nDiki

2005年8月2日 (火)

例によってPHS接続用に WWWOFFLE を設定

夏休みでしばらく数日(常時接続ではない) PHS 接続生活になるので、例によって WWWOFFLE をインストール。しばらくは WWWOFFLE + Privoxy の2重 proxy 生活。

今回はDNS キャッシュサーバとして pdnsd も入れておく。

あわせて resolvconf パッケージもインストールして、ifup / ifdown の実行などで問い合わせにいく DNS サーバが変わっても pdnsd が追従するように設定(というか pdnsd のデフォルトの pdnsd.conf がそのようになっている)。

これで /etc/resolv.conf はいつも

 nameserver 127.0.0.1

にしておけるので 実際に問い合わせにいく DNS サーバが変わっても WWWOFFLE再起動が必要なくなる。


[ Debian ]

スポンサード リンク
[ 8月2日全て ]

About Me

Naney Naney

Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

About nDiki

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。

#nNote タグがついている記事は他の記事に比べて、より断片的・未整理・不完全なちょっとしたノートです。まだ結論に至っていない考えなども含まれます。頻繁/大幅に更新したり削除したりすることがあります。

※本サイトの内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

Other Notes

ナレッジベースアプリケーション Obsidian で書いているノートの一部を notes.naney.org で 公開しています。

最近検索されている記事

月別インデックス
Process Time: 0.157845s / load averages: 0.83, 0.58, 0.46
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker