nDiki

2005年3月31日 (木)

Wineを入れてみる

Linux 上で Win32 用の ActivePerl を動かして、PPM パッケージの作成や PAR による実行可能ファイルの作成をできるようにしたい。

調べたところ Wine 上でも ActivePerl が動くらしい。 さっそく Debian GNU/Linuxsid 環境にインストールしてみる。

debパッケージは以下をインストール

  • wine
  • wine-utils
  • winesetuptk
  • wine-doc
  • msttcorefonts

winesetup を実行して ~/.wine 以下を作成。 winesetup が古いのか wine を実行すると

Please use the registry key HKEY_CURRENT_CONFIG\Software\Fonts\LogPixels to set the screen resolution and remove the "Resolution" entry in the config file

という警告がでるので、[fonts] の中の

 "Resolution" = "96"

をコメントアウト。

次に msi 形式になっている ActivePerl インストーラを動かすために、Windows Installerインストールする。

失敗。設定がうまくいっていないのか、何かが足りないのか。

usr/share/wine/wineinstall で ~/.wine 以下を作っても駄目。

要調査。

スポンサード リンク
[ 3月31日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィの SNS の企画開発を行うグループでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。CS 向上・ユーザーサポート・健全化などにも取り組んでいます。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.179153s / load averages: 0.71, 0.54, 0.42
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker