nDiki : 2005年11月26日

2005年11月26日 (土)

仕事のヒント

rimage:ISBN:4894512041

Web で紹介されているのをみて「仕事のヒント (神田昌典)」を昨日買ってみた。

すごいやり方」と同じく、1ページに1項目がババンと書いてあるスタイル*1

短いのでぱぱっと読める。 いや、読んで終わりというタイプの本ではなくて定期的にぱっと開いたページから新しい発見を得るというタイプである。 そういう意味では、リラックマ本も同列だったりする。

この本、表題は「仕事のヒント」であるが

  • 第1章 モノを売るヒント
  • 第2章 経営のヒント
  • 第3章 生き抜くヒント

という構成であり、どちらかといえば経営やマーケティング的な視点が多い(実はてっきり仕事術のような本かなと思って買ったのだったりする)。 しかしながらソフトウェア研究開発をしている自分にとっても、ハッとするヒントが盛沢山であった。 新しい企画提案をする際には本書を見返して、ポイントを外さないでいくようにぜひしたい。

特にベンチャーや中小企業の人にお薦めだ。

 売れない理由のトップは、
 「わかりにくいから」
 p.34, 神田昌典

あちゃー、耳がイタイ。

この本はかなりエッセンス的なもので、神田氏の本にはまだまだいろいろ書かれているらしい。 今度ぜひまた別の本も読んでみたい。


[ 読書ノート ] [ お薦めの本 ]

*1すごいやり方は、解説が次のページにあるので正しくは2ページに1項目)

スポンサード リンク

ほぼ日手帳の秘密

naney:67051014

マーケティング戦略にまんまとのっかってしまっているとわかりつつ、神保町三省堂で購入。

巷に溢れる手帳術本とは違って、「目標達成のための秘訣にせまろう」などと気張らずに読み物として楽しめる。

手帳というと、ときどきビジネスとプライベートをどう書き分けるか(どちらかだけにするか、混在させるか)について思い悩んでしまったりする。 PDA だとカテゴリ別に表示を切り換えることができたりするが、紙の手帳ではそうはいかない。

その、おおもとのところをいえば、「仕事」と「個人」というのは、決して敵対しているわけじゃないということです。 (中略) 入り組んでて当たり前だと思うんです。-- p.30

でも、まあ仕事もプライベートもどちらも自分にとって人生の一部なんだから切り分ける必要はないのかもしれない。

それから、目の前でほぼ日手帳に書き込んでいるのをみるとなぜだかビーム*1したくなる。 ほぼ日手帳巻末の「この手帳についていないもの」の一覧に赤外線ポートを追記しておきたい。


[ 読書ノート ]

久しぶりに神保町をぶらぶら

のリクエストで今日は神保町に出かけることにした。

神保町は、中学生の頃は自転車でちょくちょくきていた(中学生に電車代はもったいなさすぎた)。 高校時代は三田線で。 浪人時代は……中央線で。 まあ、そこそこ馴染みのある町ではる。

本屋三省堂書店・文房堂・三省堂書店 自由時間などを巡る。 三省堂書店 自由時間にある「上島珈琲店 神田神保町店」で一休みしたのだが、便利な場所だしセルフサービスの気兼ねなく入れるお店だしとなかなか使えそうな感じで。

[ 11月26日全て ]

About Me

Naney Naney (なにい)です。株式会社ミクシィでマネージャー・プロダクトオーナーをしています。

nDiki1999年1月に始めたコンピュータ日誌を前身とする NaneyWeb 日記(兼パーソナルナレッジベース)です。ちょっとしたノートは nNote にあります。

follow us in feedly

※内容は個人的見解であり所属組織とは関係ありません。

月別インデックス
Process Time: 0.045021s / load averages: 0.54, 0.42, 0.37
nDiki by WATANABE Yoshimasa (Naney, Google profile)
Powered by DiKicker