nDiki : 2005年09月30日

2005年9月30日 (金)

mixi のプロフィールをランダム更新

mixi であるが、何だかんだといって登録以来定期的に巡回している。

あたり。

mixi で残念なのは、マイミクシィコミュニティの紹介文を、(他人からみた)自分のトップページに表示できないこと。 マイミクシィの紹介文は相手のところに書くことができるけれど自分のところでは紹介できない。 コミュニティも「なぜ参加(登録)してみた」のか一言書いてみたい。

今の mixi だとトップページで比較的自由になるのは、写真と自己紹介の欄ぐらい。 写真は既に一言コメントを画像に埋め込んでいるから、あとはいじるとしたら自己紹介。

ということで、この部分を定期的にランダムに更新できるように、スクリプトを書いてみることにした。

最初は WWW::Mixi で行こうと思ったが、フォームの一部分だけ変更してPOSTするには LWP::RobotUA のサブクラスである WWW::Mixi より WWW::Mechanize の方が楽そうなので、そちらでスクリプトを書くことにした。 ログイン後の refresh あたりの処理以外は面倒なこともなく、さらりと。

あるディレクトリの下にあるテキストファイルからランダムに1つ選び、その内容で*1自己紹介を更新するスクリプトを書き cron で定期的に更新するようにしてみた。

今のところテスト的なテキストしかないのでランダムといってもほとんど変わらないけれど、そのうちマイミクシィの紹介とかネタとかを増やしていく予定。

[ Naney と mixi ]

*1実際にはフッタとヘッタをつけて

スポンサード リンク

はたして仕事に希望をもてたか?

ふれあい職場体験学習として、近くの中学校中学生2人がお昼を挟んで半日ほどオフィスにやってきた。 直接かかわらなかったので詳しくはわからないけれど、あまり刺激的な経験をさせてあげられなかったんじゃないのかな。

バーチャルリアリティも扱っているとはいえ、中学生が想像するようなゲーム的な要素はあまり無いから、期待したものとは違ったであろう。 それはまあいいとしても、「職場体験」させてあげるのは難しかったのではないか。 「ソフトウェア開発現場としてコードをちょっとでも書く」、「3Dコンテンツの作成をしてみる」いうのも基礎知識の無い状態で「体験」というところまでもっていってあげるにはどうしたら良いか。

本人たちにとって何か得られるものがあったなら幸いだが、どうだったのだろう。 月末納品とかでバタバタしている人も多かったのでタイミングも良くなかったし。

話によると、鞣を体験するグループもあるらしい。 あ、それいいな。自分がいってみたい。

お隣りさん入居

7月下旬に隣が引っ越しされて空室になっていたが、新しい方が入居されたらしい。

引っ越しの挨拶をうけたによると、夫婦と3歳ぐらい*1の男の子の3人家族とのこと。

階下のお宅でも今年双子が生まれたばかりだし、急に賑やかになった感じだ。

*1次の日の朝会った時にご主人にうかがった2歳半とのこと

近くまできたので職場を紹介

が午前中用事があって私の勤めている秋葉原のオフィスのすぐ近くまで来るというので、ちょっと寄ってみないかと誘ってみた。 せっかくなのでどんなところで働いているか見てもらいたい。

朝一緒に出て用事をすませた後、連絡をとりあって昼休みに会社へ。

やはり何か照れくさい。 壁画のあるミーティングスペースや、普段私が座っているデスクをささっと案内。 その時にオフィスにいた同僚に簡単に紹介をしたあと、そそくさとお昼ご飯を食べにでた。

社内での仕事風景スナップとかを見ているので、だいたいイメージしていた通りのようである。思ったより広かったとか。 私の表情から、まずは良い雰囲気の職場で働いていると感じたとの事。 どうですか? オフィスのミナサマ。

[ 9月30日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィで SNS 事業の部長をしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.158229s / load averages: 0.50, 0.38, 0.40
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney)
Powered by DiKicker