nDiki : 2005年06月23日

2005年6月23日 (木)

まりえが見守る第13回産業用バーチャル リアリティ展第2日目

naney:21092055 今日も微妙に霧雨が降ったり止んだりといった感じの中、IVR。 今日は朝一から会場入り(09:30ちょっと前)。自宅からだとブースまで約50分(自分用メモ)。

シフト

やはり1サイクル2時間はキツいな。 来客対応で入れ替わりがズレだりすると長びく場合もあるし。 時間的には去年の1時間半が単位の方が集中的にも肉体的にも良いと思われる。

ただ今年はそのかわり休憩も連続2時間まとめてとれるというシフトなので、昼食後に一休みしてから他のブースを見てまわる余裕があるというメリットもある。一長一短。

今日の昼食はビッグメロンパンと一緒にワゴン販売していた「東京駅限定駅弁」。 全然東京駅限定ではない。

機械要素技術展

こちらは産業用バーチャル リアリティ展や、設計・製造ソリューション展と違って地場産業的なブースも数多い。地域系の団体の枠で出展している企業も多い。

出展者バッジホルダーの紐

今年は出展者バッジホルダーの紐が青になり、入場者と区別しやすくなった。 バッジを裏返して巡回しても出展者だと判別可能。 もっとも出展者スタッフであれば招待券を使って、別途一般入場しなおすのも簡単ではあるが。

出展者バッジだと「相手にされる度」が下がるが、それはそれで巡回しやすくて悪くない面もある。

バーコード

そういえば今年はブース来場者のバッチをバーコードリーダで読んでいる企業をみかけていないな。今年は展示会主催者がそのサービス提供をやめた?

まりえ

ブースでの立ち位置で前を見ると、その向こうに人物展示映像装置が展示されている。 かなり不思議な雰囲気を醸しだしていて気になってしょうがない。 おおくの人が興味を示して立ち止まっていっている。

我々の間で会話するために「まりえ」と名付けたソイツに、休憩明けにあってきた。 正式名称は Chatty。

Chatty (チャティ) は、人物の顔と表情や口の動きを、その凹凸までも本物そっくりに映像表示し、実際にその人が話かけてくるようにリアルな人物像を実現した展示装置です。-- パンフレットより。有限会社 石川光学造形研究

デモ機不調

朝ブートした時に「時計が設定されていない」といった旨のBIOSエラーが出たデモ機(BIOS設定画面で、日時を設定しブート。電池切れ?)が、休憩明けにはノート PC に差し替えられていた。やっぱり駄目?

今日の気温

昨日温度計を置いたところの照明の影響であるが、蛍光灯による照明だったのでほとんど影響なかったようだ。

今日のブースでの温度:

10:0024.5℃
12:3026.5℃
14:0027.0℃
17:0026.5℃
18:0026.0℃

比較的安定。昨日閉場近くなって温度が上がってきたので、「17:00にはエアコンが止められてしまう?」なんて思ったりもしたが、そんなことはなかった。

追記

同僚によれば今年もバーコードを利用している企業があったらしい (2005年6月28日追記)。

スポンサード リンク

「区に出したい?」

今日は区の資源回収の日なのでまとめておいた新聞紙を、雨のなか家の前に出しにいった。 ちょうど家の前にトラックが止まっていて運転手が運転席に戻ろうとしているところだった。

脇を通るとそやつが手をのばしてきた。 不審な顔でそちらを見ると「区に出したい?」と聞いてきた。

当たり前の用に手をのばしてくるところなどおもしろくないので、そのままスルーしてごみ置場へ。業者は意外にあっさりとあきらめて車に乗っていってしまった。 ドアにはなんとか紙業と書いてあった。

もしかしたらいなくなったのを見計らってまたくるんじゃないかと思って、用心していたらトラックの音が。窓から見下ろすとやっぱりまたきた。 さっき置き場に出した古紙をトラックのせたようだ。 ちくしょう。やられた。

あれ、しかしよくみるとさっきとトラックの色が違うな。 別のトラックか。こちらもなんとか紙業と書いてある。 デジカメで撮った写真を見てみると「松沢紙業」とある。最初の1台目の方は不明。

松沢紙業は持ち去りについてメディアのインタビューに答えるなど、この業界では知られているところのようだ。

いちおう行政回収に出しているつもりでいるので、違う業者に勝手に持ち去られるのはちょっと納得がいかないが、古紙を「区の所有物」とする法的根拠も弱いという話もあるようだしなかなか難しい問題でもあるらしい。

古紙回収を行政がするのがよいのか、民間がやるのかがいいのかはいろいろ意見がわかれている。

さて、どうするか。住民税を払っているから、税金を使って実施されている行政回収がカラまわり状態というのは面白くない。やっぱり区に回収してもらった方がいいよな(区もどこかに委託しているのかもしれないけれど)。

持ち去り現場写真をプリントアウトして「Stop」とか書いて、古紙に貼るのも痛快かと思ったけど効果はないかもしれん。

ちなみに調べたら区では

これは私たち区民が品川区に出した新聞です。ちょっと待って! 持ち去りお断り! 資源持ち去り厳禁 - 資源持ち去り防止

という「行政回収用意思表示紙 (PDF)」を公開していた。 これも気休めか?

[ 6月23日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.045172s / load averages: 0.43, 0.31, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker