nDiki

2005年8月9日 (火)

帰省後のメール取得トラブルは Linux kernel 選択ミスが原因

4日ぶりにPC生活に復帰。 メールは naney.org の方に800通ちょっと、会社の方に100通弱。 fetchmail

取れぬ。例によって溜めすぎかなぁ。

naney.org の方は一時的に、SSH port forwarding 経由にするのをやめたら取得できた。

会社の方は駄目。サーバ側の問題か? (1通ずつとか)きざんで fetch すると、取れるようだ。 fetchmail の -B オプションを指定してチマチマとる。 これである程度取得できたが、サイズの大きいメールは1通単位でも取れない。

しょうがない。サーバの Maildir を tarball にまとめてとってくるか。

……あれ。 サーバでまとめた tarball を scp で持ってこれない。転送途中で止まってしまう。 うーん。困った。

試してみたところどうやら大きなファイル転送はメールに限らず駄目なようだ。 あれ? 前にもこんな症状あったような。 nDiki を見直したら MADWIFI 試行錯誤していたときにあったな。

とりあえずリブートしてみるか。

再起動してGRUBのメニューをみて気がついた。 うまく動くように設定していないままの kernel 2.6 でブートしていたようだ。 帰省前にかなり久しぶりにシャットダウンしたので、帰ってきて起動した時に 2.4 系を選んでブートしなければならなかったことを忘れていたよ。

これに気がつくまで、結局3時間ぐらい苦戦してしまった。とほほ。

スポンサード リンク
[ 8月9日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

follow us in feedly

月別インデックス
Process Time: 0.152774s / load averages: 1.39, 1.38, 1.20
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker