nDiki : 2005年09月中旬

2005年9月11日 (日)

渋谷ロフトほぼ日手帳2006を見にいった

衆議院議員選挙投票を終えてその足で、渋谷へ。 山手線で移動中に、ぽつりぽつりと雨が。 と思っているうちに雨はどんどん強くなり、渋谷についたころには雷まで鳴る土砂降り状態。 雨宿りをかねて、渋谷マークシティ東急百貨店渋谷駅・東横店をぶらぶら。

1時間半ぐらいしてようやく落ちついてきたので渋谷ロフトへ移動。 お目当てはほぼ日手帳2006を直接手にとってみること。

手帳本体

糸かがり製本とトモエリバー紙が売りの一つ。

パタッと開く感じはいいな。見開き2日間なのでページ数があり結構な厚み。バイブルサイズのリフィルの一般的なリフィルと比べて紙は薄い感じ。ちょっと心許無い感じがするが、使ってみるとそうでもないのかな?

手帳カバー

ナイロンカバーは思ったより腰が弱い。 カバー・オン・カバーをつけておかないと、ふにゃっとしている。 手帳本体も軽く開くため立って書く時にしっかりしていなさそうでちょっと心配。

オフィスで使うにはナイロンカバーはカジュアル過ぎるきらいがある。 その場合はカバー。しかしカバーもそれほど高級感がある訳ではないかな。 すでに気にいっていて毎年ほぼ日手帳で行くならカバーもいいが、お試しでいくにはちょっと高い。

使ってみるならナイロンカバーがいいな。

カラー

ナイロンカバーだとグリーンが地味でなく、かつ(ちょっと若い感じはするけれど)オフィスで使うのにも悪くなさそう。

は、カバーのネイビーが気にいったようだ。 マリンブルーよりいい色。

運用

今後とも Palm (PEG-TJ25)をメインで使う予定なので、位置付けが微妙だな。

ほぼ日手帳を買ったとしたら何を書こうか。 スケジュール管理とGTDの運用は Palm でやるし、ダイアリーは nDiki に書くし。 単純なメモなら RHODIA No11 の方が便利そう。 ノート的な利用になるのかなぁ。

コンパクト重視で、今 PEG-TJ25 + RHODIA No11 コンビなんだけれど、ほぼ日手帳が加わると結構なカサになるのでちょっと出かける時に持ってでるのには躊躇わないか。

と、いろいろ自分にとって気になるところをいろいろ考えてみたけれど、それでもちょっと使ってみたいという魅力があるんだよね。

ほぼ日ストアでの販売は9月27日午前11時まで。

スポンサード リンク

Firefox ユーザプロファイル作り直し

ブックマークSage まわりその他がおかしくなったので、ユーザプロファイルを半年ぶりに作り直し。 拡張機能の整理(New は 前回から新たに使うようになったもの)。

テーマ

Debian パッケージで入れてしまう拡張

  • DOM Inspector (mozilla-firefox-dom-inspector)
  • Diggler (mozilla-diggler)
  • Live HTTP Headers (mozilla-livehttpheaders)
  • Firefox Development JLP

必須拡張

  • タブブラウザ拡張
    • Tab Mix + Tab Mix Plus にしようと思ったけれど、ツールバーを左に持ってこれなさそうなので、やっぱりコレに。
  • Add Bookmark Here
    • Galeon ユーザだった自分には必須。
  • SwitchProxy Tool
  • Web Developer
    • CSS書き時必須。フォームの POST -> GET 変換も便利。
  • Google Pagerank Status
  • (New) Google Toolbar for Firefox
    • 本家のやつ。
  • (New) Adsense Notifier
  • (New) Sage
    • track feed の表示用 (それ以外は Bloglines で)。

混んでた衆議院議員選挙・最高裁判所裁判官国民審査

14:00 ごろ投票

投票用紙に記入をするための机が埋まるぐらい、いつになく混んでた。 今回もゴミ捨て場が臭かった(→第20回参議院議員通常選挙)。

朝日新聞(だったかな?朝日とついていたのは確かだけど)の腕章をしていた調査員が、出口調査をしていた。 この投票は比較的、調査員がよくくるようだ。 実家にいた時は、見かけたことが無かったからな。

そういえば「『出口調査は民主党に清き一票を』キャンペーン」は今回はやってないのか?

[ 9月11日全て ]

2005年9月12日 (月)

nDiki のコメント欄にコメントスパム

更新チェックをしたら、nDiki にコメントが入っていたので「どれどれ」と見てみる。

うぎゃー。

丁度攻撃を受けているところやんけ。

NaneyOrgWiki にもリンクスパムな書き込みがちょくちょくあるのだが、幸い絨毯爆撃的なものは受けていない。 今回もそんな感じでたかだか数十回ぐらいの書き込みだろうと、.htaccess で接続元のIPアドレスを deny しつつコメントを消していく。

……はっ、速い。

追いつかん。終わらん。

マジ攻撃ですか。IP アドレスもかなり散らしてきてますか。 あきらめて、CGI プログラムを移動して書き込みできないように。

その後もしばらく連続アクセスがあったが、途中で気がついたのか止まった。

ということで、現在一時的にコメントの全文表示・新規不能状態。

くっつき BBSを使っているのだが、まさかこれが攻撃されるとは。 そろそろ DiKicker 自体にコメント機能を直接実装しようとしていたところだったのだが、いろいろ対策を打たないといけないと思うと萎えるなあ。

ほぼ日手帳2006注文

結局注文してしまった。

あれから考えたのだが自分の場合、仕事のログブックとかやっぱりノートとかに使うのがいいかなと。


[ ほぼ日手帳 ]

[ 9月12日全て ]

2005年9月13日 (火)

[ WiKicker ] hell mode - HTMLタグ付けブロックの導入

WiKicker では、直接 WikiPageHTMLタグを記述して表示に反映させる機能を提供していない。

HTMLタグ付けを許すのは嫌だ

HTMLタグ付けを許すと

  • 入力ミスによるトラブル
  • 悪意ある入力によるトラブル

が起きやすくなるし、ページのソースの単純さが大きく失われてしまう。 レンダリングしてHTMLにした時に、正しいHTMLを出力されることを保証することが困難になるとともに、HTML以外へのレンダリング/コンバートもかなり難しくなる。

この機能を導入すると、Wiki の良さの半分(あるいはもうちょっと沢山か、もうちょっと少なめ)が失われてしまう。

でも

とはいえ欲しいという声があることも事実。 オープンな WikiForum では全くお勧めできないが、閉じたユーザグループの中ではまぁ必要悪なのかもしれぬ。

また正直ちょっとした表現を追加したい時に、WiKicker 用のプラグインを書くのも面倒だというのは確かにある。

WiKicker では開始・終了マーカによる複数行にまたがるブロックを表すための文法は(閉じ忘れを避けるため)意図的に排除してある。 このため、複数行にわけて書きたいような長いデータを扱うような拡張も導入しにくい。

ちょっと手抜きして「生HTML書けちゃえば」という誘惑はなくはない。

大人の事情

ということでまあ自分に言い訳をしつつ、標準ではオフというかたちで HTMLタグ付けブロックを導入することにした。 スイッチは hell mode とかにしたい (今回は syntax.html というプロパティ名にしたけれど)。

記法は単純に、

 normal wiki syntax text...
 <html>
 html tagged text...
 ...
 </html>
 normal wiki syntax text...

のように行頭が <html> である行から、行頭が </html>である行までをHTMLタグ付けブロックとすることに。 このため、<html>ではじまる段落が書けなくなるという小さな非互換が発生するが、いたしかたない。

サニタイズ

HTMLタグを直接使えるようにするとはいえ、全てを許してしまうのはあまりに危険で非人道的すぎる。 有効なHTMLタグや属性は限定的であるべきだ。

このあたりの処理は面倒だが、幸いにしてCPANにモジュールがある。 今回は HTML::Scrubber を使うことにした。 HTML::Parserを使って parse し、指定したルールに従ってサニタイズしてくれる。

ちょっと使ってみた範囲では日本語(UTF-8UTF8 フラグなし)でも問題ないようだし、文法的に正しくなくてもきちんとサニタイズできているようだ。

ということで、これを採用することに。

どの要素・属性を許すかはまだきちんと決めかねる。 当面は様子をみながら、調整していく予定。 サニタイザは設置者が置き換えられるようにプラガブルにしておかねばならないな。

[ WiKicker ] destination anchor を打てるように

WiKicker には終点アンカー(HTML だと name and/or id属性付きA要素)をページ中に書く機能がない。

  • 直観的ではない。この機能を知らない人が WikiPage を編集しようしたときに、ソーステキスト中にこれがあるのはよろしくない。HTMLを知っている人なら問題ないかもしれないが、そうでない人にはわかりにくい。
  • アンカー名の一意性の保証が面倒
  • 終点アンカーを書いて、他からご丁寧にリンクしても Wiki の正確上誰かが編集してすぐ無くなっちゃうかもしれない (そういってしまえばページそのものもそうであるが)。

等の(自分なりの)正当な理由で追加していなかったのだが、まぁ必要になったのであっさり追加することにした。 アンカーテキストに WiKicker のインライン要素を書けるようにするかどうか迷ったが、HTMLでレンダリングする際にA要素のネストを避けたりするのが大変なので書けない仕様にすることにした。

 [[anchor:anchor_name]]
 or
 [[anchor:anchor_name][anchor_text]]

という表記 (WRN scheme)を追加。 アンカー名の一意性の保証はまだ未実装。 やっぱやらんといかんかな。

[ 9月13日全て ]

2005年9月14日 (水)

やっと被扶養者認定

しばらく前に出した健康保険被扶養者(移動)届がやっと処理されて、健康保険 被保険者証が届いた。 認定日からすると、結局1カ月以上健康保険未加入だったことになるのか。

運悪く先月はいろいろ利用する機会が多かった。 また処理もとりあえず3割支払いになっているところや自腹払いになっているところなどいろいろある。

まだしばらくは騒動。

修理に出していた革靴の受け取り

9月4日には仕上がってきたと電話連絡が入っていた革靴を、会社帰りに受けとってきた。 6,615円也。

前のと違って靴底が2層に分かれてないタイプになったようだ。 これだと、爪先部分のゴム部分だけ剥れてくるとかそういうことは起きなくなるのかな?

しかし、仕事用にはもう一足安めの靴を買った方が良さそうだ。 修理代のおかげで、ちょっと先になりそうだが。

[ 9月14日全て ]

2005年9月15日 (木)

消費リソース零!『キャプラ』

Firefox で表示させたサンプルページのキャプチャをとるのに Firefox 拡張機能「Screen grab! 0.4」を使ってみた。 スクロールが必要な長いページも1発でキャプチャしてくれる優れものだが、Windows で試してみたところ右端が少し切れたり一部文字が表示されなかったりと残念ながら不完全。

ということで別のソフトウェアを探してみたところ見つかったのが「キャプラ」。

地味なメイン画面の Windows アプリケーションであるが、スクロールが必要なキャプチャも迷うことなくさっとできた。

いいかも。

結局買ったよ「ミカンせいじん学習帳」

naney:43511896

会社の近くのセブン-イレブンのレジの奥にこの間見かけたものの、1,980円という値段で手を出すのをやめておいた奴。 今日のお昼に同じセブン-イレブンにいったら売れたのか無くなっていた。

無くなると欲しくなるのが人情。 会社帰りに家の近くのセブン-イレブンで購入。

内容は……ちょっと期待外れかなぁ。

ミカンせいじんドリルが一番ミカンせいじんぽくて良かったが、フジテレビWebサイト少年タケシで見られるやつだった。

ま、久しぶりにミカンせいじんを見ることができたということで良しとしよう。

[ 9月15日全て ]

2005年9月16日 (金)

PM7:00過ぎのヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 激混み

本日秋葉原ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaがオープン。 4年近く前から待ちわびておりましたよ。

オープンセールの特価品を狙うつもりも特になかったし、これからいつでも帰りに寄れるようになるから無理に今日は行く必要はなかったんだけれど、やっぱり縁起物(というか様子見たさ)ということで。

いやぁ、混んでいる混んでいる。エスカレータのまわりとかは非常に危険な状態。 こんな中で買い物してもストレスがたまって楽しくなさそう。

しばらくして落ちつくのを待つしかないかな。

3Fの銀塩カメラコーナーは淋しいかぎり。 しかし、銀塩中判カメラコーナーは広めにとってありデモ機も他店に比べて多いと感じた。 これからは中判か?

[ 9月16日全て ]

2005年9月17日 (土)

等々力渓谷に行く時は虫除けを

naney:44251648

昼下がり散歩がてら東急大井町線にのって等々力へ。 3年ぶりである。

駅前の茶月でいなりやら海苔巻やらを買って、ゴルフ橋のところから等々力渓谷へ降りる。 川沿いは気温が低いので気持ちが良い。 ただ残念ながら水はきれいではなく、匂いもよろしくない。

川沿いの細い歩道を歩いて環八の玉沢橋をくぐると、等々力渓谷横穴古墳。 ここのベンチで一休み。 海苔巻をほおばるも、あっという間に蚊に包囲される。 しこたま刺されながら急いで食べたあと、さらに先へ。

不動の滝の先にある甘味処 月花に吸いよせられて、今度はあんみつ。 なんか食べてばかり。

naney:44251651

等々力不動尊へあがって参拝したあと、目黒通りへ出て等々力駅へ戻って散歩終了。

[ 9月17日全て ]

2005年9月18日 (日)

汐留無料展望スポット

rimage:ASIN:B0002YD54M 烏森神社を後にしてからは汐留エリアへ。

日テレタワー

日テレ屋に寄ってグッズとかチェック。 知らない番組が多いな。

スタジオジブリのグッズのコーナーでは、安田成美「風の谷のナウシカ」が流れていた。

カレッタ汐留の展望スペース

naney:44251665

汐留シティセンターのB1F 南欧KITCHEN 麦房家で遅めの昼食をとったと、カレッタ汐留の46Fスカイレストランへ。 47Fへあがる階段のところが少しばかり展望スペースになっており、東方面を望むことができる。 眼下には築地や浜離宮恩賜庭園

高級レストランには縁のなさそうな人で展望スペースはいっぱいだった。 自分もそちらの組。

その後、カレッタモールの Café NESCAFÉ で一休み。 カウンター席には、RJ45 と 100V のコンセントがあって、持ち込みPCでインターネット接続を利用することができる。 お店のノート PC も数台置かれていて、自由に触れるようになっている。

何かの機会に利用するかもしれないから覚えておこう。

naney:44251669

烏森神社へ行ってみよう

naney:44251658

毎週日曜日にJ-WAVEで放送されている「はな」の Time for Brunch。 はなが都内をのんびり散歩しながら、様々なスポットや街の声を紹介するという番組。

先週の日曜日、は「新橋&汐留」。有名どころ烏森神社を訪ねていた。

うーん、そういえば小料理屋の並ぶ参道に烏森通りからちらりと目をやることはあっても、奥までは入ったことはなかったかもしれない。いや確か1度は行ってみた覚えがあるんだよな。

新橋といれば中学3年の夏ぐらいまで近くに住んでいたのだが、どうも烏森は大人のエリアという立ち寄り難い雰囲気を感じていたのかもしれない。

烏森というと思い浮かぶのは椎名誠。 「新橋烏森口青春篇」が有名なのかな? 椎名誠の本だか雑誌のコラムだかで烏森口の話が出てきて読んだ覚えがあるのだが、それが何であったのかは思い出せない。

昼の烏森神社は明るくてコンクリで乾いた感じだった。 夜の飲み屋街の奥にある「ぼんやりと明かりの灯るしっとりした神社」というイメージとはかけ離れていた。 参拝を終えて石段を降りていると、近所の人なのか、男がすっときて参拝してすっと去っていった。

そんな日曜日。

番組の内容が本になっていたんだ。

image:ISBN:4891947039

タイム・フォー・ブランチ--はなの東京散歩

[ 9月18日全て ]

2005年9月19日 (月)

中秋の名月の次の日にチーズ月見バーガー

naney:44709773

昨日は中秋の名月であった。 夜にふらりと家の前の道へ出て見あげると、天高いところに明るいお月様が。 今年はすっきり晴れた夜空で、綺麗な月であった。

ということで、というわけではないが今年もマクドナルド月見バーガーを食べておく。

[ 9月19日全て ]

2005年9月20日 (火)

www.naney.org のトップページから更新情報とアナウンスを外す

大学時代から続いている個人サイトの流れを引きずり、トップページにはサイト内の更新情報とアナウンス情報を記載してある。 しかしいまや nDiki (前身が Naney's Diary でその前身が Computer Log) が中心で、それ自体が更新情報・アナウンスの役目を含んでいる。

ということでトップページから更新情報とアナウンス情報を外して、かわりに nDiki のヘッドラインを置くことにした。

ついでにトップの写真Flickr badge に変えてランダムに表示されるようにしてみた。

ちょっとすっきり。

[ 9月20日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.044388s / load averages: 0.38, 0.37, 0.35
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker