (日)

コンデンサーマイクロホン CM-DS6 購入

naney:3052887258 naney:3052052757

Skype 用にマイクが欲しくなったので有楽町ビックカメラへ。 事前に CM-DS6 にしようと決めていったのだが、デザイン的な面でやっぱり AT9440ECM-MS907 と迷ってしまった。

結局、そんなにお金かけてもしょうがないよねということで予定通り CM-DS6 を購入。

ファーストインプレッション

値段相応にチープ。 プラスチッキーだしケーブルもやわらかい。 電池ケース内部もいかにもコストダウンしたって感じ。 スタンドだけは金属で妙にしっかりしている。

デザイン的には決して格好良くないのだが、しかしいじっているうちにそれなりに愛着がわいてきた。慣れると結構気にいっちゃうかも。

ThinkPad X31

最初音が出なくてあせる。 しかしミキサーで Mic Boost を ON にしたら、ばっちり音が聞こえるようになった(昨日壊れていると思った ECM-909A の音が出なかったのもこのせいだと思う)。

Windowx XP が動いているもう一台のThinkPad X31オンラインマニュアルをみたら、マイクの音が小さい場合は MIC Boost を有効にするようにと書いてあった。 ふむふむ。

ちなみに感度自体はThinkPad X31内蔵マイクの方が圧倒的に上。 MIC Boost off の状態でも CM-DS6(MIC Boost ON)よりよく音を拾う(音質は別にして)。 どおりで昨日 Skype が楽勝で通話できたわけだ。 ちなみに内蔵マイク使用時に MIC Boost を ON にすると、内蔵スピーカーを使用している時にはハウリングが盛大に発生する。

感度的には

 内蔵マイク > CM-DS6 (MIC Boost on) > ECM-909A (MIC Boost on)

である。

ポータブルミニディスクレコーダーにつないでみる

MZ-R50につないでみる。 ECM-909Aより感度良好。

ステレオ->モノラル

ステレオマイクなので、ThinkPad X31にさすとL側だけしか使わない事になる。 一応モノラルに変換するアダプタ(ソニー PC-L43M)も買ってきて使ってみたけれど、PCで聞いている限りあっても無くても同じ感じ。


[ 製品レポート ]

コンデンサーマイク壊れてなかった(ちょっぴりは壊れてる?)

昨日壊れていると思ったECM-909Aであるが、CM-DS6と一緒にいじってみて実は一応ちゃんと使えている事がわかった。

  • ThinkPad X31につないで音が聞こえなかったのは、MIC Boost をONにしていなかったせい。
  • それから昨日は久しぶりに出してきた MZ-R50マイクのチェックをしてみたのだが、この時「MIC SENS」が LOW になっていた。

それぞれ MIC Boost を ON にしたり、MIC SENS を HIGH にした上で手動で録音レベルを調節する事できちんと音を拾えた。

あちゃー。CM-DS6 はちょっと散財だったかなぁ。 しかしテストした感じで感度は CM-DS6 の方が上で使いやすそうだし、まいっか。

[ 1月30日全て ]

2005年1月31日 (月)

現代の経営(上)読了

rimage:ISBN:4478320780 P.F.ドラッカーの「現代の経営」を読み終えた。

1954年出版ということで冷戦時代背景における論調の内容があったりと多少違和感があったりする部分もあるが、本質の部分はもちろん健在。

内容的には比較的大きな企業の上層クラス向けに向けられた感じがする。 経営書としては当然なのだが企業中心の視点ということで、自分の立場としてはやはりすっきりしない部分がある。

文章もかたい感じ。図もないし、箇条書き化もほとんど無い。

明快で人をより重視しているトム・デマルコの著書の方が自分にあっていると思うのは、やはりソフトウェア屋だからか?

1度読み通したけれど、ドラッカーの言いたい骨子をまだ掴み切れていないようだ。 いつかもう一度ゆっくり読み直す必要があるな。


[ 読書ノート ]

新聞比較

2月からの購読する新聞を選ぶにあたり、が先週の金曜日に駅売りの朝日新聞日本経済新聞を買ってきた。 毎日新聞を含め記事を比べてみよう。

目についたのは財団法人総合初等教育研究所の発表した、小学校で学ぶ漢字についての子供の読み・書き調査(03年)の記事。

朝日新聞(1面左側)

大見出しより

 落書きを「楽書き」
 木かげを「小かげ」
 正答率高学年ほど低下
 漢字読み書き子供1万5000人調査

最後の部分

調査に協力した小森茂・青山学院大教授(国語教育)の話 入門期に漢字嫌いにならないよう、学校は家庭と連携をはかりつつ、日常生活で読み・書きを繰り返させていくことが大切だ。

毎日新聞(1面右側)

大見出しより

 苦手な漢字時代を反映
 小学生の読み書き能力
 80年調査と“互角”
 「高層ビル」書けても「電園地帯」緑遠く

最後の部分

調査を監修した青山学院大の小森茂教授(国語教育)は「漢字の力は落ちていないが、書き言葉と話言葉がかい離している。家庭で言葉を使うようにしてほしい」と話す。

日本経済新聞(社会面)

大見出しより

 現代っ子、この漢字間違えた!!
 全国の小中学生調査
 あか十字 小6の4割
 電園年 小5の3割
 80年と比較 顕著な低下は見られず

最後の部分

分析を担当した青山学院大の小森茂教授(国語教育)は調査の条件が異なり、単純比較はできないとしながらも「平均正答率は全体的にやや高くなっている。授業時数が減る中で、漢字教育は健闘しているのではないか」としている。

比較して

朝日は、ぱっと見た目「学力の問題を指摘」するような印象を与える記事だ。 それに対し日経は「変化なし」という印象の記事。 毎日も一応「互角」と見出しで書いている。 朝日も記事中で変化なしと書いているものの、全体的に誤答を強調する感じの文章だ。

  • 朝日は「誤答を指摘し、問題としてあおる記事」
  • 毎日は「とんでも回答を面白風に」
  • 日経は「ドライ」

という感じ(あくまでも私の印象)。

とくに教授のコメントの違いは顕著だ。

  • 朝日は「もっと勉強しろ」
  • 毎日は「もうちょっとがんばってね」
  • 日経は「なかなか頑張っているんじゃない」

という風に受け取れる。

毎日新聞は初めてここ1ヶ月読んでみたが、ファミリー的な記事・視点の記事が多いな。 朝日新聞はどうだったっけか。やっぱり受験重視? 日本経済新聞は当然経済中心で、あまり関係のない記事の扱いは小さ目。

やっぱり新聞によって全然違う。 1紙だけというのは危険。 でも1紙ですら軽く目を通すだけなのに、数紙も読んでいる暇もないし。

要するに「気をつけろ」ということで。

朝日新聞購読申込み

Webサイトから申し込む。

新規に3カ月以上のご購読を、この画面からお申し込みの方(日本国内在住)にもれなく朝日新聞オリジナルのクオ・カードをプレゼント。(クオ・カードは購読開始から2週間ほどでお届けします。)

フォームに契約期間の入力襴がないな。

新聞購読については、お客様と当該販売店の間で改めて契約を交わしていただくようになります。この画面はお客様からのお申し込みを販売店に連絡するための画面です。お名前・ご住所・TEL番号、メールアドレスは、必ずご記入ください。

この点は毎日新聞と同じ。

申し込みページは mteria.com というサイトにあるのだが、www.asahi.com から辿る途中で外注している旨の説明はない。 https にしている意味も薄い。

フォームを記入して申込ボタンを押しても Firefox on Linux では送信されない。JavaScript の挙動の違いかなにからしい。

いろいろアラが見えて萎えるものの、しょうがなく WindowsInternet Explorer から申し込み。

新聞選択の理由

積極的というよりかは、消去法で残ったからという理由。

ということで。

朝日新聞NHKと今いろいろあったりと必ずしもいい印象ではないのだが(この件はまだ真相がわからないので態度保留)、とりあえず読んでみようかと。

歯の治療16回目 - 左上治療 + 左上型取り + 仮詰め

18:00 - 18:40 歯医者

NEW MEGALOPOLIS をみて女の先生が「いつも重そうですね」。 「はい2キロ近くありますから。慣れましたけど。」

そんなやりとり。

  1. 表面麻酔
  2. 麻酔 (院長)
  3. 犬歯治療 (院長)
  4. 「4番目と5番目の間も虫歯になってますねぇ」ガリガリ (院長)
  5. 犬歯白いやつで詰めもの。
  6. フロスみたいなやつで歯間ぐりぐり (院長)
  7. 左上型取り
  8. 仮詰め

左下噛み合わせ型取りもどっかでしたけど、順番忘れた。

前回犬歯っていっていたから今日で終わると思ったのだが、「4番目と5番目の間」って何よ。 前回すでにわかっているはずだから、治療計画として先に教えてくれー。

それにそこは、前回の治療したんでは? またいじるのかよ(……というのは誤解で左上の治療は前回までは奥2本だけだった。右下の時は4本同時にやったので、左上もそうだと勘違いしていた)。

ということで、もう「次で終わるだろう」なんて考えるのはやめよう。

今日は麻酔強め。夕食の間も痺れていた。 麻酔打ったわりには治療、結構痛かった。


[ 左上の歯 ]

外部定義か作業ディレクトリを分けるか、trunk にブランチ

Subversion のリポジトリのレイアウトを思案中。

 repos
  |
  +- branches
  |
  +- tags
  |
  +- trunk
      |
      +- project
      |    |
      |    +- 2004
      |    |
      |    +- 2005
      |
      +- texmf

という構成がある。 project に年別のサブブロジェクト 2004、2005 がある。 texmf は repos 以下で共有したいマクロディレクトリ。

問題は各サブプロジェクトでどうやって texmf を共有するか。 ここで 2005 + texmf を使用する際には 2004 まで一緒に作業ディレクトリにチェックアウトしたくないとする。 texmf は各プロジェクトの共通部分で随時改良される。 これらの改良は各プロジェクトで共有したい。

ただしプロジェクトの tag を打つ場合はその時点で使用されている texmf もセットで tag を打っておき、その tag をチェックアウトする事でサブプロジェクトのセットを再構築できる必要がある。

作業ディレクトリを2つチェックアウトする方法

 trunk/project/2005
 trunk/texmf

の2つをチェックアウトする。2005 ディレクトリからは ../../texmf で参照するようにする。

利点
  • texmf を一括管理できる。
欠点
  • 作業者が2つの作業ディレクトリをこの構成でチェックアウトすることを知っている必要がある。間違えて違うURLをチェックアウトしてしまうかもしれない。
  • 更新も毎回2つのディレクトリでする必要がある。texmf の update 忘れる等のミスをおかしやすい。

tag を打つ場合は

 tags/release-1.0.0/project/2005
 tags/release-1.0.0/texmf

と2つをとりまとめる必要がある。

サブプロジェクトにブランチを作る方法

texmf を trunk/project/2005/texmf のようにコピーする。

 trunk
  |
  +- project
       |
       +- 2005
           |
           +- texmf

2005 ディレクトリからは texmf で参照するようにする。

利点
  • チェックアウトする人間は trunk/project/2005 をチェックアウトするだけで良い(texmf サブディレクトリは再帰的にチェックアウトされる)。
  • trunk/project/2005 の tag を作るだけで、閉じたスナップショットを作れる。
  • texmf が他のプロジェクトと独立する。
欠点
  • trunk/project/2005/texmf から trunk/texmf へのマージ、また逆へのマージを適宜行って同期しておく必要がある。骨が折れる。
  • trunk の下にブランチ的な要素があるのがちょっと気持ち悪い。

外部定義(svn:externals)を使う方法

trunk/project/2005 の svn:externals 属性として trunk/texmf のURLを指定し trunk/project/2005/texmf となるようにする。

利点
  • チェックアプトする人間は trunk/project/2005 をチェックアウトするだけで良い(texmf 外部定義は自動的にチェックアウトされる)。
  • texmf を一括管理できる。
欠点
  • texmf 以下は別として扱われるので、更新処理などのオーバーヘッドが結構ある(遅い)。
  • tag 打ちが面倒

tag を打つ際は

 tags/release-1.0.0/project/2005
 tags/release-1.0.0/texmf

と2つをとりまとめた上、tags/release-1.0.0/project/2005 の svn:externalsURLを書き換える必要がある。

将来リポジトリが移動してURLが変わった際も(実体は同じリポジトリにあるにもかかわらず)全てのURLを書き換える必要がある。

あるいは tag を打つ際に svn:externals をクリアし tags/release-1.0.0/project/texmf とコピーする方法もある。

どれにするか?

去年は外部定義を使用する方法で運用してみたが、update が遅い等それほど使い勝手が良くなかった。

今回はブランチ方式にしようかなと思う。 マージが面倒なようなら、次回は一番上の方式で。

[ 1月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・PO をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.046853s / load averages: 0.35, 0.39, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker