nDiki

2005年3月7日 (月)

UPX実行可能ファイルを小さく

PARのチュートリアルで UPX (the Ultimate Packer for eXecutables)というツールが紹介されていたので使ってみる。 実行可能なファイルを、実行可能のまま圧縮するというもの。 MS-DOSの時代の伝説のプログラム DIET を思い出す。

PAR で実行可能形式に変換したPerlスクリプトを UPX 1.25 で圧縮したところサイズが小さくなった。 しかし PAR で作った実行可能バイナリは実行時に自身を展開するため、圧縮によってフォーマットが変わってしまっていることを検知して警告が出てしまう。 ちょっとよろしくない。

それにNSISインストーラを作ってしまえばかなり高圧縮がかかるし、そういう意味では出番がないか。

いや USB メモリにいろいろ実行可能ファイルを詰め込みたい時にはいいかもしれない。

スポンサード リンク
[ 3月7日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.110638s / load averages: 0.19, 0.29, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker